2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 機能が多いことがいいとは限らない | トップページ | 劇場で劇だけが行われているとは限らない »

2007年1月28日 (日)

PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO 2007」パルコ劇場(2回目)

<2007年1月28日(日)昼>

立川志の輔による落語3本。
翌日に控えた新年会で行なう隠し芸が思いつかない男が神頼みをしたところ、やってきたのは「七福神の新年会」。
気前のいい男が苦労するしじみ売りの事情を聞いてみたら「新版 しじみ売り」。
飛込み自殺をしようとした身なりのいい男を助けて長屋に連れて帰ってみたら「狂言長屋」。

人気だから追加公演でも無理かなと思っていたチケットが取れて2回目の観劇が楽日。1回目はこちら。今回は人情話を2本目に、3本目を笑える話で締める。狂言長屋では途中で茂山千三郎と志の輔の二人狂言が挟まれるという大胆な構成。

大掛かりだけど、基本的に落語なので高品質なのに「比較的」リーズナブルな価格に収まっているのが嬉しいところ。来年もやってくれるでしょうから、その際はぜひ観に行きたい。

« 機能が多いことがいいとは限らない | トップページ | 劇場で劇だけが行われているとは限らない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 機能が多いことがいいとは限らない | トップページ | 劇場で劇だけが行われているとは限らない »