2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2019年5月21日 (火)

オフィスコットーネプロデュース「山の声」GEKI地下リバティ

<2019年5月19日(日)昼>

単独登山で有名な加藤文太郎が、たまたま同じく登山家の吉田登美久と共に槍ヶ岳に登って消息を絶った、昭和11年の遭難事故を通して、なぜ人は山に登るのかを描く。

これは先に「埒もなく汚れなく」を観ていたのである意味ネタばれ状態だったけど、自身も登山家だった脚本家がわざわざ厳しい冬山に登る登山家に仮託して、なぜ生きるのか、なぜ演劇を続けるのか、を描いた1本。

山の景色に魅せられた話や、山は金持ちだけのものでもない、誰のものではないという信念のような台詞ももちろんある。けど、単独登山の途中で他のグループに着いていってラッセル泥棒と罵られた(結果そのために命が助かった)エピソードや、たまたま合流した学生登山家のサポートを得て自分ひとりでは登れない氷壁のクライミングに成功した体験を引いて自分は技術のない脚力だけの男だったという台詞など、自分の小ささを見つめなおすような台詞多数。それに加えて、単独登山の名人だった2人が一緒に登山して遭難することを嘆く場面は、「埒もなく汚れなく」の後で観ると痛々しい。別に登山や演劇でなくても、何か長く続けていることがある人なら胸を突かれること間違いなし。

全編ほぼ会話だけで力強さを出す近頃なかなか観られない脚本は、むしろイギリスあたりの芝居に近く、外国語に翻訳しても通じそう。そこに関西弁であることの柔らかさが加わって絶妙なバランス。反面、役者は熱演していたけどあれでは不十分。頂上にも胸突き八丁にもたどり着いていない。いつものことながら面白い脚本を面白く立上げるのは難しい。

そこからいろいろ端折って思考は飛ぶけど、「埒もなく汚れなく」は適切に薄情な距離感を保って描いた1本で、瀬戸山美咲はさすがプロの脚本演出家だったなと改めて見直した。

イキウメ「獣の柱」シアタートラム(ネタばれあり)

<2019年5月18日(土)夜>

2001年、高知県のある田舎町。裏山に落ちた隕石を探しに行った天文マニアの若者が餓死して発見される。天文仲間としてやはり近所に住む男性は先に拾った隕石を隠し持っていたが、自宅で妹や仲間と調べているうちに隕石を見て時間を忘れ、同時にこの上ない幸福感を覚える。この隕石の効果らしいと気がついた3人が取扱いを相談しているところに、渋谷の交差点で大勢の歩行者を多数の車が轢く「事故」が起こる。

初演を大幅改定しての上演。役者の好演とは別に「名作を大幅改定というけど、振返ればあそこが時代の境目だったと今は思うので、改定しても成立できるのか危ぶんでいる」と事前予想に書いた通りの仕上がり。オープニングの謎の演説が脚本家からのギブアップ宣言なのだけど、初演を観ていないとそれはわからない。

後日追記する。初演を口コミプッシュした観客として、長くなってもこれは何とかして言葉に残したい。

2019年5月13日 (月)

オフィスコットーネプロデュース「埒もなく汚れなく」シアター711

<2019年5月11日(土)夜>

大竹野正典は関西で劇団を主宰していた実在の人物で、2009年に海で亡くなった。結婚して働きながら脚本演出を行ない、山登りが趣味だった人が演劇を始めてから、最終公演「山の声」を書上げて亡くなる直前までを、関係者への取材を元に描く。

2016年の初演は気になっていたけど見逃した。演劇をやっていく能力がありながら演劇をやっていくのに向いていない人となり、それが高じたであろう山登りへの傾倒、本人に最も近くて最も遠かった妻との関係、それらが集約されて「山の声」の執筆へとつながる流れ。素晴らしかった。

出演者もいい役者を揃えている。西尾友樹と占部房子の夫婦役が素晴らしい。実在が疑われるくらいけなげな妻に造形されていたど、そこがまた、けなげにさせるだけの魅力が本人にあったのだろうことを推察させるのと、夫婦喧嘩でのギャップを際立たせていい感じ。脇は好みだけど、学生時代の先輩を演じておいしい役回りの福本伸一に目が行く。ひとりネタ出演となった柿丸美智恵の贅沢な無駄遣い(笑)は、素直に楽しむべし。

