2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« こまつ座「紙屋町さくらホテル」俳優座劇場(ネタばれあり) | トップページ | 更新通知を開始 »

2007年5月10日 (木)

5月の注目作品と上演時間とあと何か

ゴールデンウィークが終わって、いろいろと注目の芝居が。シアターガイドで上演時間をチェック。

松尾スズキ作品だとだいたい2時間で終わる大人計画は、宮藤官九郎との2本立てに井口昇の映像を加えて休憩なしの2時間20分。まあまあの範囲。

ナイス・エイジ初演以来、上演時間をまったく気にしなくなったKERAによるナイロン100℃は、休憩込で3時間。相変わらず。これが今月の最長上演時間かな。

と思ったら、歳をとるほど元気になるサイボーグ蜷川幸雄が井上ひさしの脚本の上演で、休憩込で3時間20分。役者がよいから立見も辞さず、のつもりだったけど、ちょっとためらう。

なんてことを考えていたら、松尾スズキが初日を控えて過労で降板で自宅療養のニュースを今頃発見。SPA!の連載でいつも忙しい忙しいって書いていたけど、本当に倒れるとは。10月PARCOの「キャバレー」の稽古には復帰するらしいけど、その稽古開始が6月末ってずいぶん長丁場な稽古。

2本立てと映像、という構成が幸いして降板の影響は一部に限定、といっても影響はあるだろう。そこで災い転じて福となしたのが今回の大人計画。代役に持ってくるのが池田成志って、何だこのキャスティング。ものすごく観たいじゃないか。よく予定が空いていたな。

だけど当日券が電話予約限定なのも大人計画。はたして観られるものやら。

« こまつ座「紙屋町さくらホテル」俳優座劇場(ネタばれあり) | トップページ | 更新通知を開始 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こまつ座「紙屋町さくらホテル」俳優座劇場(ネタばれあり) | トップページ | 更新通知を開始 »