2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 芝居を観る暇がない | トップページ | 舞台を観ない期間が続くと舞台に疎くなる »

2007年4月15日 (日)

パルコ企画製作「コンフィダント・絆」PARCO劇場

<2007年4月14日(土)夜>

エッフェル塔が建築中の頃のパリ。当時無名の画家であるゴッホ、ゴーギャン、スーラ、シュフネッケルの4人は共同でアトリエを借りていた。芸術家として成功を目指すという点で繋がれた性格も経歴も違う4人だったが、モデルとして雇った女性をめぐって、その違いが露になっていく。

三谷幸喜の新作。共同でアトリエを借りたりとか、そういうのが事実かどうかはわからないけど、そんなことは関係なく楽しめる。モデル(堀内敬子)が歌いだしたときは「うわーこまつ座かよ」と思ったけど、堀内敬子の歌は上手だし、芝居中の歌の量は控えめだし、生ピアノだと違和感が減るし(むしろお洒落)、実は歌詞がよく出来ているし、いいアクセントになっていた。

それぞれの画家の性格をはっきり演じ分けた、華も実もある役者4人は言うことなし。個人的には生瀬勝久と寺脇康文が特によい。ドタバタで笑わせるは中盤の1回だけ。三谷作品の女性はエロ皆無でロマンティック路線全開だけど、まあ誰も三谷幸喜にエロは期待していないだろうからよし。

生ピアノだけでなく、劇場ロビーに4人の作品を飾るあたりも、お洒落でいいです。

連続成功で有頂天真っ只中な三谷幸喜による、身もふたもない芸術論の本作は、今まで観た三谷作品の中で一番面白い。まずは鑑賞能力がないと始まらない(大意)というのは今回一番気に入った言葉。値段高いしチケット売切だけど、観られるものなら観ておけというお勧め作品。

あと、自分はロートレックだと三谷幸喜本人が思っていることに100ペリカ。

« 芝居を観る暇がない | トップページ | 舞台を観ない期間が続くと舞台に疎くなる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 芝居を観る暇がない | トップページ | 舞台を観ない期間が続くと舞台に疎くなる »