2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月28日 (土)

舞台を観ない期間が続くと舞台に疎くなる

毎週のように舞台を観ていたときは、観に行きたい芝居が多すぎて迷うことはあっても、何を観ていいかわからないということはなかった。

芝居を観ない期間がほんの3ヶ月続くだけで、いま上演している芝居の情報が不足するようになってきた。3ヶ月といっても、数本は観ているのに、だ。これは劇場で配っているチラシがあまり補充されないからだ。私は基本的にチラシで観に行く芝居を決めるので、チラシが足りないとそれだけでもうアウト。もちろんインターネットで情報を仕入れてはいるのだけど。

感想が上がったときにはもう芝居が終わっていたり。書込みサイトが分散して情報を集めにくくなったり。量、質に満足して定期巡回しているのはほんの数サイト(芝居の状況をチェックするには、まずは質より量なのです)。新しいサイトをさがすことも最近はない。GW中に観に行きたい何本かの芝居は、3ヶ月ほどまえに仮チラシで上演を把握していたものばかり。

ついでに言うと、劇団のサイトなんてまず見ない。観ることが決まってから、会場や当日券の情報を調べるくらい。当日券のチェックが必要な芝居なんてたいてい商業演劇だから、たいていは劇場のサイトから調べることになる。当日の席情報以外で、チラシに載っていない、巡回してチェックに値する情報なんて、劇団サイトにどれくらいあるんだろう。

公演情報は最低でも半年前に仮チラシで告知するべきだ、という意見が以前あった。もともと当日券主義者の私はそこまで早くなくても、と内心思っていた。いたのだけど、社会人として何年か仕事をしていると、だんだん参加する仕事の規模が大きくなってきて、半年以上先まで大体の仕事のスケジュールが決まるようになった。会社のほかの仕事では1年以上先までスケジュールが決まっているものもある。

わざとらしくまとめると、

  1. 最低でも半年前からの告知というのは、少なくとも社会人をターゲットにする限りにおいては、まったくもって正しい。もしも社会人を顧客として考えているなら、それくらいやってもらっても罰はあたらない。
  2. チラシを入れる先はよく考えたほうがいい。もしも社会人を顧客として考えているなら、社会人の比率が高い芝居にチラシを入れることも検討したほうがいい。
  3. 上演期間を長くしてほしい。お金に余裕ができて(いや、私は結構厳しいんですけど)、やってみたいことが増えてきて、でも時間の足りない社会人にとって、週末3日間の公演に予定をあわせるのは至難の業。たった2週間の公演をロングランと言うのは感覚が間違っている。もしも社会人を顧客として考えているなら、1ヶ月公演を目指してほしい。

てなことを考えたわけです。

大人計画のチラシが手に入っていないくて、たまたま近日上演ということを知って、愕然として、こんなブログを書いてしまいました、と。

2007年4月15日 (日)

パルコ企画製作「コンフィダント・絆」PARCO劇場

<2007年4月14日(土)夜>

エッフェル塔が建築中の頃のパリ。当時無名の画家であるゴッホ、ゴーギャン、スーラ、シュフネッケルの4人は共同でアトリエを借りていた。芸術家として成功を目指すという点で繋がれた性格も経歴も違う4人だったが、モデルとして雇った女性をめぐって、その違いが露になっていく。

三谷幸喜の新作。共同でアトリエを借りたりとか、そういうのが事実かどうかはわからないけど、そんなことは関係なく楽しめる。モデル(堀内敬子)が歌いだしたときは「うわーこまつ座かよ」と思ったけど、堀内敬子の歌は上手だし、芝居中の歌の量は控えめだし、生ピアノだと違和感が減るし(むしろお洒落)、実は歌詞がよく出来ているし、いいアクセントになっていた。

それぞれの画家の性格をはっきり演じ分けた、華も実もある役者4人は言うことなし。個人的には生瀬勝久と寺脇康文が特によい。ドタバタで笑わせるは中盤の1回だけ。三谷作品の女性はエロ皆無でロマンティック路線全開だけど、まあ誰も三谷幸喜にエロは期待していないだろうからよし。

生ピアノだけでなく、劇場ロビーに4人の作品を飾るあたりも、お洒落でいいです。

連続成功で有頂天真っ只中な三谷幸喜による、身もふたもない芸術論の本作は、今まで観た三谷作品の中で一番面白い。まずは鑑賞能力がないと始まらない(大意)というのは今回一番気に入った言葉。値段高いしチケット売切だけど、観られるものなら観ておけというお勧め作品。

あと、自分はロートレックだと三谷幸喜本人が思っていることに100ペリカ。

2007年4月10日 (火)

芝居を観る暇がない

2006年早々に初代のブログを閉鎖。1年間空けて、ようやく独自ドメインでブログを再開したのに、突然仕事が忙しくなって芝居を観に行く暇がない。まったくないわけではないけど、移動時間を考えると間に合わない。

ある程度エントリがたまってからRSSの公開更新通知をしようと思っていたのだけど、それはもう少し先になりそう。

今月に入ってようやく余裕ができて、しかも4月は観たい芝居が結構ある。何とか観に行かないと。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »