2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月28日 (水)

ロングランの定義

先週末は「野鴨」を観られて、もう1本は当日券狙いが蹴られて、まあこんなもんかという気分の今日この頃。その野鴨を観られたのは1ヶ月公演のおかげですとしみじみ。

その1ヶ月公演を最初は「ロングラン」って書きそうになったけど、よく考えたら芝居なら1ヶ月公演くらいが興行として普通の期間だよな、と思い直した。

実際どのくらいがロングランなのかと思ってちょっと検索してみたら、Wikipediaのページがとても充実していた。だれだ編集者は。

日本ではほとんどの舞台公演が、数週間、一ヵ月、長くても二ヵ月程度という限られた期間内でのみ行われる、限定公演 (limited engagement) 方式をとっている。外国においてもこれはおおむね変わらないが、ブロードウェイ (ニューヨーク) とウエストエンド (ロンドン) は例外で、この両都市ではほとんどの舞台公演が原則的にロングラン公演方式をとっている。

・・・

「長期間にわたる断続的な公演」をロングランと言うこともあるが、ロングランの本来の定義はあくまでも「長期間にわたる連続上演」である。

とりあえず、最初から予定していた1ヶ月公演くらいではロングランと呼ばないこと、ロングランはブロードウェイとウェストエンドだけの例外であることはわかった。

もう少し検索したら、Ansewes.comなんていうサイトが引っかかった。いくつかの辞書の説明を紹介しているけど

In most cases, long run refers to a period longer than one year.

ということで、1年以上の公演を大体イメージするものらしい。もっというと、数ヶ月で打切りになる可能性があるけれど、無事に1年以上公演できたもの、ということになる。日本では劇団四季だけしか該当しないじゃないか。

まあもう少し日本の実情に合わせたとしても、1ヶ月前後は普通の興行(でないと歌舞伎はいつもロングランだ)、2ヶ月以上頑張るとロングラン(野田秀樹とか三谷幸喜とかたまにこまつ座あたりが頑張っている)、2週間以下はトライアル(ほとんどの小劇場がトライアルだ)という認識でいいと思う。それを非現実的というのであれば、それはその人の認識が毒されている、そのくらいの認識を持てないようではプロにはなれませんな、とか上から口調で煽ってみる。

いや、1ヶ月公演くらいしてほしいのですよ一般社会人の一観客としては。いろいろ用事があって日程調整が難しいので。そういう意味では、今年の年末は1ヶ月公演が目白押しで、いつ観に行こうか悩む。でもこういう贅沢な悩みを持たせてください、というのが観客からのお願い。

ところで、検索中にひっかかったJapanTimesのこの記事は、ロングランのまったく別の効用について触れているので面白いです。海外との共同作業について、劇場では世田谷パブリックシアターとTPTがやはり2大巨人なわけですね。脚本演出家では鴻上尚史と平田オリザと野田秀樹が例に挙がっているけど、今なら三谷幸喜も入りそう。平田オリザの「Chants d'Adieu」って完全オリジナルなのかな。

2007年11月24日 (土)

メジャーリーグ主催「野鴨」シアター1010ミニシアター

<2007年11月23日(金)夜>

19世紀後半のノルウェー。裕福な事業家の息子は、事業欲の強い父に嫌悪を抱いている。事業に絡んで父が芸術家である友人の父を破滅に追いやったと思い悩む息子は、何とかして友人の活力を取戻すべく、彼の所有するアパートに居を移す。

観終わった最初の感想は「なんて邪悪な芝居」。どの程度原作を脚色したのかはわからないけれど、もう邪悪な要素満載で脇道がほとんどない。で、規模を無視した手抜き一切なしのキャスティング。うーん、誰を誉めればいいかこまる。絶賛。

いかにも公民館なスペースを通り抜けると突然現れる、噂どおり巨大な美術。客席がおまけに見える。室内が舞台なのに森を作るというその発想は凄い。で、どうも音響が妙に気になると思ったら生演奏。贅沢。