観て損はさせないのでぜひ。

アフタートークはネタ出演のモデルのプロデューサー綿貫凜、脚本演出の瀬戸山美咲、あと主演夫婦の西尾友樹と占部房子の4人。プロデューサーと脚本演出家にしゃべりたいことがありすぎて出演者のトークが削られぎみ。亡くなったのが事故とも自殺とも取れる(そこにはあまり踏込まない)ので、創っていて何か想像するところがあったのか最後に質疑応答の時間で聞いてみたかったけど、ちょっと無粋な質問かと遠慮してしまった。

後日追記するかも。

<2019年5月21日(火)追記>

山の声」も観た。結果、瀬戸山美咲のプロ意識が伝わった。面白い芝居にはある種の薄情さ、残酷さが伴うことがわかった。そして「山の声」を書いたときの大竹野正典は、諦念とか絶望かな。この2本を観た勝手な感想としては。

2019年4月25日 (木)

2019年5月6月のメモ

元号が変わって大充実の2ヶ月間。

・渡辺源四郎商店「背中から四十分」2019年/05/01-05/06@ザ・スズナリ:前回が面白かったのでピックアップ

・松竹製作「五月大歌舞伎」2019/05/03-05/27@歌舞伎座:昼の部に勧進帳とめ組の喧嘩があるけど、団菊祭で弁慶は海老蔵

・オフィスコットーネプロデュース「埒もなく汚れなく」2019/05/09-05/19@シアター711:亡くなった大竹野正典の脚本上演計画の一環で、その本人を瀬戸山美咲の脚本演出で描く再演

・Bunkamura企画製作「ハムレット」2019/05/09-06/02@Bunkamuraシアターコクーン:個人的な期待と予想されるチケットの取り難さとのバランスが取れていない

・少年王者館「1001」2019/05/14-05/26@新国立劇場小劇場:芸術監督の趣味でラインナップに登場

・イキウメ「獣の柱」2019/05/14-06/09@シアタートラム:名作を大幅改定というけど、振返ればあそこが時代の境目だったと今は思うので、改定しても成立できるのか危ぶんでいる

・小田尚稔の演劇「善悪のむこうがわ」2019/05/15-05/17@ボルボスタジオ青山:美術手帖とボルボが共催するVOLVO ART PROJECTの招待作品、であっているかわからないけど平日3日間のみという遠方地泣かせのスケジュール

・加藤健一事務所「Taking Sides」2019/05/15-05/29@下北沢本多劇場:文学座から小林克也と今井朋彦と鵜山仁を呼んで戦後のフルトヴェングラーの芝居

・オフィスコットーネプロデュース「山の声」2019/05/17-05/19@GEKI地下リバティ:亡くなった大竹野正典の脚本上演計画の一環で、これはオリジナルキャストを迎えての2人芝居

・神奈川芸術劇場プロデュース「恐るべき子供たち」2019/05/18-06/02@神奈川芸術劇場大スタジオ:白井晃演出だけどこれも個人的な期待と予想されるチケットの取り難さとのバランスが取れていない

・ホリプロ企画制作「海辺のカフカ」2019/05/21-06/09@赤坂ACTシアター:蜷川版を宮沢えりの代わりに寺島しのぶで上演

・まつもと市民芸術館企画制作「K.テンペスト2019」2019/05/22-05/26@東京芸術劇場シアターイースト:串田和美潤色であまり見かけないシェイクスピアの一本を

・日本のラジオ「カケコミウッタエ」2019/05/25-06/02@三鷹市芸術文化センター星のホール:太宰治の「駈込み訴え」を元にした芝居

・The end of company ジエン社「ボードゲームと種の起源・拡張版」2019/05/29-06/09@こまばアゴラ劇場:何となくタイトルに惹かれてピックアップ

