2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 本谷有希子のパルコ劇場進出 | トップページ | 阿佐ヶ谷スパイダース芝居以外のネタ »

2008年6月 1日 (日)

THE SHAMPOO HAT「立川ドライブ」シアタートラム

<2008年5月31日(土)夜>

立川の交番に勤務する松田はまもなく40歳。仕事に苦情を漏らす後輩と、近所の住人による苦情に困りつつ勤務をこなす日々。そんな松田がキャバレーではたらくさやかに惚れて、後輩からはからかわれているのだが・・・。

冒頭で大体の話はわかるけど、それを丁寧に追いかけていく芝居。どうってことのない、でも実際にありがちな会話が積み重なって、登場人物たちの希望のない日常が描かれる。台詞の選び方が適切すぎて、観ているこちらが痛くなる。

ただ脚本は素晴らしいが仕上がりがあと一歩で、主人公を演じた赤堀雅秋、美術、照明が劇場に負けていた。脚本演出を兼ねた役者としては体調次第という面もあると思うが、スタッフワークはスズナリ(の前回公演)と似たモノを持ってきてもつらい。いろんなスタッフと仕事を試したほうがいいのではないかと愚考。

役者では変な役が相変わらず上手い児玉貴志と、声の圧力が素晴らしい梨木智香がよい。

« 本谷有希子のパルコ劇場進出 | トップページ | 阿佐ヶ谷スパイダース芝居以外のネタ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本谷有希子のパルコ劇場進出 | トップページ | 阿佐ヶ谷スパイダース芝居以外のネタ »