これらを生かしきった演出もすごい。今までの評判だとタニノクロウってもっとアングラな芝居を創る人かと思っていたんだけど。休憩時間にロビーに掲示されている記事を読んだら、この芝居は今までと全然違うものみたい。

ただし、思いっきり見切れの席を引いてしまった。選択の余地はあったんだけど、最初に勧められた席を選んだら見切れるし、役者やスタッフの通り道に近すぎて姿勢も縮めないといけないし、あれはいかん。あと3連休の初日とは言え、あれしきの座席数も埋まらないようでは、スカスカ感は免れない(ちょうど近くの席が空いていたので)。だからといって役者の演技に手抜きはありませんでしたけど。

もうひとつ言うと、当日券の発売は30分前って聞いたはずなんだけど、それより早く買えた。なんか連携というか連絡が行届いていない運営だ。

ただし11月の丸一ヶ月公演のおかげで、観ることができたことには感謝。まだ1週間あるので、邪悪な芝居の好きな人とか、正義病が嫌いな人(笑)はぜひどうぞ。当日券で観るつもりなら発売の有無は事前に確認した方がいいです。

2007年11月15日 (木)

よくみているひと

とても有名な演出家のワークショップがあったらしい。私は観たことがないのでどのくらいすごいのかはわからないのだけど。で、通訳(薛珠麗)を「素晴らしかった」とほめている。

どこかで見た名前だと考えたら、「アンデルセン・プロジェクト」の終演後トークで通訳をやっていた人。そのときの芝居が素晴らしかったのと、珍しい名前だったから覚えていたというのもあるけど、確かに通訳も素晴らしかったし、女優さんと一瞬勘違いするくらいにはきれいな人だった(掲載写真は小さいな)。

同じ人かどうか念のため検索してみたら同じブログで確認できた。よくみていますね。読み方は「し しゅれいせつ しゅれい」さんでいいのかな。こっちのリンクによればthe Company所属スタッフなんですね。えらい多才な人だ。

でその下を読んだら、the Companyには阿佐ヶ谷スパイダースのあの人も参加ですか。

役者よりスタッフに引かれる集団は初めてだ。

2007年11月12日 (月)

これが労働組合というものか

あいかわらず全然舞台を観に行けず、五反田団もONEOR8も見送りです。まあゼブラは初演を観たからいいや、って言い聞かせて。

そして海の向こうでは観ようと思っても観られない状況になっています(米ブロードウェー劇場の大半で休演 舞台係がスト突入)。いろんなアメリカの記事を読んでいると、アメリカではストライキに突入する場合はだいたい3ヶ月くらい前から交渉するものらしいですね。

「約3000人が所属する舞台係組合」と言っても「ストは、03年3月に演奏家組合が4日間実施して以来」なので、スタッフ全職種というわけではないみたい。ブロードウェイはどういう労働組合になっていて全部で何人のスタッフがいるのだろう。日本だと全国でも舞台係専業の人は3000人いないのでは。いやまて、そもそも舞台係って何をやるスタッフなんだ。

そういえば演奏家組合のストライキといえば、「キャバレー」は演奏とダンサーを同じ出演者が兼ねる設定なので、ストライキになっても上演が続けられたと以前クワトロさんに教えてもらいました。松尾スズキ版もそうだったのかな?

芝居を観に行けないので舞台外エントリーが並んでしまうのが玉に瑕な今日この頃。

2007年11月 6日 (火)

やはり芝居は当日券に限る

fringe経由ぼんの備忘録の内容

内容は「お気の毒でした」の一言に尽きるわけですが、その噂の予約ページに訪れてみたら、

11月2日の昼夜、11月3日の夜がまだ予約できる!?