・松竹製作「六月大歌舞伎 昼の部」2019/06/01-06/25@歌舞伎座:吉右衛門の石切梶原と仁左衛門の封印切に幸四郎の三番奏と気になる演目が多い

・松竹製作「月光露針路日本」2019/06/01-06/25@歌舞伎座:三谷幸喜の歌舞伎座初登場

・こまつ座「化粧二題」2019/06/03-06/16@紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA:楽屋舞台の1人芝居2本立てを鵜山仁演出で

・新国立劇場主催「オレステイア」2019/06/06-06/30@新国立劇場中劇場:いい感じのキャスティングでギリシャ悲劇

・キューブ企画製作「黒白珠」2019/06/07-06/23@Bunkamuraシアターコクーン:青木豪脚本河原雅彦演出といい感じのキャスティングとの相性がどうなるか

・KERA・MAP「キネマと恋人」2019/06/08-06/23@世田谷パブリックシアター:同じキャストでの再演なので前回の自分の感想と世間の評判との落差がいまだに納得いかない理由を確かめたい

・serial number「機械と音楽」2019/06/12-06/18@吉祥寺シアター:風琴工房時代から数えて再々演、であっているかな、タイトルで気になっていた1本

・神奈川芸術劇場プロデュース「ゴドーを待ちながら」2019/06/12-06/23@神奈川芸術劇場大スタジオ:一度くらいは観ておきたい有名芝居をダブルキャストで

・FUKAIPRODUCE羽衣「ピロートーキングブルース」2019/06/20-06/23@下北沢本多劇場:全然観られない

・ホリプロ企画制作「ドライビング ミス デイジー」2019/06/22-07/15@紀伊國屋ホール:市村正親と草笛光子が出るならと観る気になってもすでに前売完売

他に新国立劇場の「ギャラリー・プロジェクト」が舞台監督編と演出家編でこれは一般人も事前申込で聴ける。スタッフワークショップも多くあって、募集締切も含めて見つかっただけでも「東京芸術劇場プロフェッショナル人材養成研修公開ゼミ 劇場を考えるシリーズ」が演劇公演のプロデュース、国際共同製作のプロデュース(演劇)の2本。世田谷パブリックシアターの「舞台技術講座」が舞台音響入門講座、舞台照明入門講座、舞台技術安全講座。東京芸術劇場の講座は聴いて見たいけど一般人でも申込めるのか。

<2019年5月6日(月)追記>

1本追加。

<2019年5月13日(月)追記>

1本追加。

2019年4月21日 (日)

演劇ユニットnoyR「ニーナ会議」若葉町ウォーフ

<2019年4月20日(土)夜>

 

チェーホフの「かもめ」に登場するニーナ。登場場面と登場しない場面で何を感じ、何を考え、何を決心していたか。恋人のトレープレフや作家のトリゴーリンに何を想っていたのか。

 

悩む以外に打算的なニーナや揺れるニーナも登場して、合計4人のニーナが登場。オープニングの寸劇を控えた突っ込み満載の気持ちから、変わり果てた姿を見せた後までが描かれる。どんなものかわからず観に行ったけど、堪能した。

 

4人のニーナが交わす会話とダンスパフォーマンスで描かれるニーナの心の揺れは、時代は昔でも、同じ年齢で同じ立場になったら同じように迷うよな、恋人や作家がにいろいろ想うとや、ととても身近で共感できるもの。作家のトリゴーリンと話すときに台詞ごとに4人のニーナが入替って揺れる心を描く場面の演出とそこに至る脚本の構成は見事。「魂が同じにおいがしない」といういい台詞があったけど、「かもめ」別の台詞をもじったか。とにかく全体に、「かもめ」を読みこんでそのエッセンスをニーナ、トレープレフ、トリゴーリンの3人で実現した印象。お互いをニーナと呼び合ってうるさい4人(笑)は前半からシリアスな後半まで熱演。一応ひとりだけ挙げるなら富岡英里子。あとトレープレフの仲道泰貴がたまに気になった。

 

すこし残念だったのは会場。手ごろな広さとその割に高い天井で、生演奏のピアノ伴奏も響く会場だったけど、遮音が弱くて外の音がよく入ってくる。オーディオの音が大きい車が通ったりするとまる聞こえで、またそういう車が何度も通る立地という難があった。

