2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2007年下半期決算 | トップページ | 新国立劇場の全力ラインナップ »

2008年1月 7日 (月)

PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO 2008」PARCO劇場

<2008年1月4日(金)夜>

志の輔の独演による3本。近所で起こった事件のため、防犯設備設置を決めるためのマンションの集会で「異議なし!」。江戸時代、仙台で一番小さい宿屋に泊まった男が聴いた宿の由来とは「ねずみ」。ママさんコーラスをダブルブッキングしてしまった公民館の職員の対応は「歓喜の歌」。

去年に引続き見物。たぶん新作の1本目、古典落語の2本目、映画化されてまもなく公開される3本目を、間に枕とネタを挟みつつ。

1本目はちょっと慣れていなかったみたいだけど、2本目と3本目はそれはそれはよく出来た話。比較的お得なチケット代と合わせて大満足。ネタばれするのであまり詳細は言いませんが、お勧めです。老若男女と言っていい幅広い観客層は、芝居ではめったに観られない光景で、それだけ誰でも楽しめる証拠でしょう。

すでに前売は完売して当日券狙いになってしまいますが、今回だけかこれからずっとか、当日券電話の委託がぴあからローソンチケットに変わったおかげで、余分な電話代がかかるみたいです。応対もぴあほどにはまだ慣れていないみたいです。ご注意。

« 2007年下半期決算 | トップページ | 新国立劇場の全力ラインナップ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2007年下半期決算 | トップページ | 新国立劇場の全力ラインナップ »