ものすごく試してみたくて捨てアドを取ってフォームに入力するところまでやったんだけど、「大人なんだから」と自分に5分間言い聞かせて止めておきました。スクリーンショットも自粛。

誰か連絡してあげてください。といっても、リニューアル中とはいえ制作への連絡先が記載されていないHPってどうなのかとも思いますけど。

惑星ピスタチオの制作はたしか水色のジャケットですらっとかっこいい登紀子さんでしたか。今考えると確かに行届いた当日運営でした。


<2007年11月12日追記>

追加の感想が載っていたので追記。

2007年11月 5日 (月)

(再掲載)当日券に10のお願い

諸事情あって芝居を観に行けない日が続いているとか、前回のエントリーで昔のメモを引用したとかあって、昔に書いた文章で面白そうなものがないかどうか、探してみたらこんなものをみつけたので再度掲載します(一部編集)。

==========

当日券で芝居を観ることが多い私は、制作、受付の人たちにあんなことやこんなことをお願いしたいということがたくさんあるので、まとめてみました。

(1)当日券を発売するかどうかをはっきりさせてほしい
これを明記していないチラシは山のようにあります。私は「当日:XXXX円」の記載があれば、当日券は必ず発売するものだと判断していたのですが、どうやらそうとも限らないようです。売る側からすれば、前売りで売れるならそのほうがいいでしょう。けど買う側からすれば、先客が並んで買えないのなら諦められますけど、売っているかどうかわからないものを買いに行くというのはその日1日のスケジュールに対してリスク(大げさな言葉ですけど)なわけで。客席数にもよりますが、100席の劇場なら5枚で構わないので、当日券用一般席を確保してほしいです。それが出来ないなら完全予約制、前売制もありですし、その代わり売れ残った席やキャンセル分の販売も、その予約制、前売制を裏切らない範疇で売る側がリスクを負ってほしいです。

最近事情:もともと不安な場合は電話して訊いていたのですが、距離が遠くなった今となってはより重要度が増しています。最近だと(経済的に)規模の大きい芝居では、Webで調べればわかることも多いです。

(2)ちゃんと並ばせてほしい、横入りも見ていてほしい
数人の列ならたいしたことはないですが、数十人が並ぶような場合は、整列するように担当者が定期的に確認してほしいです。あと、ひとりが先に並んで、後から友達が割込むというのも防いでほしいです。自分のすぐ前なら抗議もできますが、ずっと先だと注意も難しく、結局負けてしまいます。これはシアターコクーン数回、本多劇場で1回見かけました。ある程度大きな劇場で、一般客の多い人気公演を数多く上演していることの裏返しでもあって、売る側としては悩ましいところです。防止策としては、並んだ人に片っ端から整理券を配る、何時間も前から並ぶようなら列抜け防止として定期的に整理券を取替える、という方法が思いつきますが、そこまでやっているところは見たことがないですね。そこまで必要な公演も少ないですが。

最近事情:芝居を観る本数が減っている最近は横入りを経験することはないのですが、当日券発売直前になるまで案内係が誰もいなくて、当日券狙いの客が数名、途方にくれているという場面を目撃しました。

(3)整理券を配ってほしい
これはキャンセル待ちの販売のことで、並ばせもしなければ整理券も配らないという不思議な扱いを以前受けたことがあるので、挙げておきました。さすがにそんなことはそれ1回だけですが。

最近事情:最近は経験していないです。めでたい。

(4)当日券窓口は独立させてほしい
これは新国立劇場でオペラ当日券を買ったときのことですが、他公演の前売と当日券販売との窓口が兼用になっていたため、あと30分で開演という段階なのに前売でだらだら考える客の後ろで焦りながら待つという事態に当りました。論外です。これもそのときだけですが。

最近事情:新国立劇場の受付がその後どうなったか、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

(5)「お知りあいはいませんか」はやめてほしい
言わずもがな、ですね。fringeでさんざん書かれているので省略。でも「関係者に」ではなく「出演者に」という枕詞がつくことがあるんですね。ノルマが役者だけ課されているのか、スタッフは受付で確認できるから聞くまでもないのか。

最近事情:そういえば撲滅運動は成功したのかな。今は小規模な芝居を観に行く時間的余裕がないので、これも現状を知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