 

再演かつ座・高円寺の劇場創造アカデミー出身者ということでまるっきり外れにはならないだろうという見込みで観に行ったけど、個人的にはすごい楽しむと同時に勉強になった。大げさに言うとひとつの役を演じるときにはひとつの芝居が成立つくらい深く掘らないといけないし掘る余地があるということを教えてもらった。ただ、スピンアウト芝居としてはたとえば「ハムレット」からの「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」などもあるけど、スピンアウト作品の常として、原作を知らないと楽しみも半分以下という致命傷がある。自分はKERA版の記憶を頼りに観たけど案外なんとかなった。ただし今は新国立劇場で「かもめ」を上演しているので(実は新国立劇場と同日観劇を目指したけど失敗)、そこに合せた上演なら戦略的だし、偶然なら運を持っている。「かもめ」を観たばかりの人、芝居のベテランウォッチャーで「かもめ」をすでに観たことのある人にはぜひ拾ってほしい1本。

松竹製作「実盛物語」歌舞伎座

<2019年4月20日(土)夕>

 

平家の時代に源氏の子を身ごもる夫人を匿っている百姓家。源氏の仲間に連絡しようと出した娘は帰ってこない。そこに夫人の見回りに侍が来る。実は源氏贔屓の斎藤実盛は、産まれてくるのが男子ならその場で始末すると意気込む同僚の瀬尾十郎をなだめて追い返す。が、それを怪しんで隠れていた瀬尾に、出産したことをつかまれる。赤子が男子か女子かと詰寄る瀬尾に百姓夫婦が差出したのは、切られた女性の腕。さきほど川に流れてきたものを拾ったものだった。それを手掛かりに実盛は瀬尾を言いくるめて一度は切り抜けたものの・・・。

 

あっさり人が死んだり死ななかったり、入組んだ人間関係だったり、歌舞伎だけど小劇場的な要素満載の物語。筋だけ見れば陰々滅々な芝居になるところ、妙にさわやかでむしろめでたい仕上がりになったのは何と言っても仁左衛門の色気と華やかさ。そこはこんなインタビューが見つかった。たしかにこんなやり方もあるんだな、と納得させられた。

 

「演目によっては深く掘り下げなければいけませんが、こういう演目は、ご覧になる方にもドラマや理屈ばかりを追い求めるのでなく、歌舞伎独特の雰囲気というものを味わっていただきたいですね。歌舞伎には役者の華で魅せる芝居というものもあるのです」

 

それはそれとして、主要登場人物に話が集中しているせいか、役者を楽しむ見方もできる。全員いい感じだったけど、仁左衛門以外では特に瀬尾十郎の歌六がよかった。出番は少ないけど夫人の葵御前の米吉も声が色っぽかった。そして台詞の多い子役は寺嶋眞秀のクレジット、寺島しのぶの息子だ。

2019年4月16日 (火)

シス・カンパニー企画製作「LIFE LIFE LIFE」Bunkamuraシアターコクーン

<2019年4月13日(土)夜>

 

天体学者の夫と金融機関に勤める妻。子供を寝かしつけるのに苦戦している。そこにやってきたのは夫のボスとその妻。翌日がディナーのはずだったが1日間違えていた。しかたなくありもので間に合わせて応対するが。

 

この応対を3パターン見せるので「LIFE LIFE LIFE」。気の持ちようで人生が色々代わる人と、どの人生でも変わらない人生になる人との対比が脚本のメインかと思われる。でもそこをそんなに強調せず、喜劇を追求したKERA演出。これでもかと受ける客席もすごかったけど、昨今のKERAのぎっしり詰まった芝居からすると1時間半でかなりあっさりした仕上がり。全員いいのは言うまでもないけど、ともさかりえの、ほんのちょっと誇張した演技がものすごく魅力的ということに今さら気がついた。

 

四面客席の舞台を回転させながらなるべく全方面に見せようとするのは「バージニア・ウルフなんて怖くない」のときと同じ。その再演のために同じメンバーを集めたのが流れてこの芝居になって、確かに面白くて文句のない仕上がりだったけど、この豪華メンバーならやっぱり再演が観たかった。

