2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 五反田団「すてるたび」アトリエヘリコプター | トップページ | 「千年女優」ってアニメは知りません »

2008年11月27日 (木)

再掲載:適切な年間観劇本数を考える

あらためて読返すと何様な調子が文章の端々に漂っていますが(今でもそうだという突っ込みは禁止です)、最近自分のための仕事の投資をしていないな、とふと考えたら、昔のこのエントリーが思い出されたので再掲載します(このころはblogと書いていましたが、今ならブログです。ずいぶんブログも一般化されました)。現在は見る本数も減っているのですが、現在の決算はこのようになっています。一部リンク切れのところはリンクを省略してありますのでそこはご容赦を。

以下再掲載。

「適切な年間観劇本数を考える」

本当は年が明けてから書こうと思っていたのですが、立続けに同じようなblogを読んだもので、こんな話題で書いてみます。この場合の「適切」とは、創る側の人にとって、です。

fringe blog「デジャ・ヴュ
LIVESTOCK DAYS「風琴工房の劇団員規約」
telop-plot blog「ギブ&テイクでしょ?

fringeは制作者支援サイトで、本人も制作を務めていた荻野さんのblog。LIVESTOCK DAYSは風琴工房という劇団の主宰、脚本、演出を担当している詩森ろばさんのblog。telop-plot blogは京都で制作を行なっている掛川弘一さんのblogです。みなさん創る側の人ですね。

この3つのblogに共通しているのは「創る側の人間なのに芝居を観ない人が多い」というものです。telop-plot blogに「演劇をしている人は他の芝居を観ない/受付を手伝ったりしていると役者で観に来る人ってのは本当に決まった人だけだ」と書いてあるのはよくわかります。以前少し書きましたが、私が学生時代に演劇サークルに所属していたときも、しょっちゅう観に行く人と、全然観に行かない人と、両極端に分かれていました。

この点についてLIVESTOCK DAYSでは「風琴工房の劇団員規約には『演劇をたくさん見ること』と『俳優としての教養を身につけることに労を惜しまないこと』という2点が実は明文化されている。というか、劇団員の条件はほかにないとも言っていい。『お金がないから』という理由で演劇をまるで見に行かない若い俳優たちにに憤りを感じ、話し合いの上、2年前から規約化したのだ。」と一刀両断です。以前どこかで目にした「芸術は一定量を消費しないと理解できるようにならない」という文章を思い出してしまいました。幼いときから叩きこまれて芝居漬けの歌舞伎役者ならいざ知らず、芸術についてはOJTだけでは限界があるのですよね。

またfringe blogの「どんなに素晴らしい物語を生み出したとしても、偶然同じ内容が先に発表されていたとすれば、その価値は半減してしまうでしょう。推理小説で、先に発表されたトリックが使えないのと同じです。それを防ぐためにも、つくり手は世の中でどんな作品が発表されているかに、絶えず気を配ってほしいと思います。」という点からも、できるだけ数多く観ることが望ましいですね。

では、一体どのくらいの芝居を観ればいいのかということを考えます。私はblogを始めて半年になりますが、そのときの目標が週に1本。それまでの年間観劇本数は20本強ですから、ほぼ倍ですね。で、今年のここまでの観劇本数は40本(プラスアルファ)。年の前半はblogも書かずに前年までと同じペースで観ていましたが、後半挽回しています。これだけの本数を観ての感想は

 「足りねぇ」

ですね。年間50本だと、評判作を観るだけで終わってしまいます。評判作と言うのは私の主観で、有名な劇団や役者、脚本家、演出家による芝居とほぼ同義ですが、このblogの「観劇録」のラインナップを見ていただいて、そこから足し引きしていただければ、ここでいう評判作が2桁後半に収まることは大体納得していただけるのではないでしょうか(歌舞伎や宝塚や伝統芸能は除く)。

だから、それに加えて開拓精神を発揮することになると、最低でも年間100本の計算になってしまいます。私は一介の客ですからそれだけの数の芝居を観る義務はありません。お金をもらってレビューを書くようになればまた別ですが、今のところそのつもりはないので、観たいときに観たい芝居を観るだけです。もちろん、創る側ともなればそうもいきません。

fringeのトップページにミニアンケートがあって、その中に「あなたは年間何本観劇していますか?(自分が制作に関わる作品を除く)」という質問があります。これによると、年間100本以上観ている人は1割弱。50本以上で数えても3割に満たないです。また、11本以下でほぼ同じ割合を占めています。ここで回答しているのはサイトの性質上、制作者が中心と思われますから、役者よりは時間の自由が利く人たちだと想像します。役者に対して同じアンケートを取ったら回答はもっと下に寄ったでしょう。

創る側の人たち固有の事情としては
・自分たちが公演しているときは観られない。なのに、週末公演という形態はどこも同じなので、絶対に観に行けない期間が発生する。
・いっちゃ悪いが、「お付合い」で観る芝居で本数が実質水増しになる(まったくためにならない)ことが多い。
ですね。ただ、仕事が忙しくて観に行けない期間が発生するのはサラリーマンでも同じです。お付合い(ノルマの貸し借りともいう)でもいい芝居に当たることがあるかもしれませんが、やはり一般の観客でも観に行くような芝居を観てこそ、ですよね。料理人で「村中の料理を食べた」という人と「世界中の料理を食べた」という人がいたら、後者のほうが味覚が鍛えられており、その味覚が納得するように腕も鍛えたと連想するのが、正直なところです。

仮に芝居1本平均5000円で計算すると、100本観たら50万円。この金額になるとちょっと厳しいですけど、50本で25万円なら、月収20万円の1割ですから、出せない金額ではないですね(金額については、年が明けてから年間の利用金額を計算してみようと思います。前半分の金額とラインナップは2004年上半期決算報告書にまとめてあります)。フリーターしながらだとそれでも厳しい金額かもしれませんが、創る側でそう考える人は、上記の詩森ろばさんのコメントに戻りましょう。

自分の仕事を省みて、自分の仕事のために投資していない気がするので、あまり人のことを言える立場ではないのですが、そういう自戒も込めて。

« 五反田団「すてるたび」アトリエヘリコプター | トップページ | 「千年女優」ってアニメは知りません »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 五反田団「すてるたび」アトリエヘリコプター | トップページ | 「千年女優」ってアニメは知りません »