2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO 2007」パルコ劇場 | トップページ | 機能が多いことがいいとは限らない »

2007年1月 9日 (火)

松竹製作「朧の森に棲む鬼」新橋演舞場

<2007年1月6日(土)夜>

口先は天下一品だが喧嘩には弱い男。その口先を駆使して欲望のままに生きてきた男だが、迷い込んだ朧の森で鬼と契約し、朧の剣を手に入れる。直後に出会った武将を朧の剣で倒したことをきっかけとして、男は自分が王になるという野望を抱く。その野望を叶えるべく、武将の国に赴き、王や武将の妻に取入っていく。

いのうえ歌舞伎の松竹協力版。染五郎を主役に、新感線のメンバーや豪華なゲストを配役。徹底的に悪い男を主人公にするというのは、これまでの新感線を考えるとちょっと珍しい。

役者では主人公の弟分の阿部サダヲと、武将の妻の秋山菜津子が絶品な仕上がり。古田新太は盗賊団の頭領だが、いつにない役どころでむしろ新鮮。

ただ、肝心の主人公である染五郎が、悪人役をこなしきれていない。悪い男の凄みが感じられない。この人は格好いいが、二枚目よりは三枚目のほうが似合っている気がする。脚本がよく、周りのレベルも高いだけに、もったいない。

そうはいっても全体としては大満足。当日券でものすごくいい席が取れたので、チケットのない人も挑戦してみては如何。

« PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO 2007」パルコ劇場 | トップページ | 機能が多いことがいいとは限らない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO 2007」パルコ劇場 | トップページ | 機能が多いことがいいとは限らない »