(6)席を選ばせてほしい
並んでいる客を手早く捌くのは受付担当者の仕事ですが、席の場所も示さずに捌かれるのは嬉しくないです。あらかじめ座席表を用意して、当日券で販売できる席に色をつけておき、「X名でS席ならこちら、A席ならこちら、ばらばらでよければ・・・」あるいは「舞台前方がよければこちら、センターよりならこちら」というように2つ3つの選択肢を並べて、その範囲で選ばせるというのが売る側の時間と買う側の満足の一致点かと思います。受付が2箇所以上ある劇場だと少し工夫がいるかもしれませんが。

類:指定席と自由席との区別もあらかじめはっきりしてほしい。一人席か桟敷・ペンチシートかもあらかじめ明らかにしてほしい。それもチラシの段階で。

最近事情:もともと気になる場合は訊くようにしています。特に大きい劇場の場合、最前列よりも中央列くらいが個人的にベストポジションだったりするのでこの点は油断できません。

(7)客席別の見切れを明らかにしてほしい
デジカメで数箇所から舞台を撮ってくれれば当日券の発売には余裕で間に合いますが、実践しているところは皆無です。前知識は少しでも少ない方がいいというのであれば、大まかな舞台美術配置を座席表に書いておくだけでもいいのですが。経験則では、左右対称の美術なら、役者の演技は下手席のほうが、上手席より見切れが少ないと思います(役者は上手側に寄りがち、ということ)。

最近事情:見切れが気になるのは立見席相当の座席がある劇場固有の現象ですが、そういう劇場で上演される芝居では購入時に見切れの有無を確認するようになってきているみたいです。単なる体感ですが。

(8)受付担当者は知合い客と談笑しないでほしい
これは客へも注文になりますが、開演前は会釈程度にしてほしいですね。開演前に受付やロビー(見えるところ)にいるスタッフは、接客に専念してほしいです。たとえ関係者専用受付でも見苦しいです。他に、キャンセル待ちの客が並んでいる前で、関係者予約のチケットがまだ引取られていない場合に、明らかにそちらを気にかけて(電話をかけたりして)予約流れを遅らせている場面も見かけますが、遅れるなら連絡してほしいことを徹底しておいて、時間に間に合わなかったらすっぱり流してください。

最近事情:そこまで極端ではないにしても、今でもたまに見かけます。

(9)キャンセル待ち発売は開演15分前からにしてほしい
5分前だと、入場してからトイレにいく時間がなくなります。キャンセル待ちが出るくらいの人気なら10分前でも厳しいでしょうから、15分前というのが適当だと思います。これは通路席や立見席の客をまとめて誘導する場合も同じで、これは1列に1人の担当者がいるとして、10分前くらいが適当ではないでしょうか。早すぎると尻や脚が痛くなりますし、難しいところです。

最近事情:これは確かシアターコクーンでブロックされた経験を基に書いたのですが、その後の別の芝居の際には改善されていました。公演ごとに方針が異なるのか、劇場としての姿勢が変わったのか、どちらなのかまではわかりませんが。

(10)通路席や立見席の値段で一般席と同じ料金を取らないでほしい
通路席でも椅子とクッションを用意してくれるなら構わないのですが、通路に直接クッションを敷いただけの「座布団席」や立見席が一般席と同じ料金なのは、納得できません。これは通路席を出すだけの広さのある中規模の劇場で、かつ当日料金が前売料金よりも高い公演で見受けられます。そこまで客が来るとは想定していなかったのかもしれませんし、それだけ人気の公演なら一般席と同じ値段でも売れる(実際に売れているし買っているし)という判断もあるかもしれませんが、舞台はライブであるという特性を考えても、ちょっとそれはないだろうと思います。