 

あわせて気になったのは、一度は再演を発表したのに、数日で流れて、すぐにこの演目が代案として発表されたこと。別の企画のために上演権を獲得済みだったのかもしれないけど、あんなにすぐに、この4人にぴったりの演目が出てきたのはすごいこと。毎日1本は脚本を読むという辣腕制作者の見事な腕前だった。

 

<2019年4月16日(火)追記>

ネタばれに対して雑すぎた記述を修正。

松竹製作「御存 鈴ヶ森」歌舞伎座

<2019年4月13日(土)昼>

 

雲助の物取りがたむろする鈴ヶ森。そこでつかまった飛脚が命惜しさに差出した手紙にあったのは、故郷で人を殺めて手配になった白井権八の名前。捕まえれば褒美がもらえると一同が色めきたったところにやってきたのはまさにその人で、繰広げられる大立回り。そこに駆けつけたのが幡随院長兵衛。

 

菊五郎が白井権八で吉右衛門が幡随院長兵衛。落語その他でこの2人が有名になっていて、その出会いの場面が特に有名だからご存知という題名、という前知識も今は必要とされる時代。大立回りのところでいろんな切られかたをするところが見所。深いこと考えずに楽しんでくれや、という1本。

2019年4月10日 (水)

舞台美術家の島次郎が死去

ステージナタリーがコンパクトにまとまっているので申し訳ないけど全文引用。

 

舞台美術家の島次郎が悪性リンパ腫のため、昨日4月9日に東京都内の病院で死去した。73歳だった。

 

昨年2018年より療養しながら仕事を続けていた島。昨年12月に上演された斎藤歩演出「ゴドーを待ちながら」で担当作品が500本を迎え、今年19年2・3月に上演された木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」が最後の作品となった。3月28日には日本舞台美術家協会が主催するトークショーに舞台美術家の堀尾幸男と共に登壇し、30日には自身の作品集「舞台美術 1986-2018」が刊行されたばかりだった。なお通夜および告別式の実施に関しては未定となっている。

 

島は1946年4月6日生まれ、北海道札幌市出身。武蔵野美術大学を卒業後、舞台美術家として活動し、アングラ演劇、小劇場、大劇場など、さまざまなジャンルの演劇からオペラまで、多くの作品の舞台美術を手がけた。主な担当作品に竹内銃一郎、太田省吾、松本修、鵜山仁、栗山民也、鄭義信、高瀬久男、岩松了、丹野郁弓、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、松尾スズキ、長塚圭史らの作品があり、これまでに伊藤熹朔賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞選考委員特別賞・最優秀スタッフ賞、朝日舞台芸術賞、紫綬褒章を受賞および受章している。

 

結構名前を見かける舞台美術家だったわりに、手がけた舞台数は500本くらいと、人間が一生でできる仕事の数は実に少ない。木ノ下歌舞伎の「摂州合邦辻」は当日券が自分の前で売切れるという悲哀を味わったので、最後に観た美術はたぶん「女中たち」の回転する巨大な輪かな。

 

合掌。

2019年3月29日 (金)

KUNIO「水の駅」森下スタジオ

<2019年3月27日(水)夜>

 

人が来ては去る道の真ん中に、一本の水道がある。流しっぱなしのその蛇口から水を飲む人達の様子。

 

舞台奥から人が来ては水を飲んで去っていくのだけど、ある人は喜びある人は興奮しある人は亡くなる。元の脚本がどのくらいはっきりした解釈を持っているのかは知らないけど、たぶん何とでも取れるように意図されたのだと思う。自分が観た印象は生々流転を表したかったのかなと考えたけど、いろいろな解釈はあり得るし、解釈を許容する芝居だと思う。

 

普通の芝居だと舞台が客の気をそらさないような工夫をしているけど、これは客の集中力を試すような芝居。なのに体調へろへろな状態で観に行ったので、つらかった。沈黙劇とはどんなものかと油断していたらマニア度高い。自分にとって声と言葉の重要度を思い知らされた。これを楽しめるようになったらまた出直す

«神奈川芸術劇場の芸術監督後任は長塚圭史に