2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« さいたまゴールド・シアター「アンドゥ家の一夜」彩の国さいたま劇術劇場小ホール | トップページ | ラインナップとやる気がかみ合わない東京芸術劇場 »

2009年6月30日 (火)

2009年上半期決算

本日で2009年の前半が終わりますので、決算をしたいと思います。

(1)NODA・MAP「パイパー」Bunkamuraシアターコクーン
(2)パルコ企画製作「リチャード三世」赤坂ACTシアター
(3)オリガト・プラスティコ「しとやかな獣」紀伊国屋ホール
(4)メジャーリーグ制作「ちっちゃなエイヨルフ」あうるすぽっと
(5)ポツドール「愛の渦」THEATER/TOPS
(6)グリング「吸血鬼」青山円形劇場
(7)Bunkamura企画「三文オペラ」Bunkamuraシアターコクーン
(8)松竹製作「赤い城 黒い砂」日生劇場
(9)tv asahi/ニッポン放送主催「鶴瓶噺2009」世田谷パブリックシアター
(10)ナイロン100℃「神様とその他の変種」下北沢本多劇場
(11)Bunkamura企画製作「桜姫」Bunkamuraシアターコクーン
(12)新国立劇場主催「夏の夜の夢」新国立劇場中劇場
(13)劇団、江本純子「セクシードライバー」ギャラリー LE DECO
(14)さいたまゴールド・シアター「アンドゥ家の一夜」彩の国さいたま劇術劇場小ホール

上記14本、隠し観劇はなし。チケットはすべて公式ルートで購入した結果、

  • チケット総額は89750円
  • 1本あたりの単価は6410円

となりました。残念ながら高値安定傾向です。芝居を観る本数がもっと減ると思っていたのですが、一部演目を見送った代わりに別の芝居に突っ込んでしまい、本数は前年同期と同じでした。

今期の特徴は、チケット代の高い芝居に不満足な出来が多かったこと。名指しで文句をいうと、行った回数が多かったシアターコクーンは、3本で3万円以上払いましたが、今期は期待を裏切られました。後ろの2本を切っておけばと悔やまれます。かと言って、数千円の芝居が面白いかというと、このクラスの当たり外れは、体感では以前と同じか、やや下回るくらい。全体に、値段の高い芝居ほど、つまらなくなっているような気がします。景気が悪くなる前に企画した芝居が多かったんでしょうか。

その分気を吐いていたのが公立劇場で、「夏の夜の夢」と「アンドゥ家の一夜」はよかったです。もちろん、チケット代が安いのは税金のおかげなんですが、チケット代を無視しても、こちらのほうが出来栄えはよかったです。他に面白かったのは「ちっちゃなエイヨルフ」「愛の渦」「神様とその他の変種」ですね。

私が芝居を観るときに気にする点として、次に何が来るのかわからないものをライブで観る緊張感というのがあります。そういう観点からいうと、次に何が起きても別に驚きはしない、「ふーん」で終わってしまうような舞台が多かったです。

これはひょっとして、小劇場の開拓にシフトするべし、というなんかよくわからないものの啓示かもしれません。下半期の観劇スケジュールは未定ですが、ちょっと傾向を変えたほうがいいかもしれないです。観る本数は20本より減ると思うのですが、それで選ぶのもまた一苦労。

引続きよろしくお願いします。

« さいたまゴールド・シアター「アンドゥ家の一夜」彩の国さいたま劇術劇場小ホール | トップページ | ラインナップとやる気がかみ合わない東京芸術劇場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さいたまゴールド・シアター「アンドゥ家の一夜」彩の国さいたま劇術劇場小ホール | トップページ | ラインナップとやる気がかみ合わない東京芸術劇場 »