2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 浅利慶太「語り継ぐ日本の歴史」 | トップページ | 松竹製作「夏祭浪花鑑」Bunkamuraシアターコクーン »

2008年6月22日 (日)

時代の空気

昔はいざ知らず、今の「空気を読め」という言葉には「他人の意見を認めない」という意味がこもっている。だから嫌いだ。空気を読んだ上で、でも意見を言える強さが理想。

でも今の時代の日本に閉塞感を感じないというのは、さすがに鈍いのではないかと思う。どれだけ恵まれた環境だとしても、日本で生活しているのであれば、そこかしこに閉塞感を感じさせるシグナルはある。

「バーム・イン・ギリヤド」はその閉塞感から脚本を選んだのだろうと思っていたし、それが確かめられたのもうれしいけど、でもそういう「鈍さ」に直面すると、空気を読めと思わず言いたくなってしまう。目覚めろというのももっともだ。

『バーム・イン・ギリヤド』をご覧くださった方の中には、芝居としては大好きだったけど、日本にはあまり関係のない話だと感じた、と云う方もいた。
思わず、日本よそろそろ目覚めろ、と言いたくなってしまう。

Robert Allan Ackerman "ボブさん's BLOG":秋葉原通り魔事件

« 浅利慶太「語り継ぐ日本の歴史」 | トップページ | 松竹製作「夏祭浪花鑑」Bunkamuraシアターコクーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅利慶太「語り継ぐ日本の歴史」 | トップページ | 松竹製作「夏祭浪花鑑」Bunkamuraシアターコクーン »