最近事情:一応最近はそういう芝居には出くわしていない。

順番に書いてみたら10個にもなりました。これを見ている制作、受付担当者がいましたら、検討していただきたいものです。

それ以外の当日券のおまけ話

・新国立劇場の当日券販売はそうとう雑
受付が独立していない、並ばせない、座席表はあっても空席がわからないし、料金が4種類掲載されている(席ごとの料金ではなく公演自体の料金です。オペラ劇場の料金パターンはどんな公演でも4種類で固定のようです)ので値段がすぐにわからない。小劇場は地下に独立した売場がありますから違うかもしれないですけど(買ったことはないです。中劇場も買ったことがないのですが、窓口は1階なのかな)。いくらきれいでも頭が悪いのは勘弁、って何のことだか。新国立劇場の当日券は、チケットぴあでZ席というのが一番ですね。

最近事情:最近のオペラ劇場や中劇場はどうなっているのか、ご存知の方いらっしゃいましたら(略)。小劇場の当日券は地下の窓口でその後何度か買いました。これは非常に普通のシステム。ただし新国立劇場は商売に不熱心という別の問題があるのですがそれはまたいずれ。

・当日券の料金が前売券より高いのはしょうがない
これは経済原則からいってしょうがないです。1ヶ月か2ヶ月前にお金を払う、このお金を当日まで客が持ってX%で運用したらXX円の利息がついたはずなのに、というのは経済の基本的な考え方ですから。まあX%がきっちり当てはまる価格差とはおもいませんが、そこまでは問いません。もちろん当日精算は当日料金であるべきですし、座布団席、立見席は数百円でも値引きするべきと思います。

最近事情:今でも意見は変わりません。

・初日以降ならおおよその上演時間はわかりそうなものですが、自分たちのHPに掲載しているところは少ないですね。当日券の予定を立てる場合は、シアターガイドのHPが重宝しています。

最近事情:上演時間に関しては今もあまり変わっていないような気がします。「シアターガイドのHP」と書いたのは、上演時間情報のことです。

==========

 

で、当時トラックバックをいただいた記事にこちらからトラックバック。

もうひとつ最近事情をつけ加えるとすれば、クレジットカードはもちろん、お財布携帯その他の電子マネーへの対応は、業界として考えたほうがいいと思います。手数料による収入の減少は業者の事情ですが、利便性向上や支払の選択肢確保は観客の事情です。ネットバンクはちゃんと使ったことがないのでわからないのですが、どうなんでしょう。ネットバンクが使えると便利になったりするのかな。

書く内容に困った場合は、何かまた昔のエントリーでも掲載しようと思います。

2007年11月 2日 (金)

アール・ユー・ピー制作「あずみ」明治座

2006年4月1日(土)夜

漫画原作の舞台化。

原作未見。実は脚本がしっかりしていて、内容も「いかに生くべきか」という今の時代に求められているものを押さえている。ネタといい賑やかなチャンバラといい派手な演出といい、若い新感線。若い分だけこっちのほうがいいところもある。

黒木メイサの演技に向上の余地はあるけど、それでも勢いでところどころ魅せてくれる。生田斗真がものすごく上手い。客を完全に飲込んでいる。こぐれ 修が上手いのは当然として、赤坂晃が見直すくらいかっこいい。生田斗真といいジャニーズは侮れない。涼風真世の「あ”っずみちゅわ~ん」が耳から離れな い。

ジャニーズファンが多かったことを差引いても、エンターテイメントとして十分成立っていた。黒木メイサと生田斗真は、今後は悪役もこなして注目の役者に育ってほしい。

----------

なんでこんな昔のメモを取出してきたかというと、赤坂晃が逮捕されたから。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000045-spn-ent

あの舞台を観たときの赤坂晃はものすごく上手で格好よかったので、もったいないな、残念だな、と。

覚醒剤で逮捕された人間をかばうわけではありませんが、芸能界はなにがチャンスになるのかわからないところですから(一般人の勝手な妄想)、もし復帰を願っているのであれば一縷の望みを捨てないで、トレーニングを継続して身体の切れだけは確保しておいてほしいものです。

ジャニーズ事務所が解雇に動く素早さは、社会人として色々考えさせられます、とか遠い目をしてみたり。

ちなみにその後で原作漫画を読みましたが、脚本は非常に上手にまとめてアレンジしてあったな、舞台のほうがすっきりしていたな、というのが感想です。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »