2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« どうでもいいはなし | トップページ | 日本一ダンディなおっさん »

2009年6月20日 (土)

引続き新国立劇場では芸術監督の人選の経緯をめぐってもめているらしい

なんかいつもより少しだけアクセスが多かったから調べてみたら、以前書いた「新国立劇場が芸術監督の人選の経緯をめぐってもめているらしい」の件で少し動きがあった模様。時事通信より

 新国立劇場の演劇部門次期芸術監督の選考問題で、井上ひさし氏ら演劇関係者20人と日本劇作家協会など3団体は19日、同劇場運営財団に釈明と謝罪を求める声明を発表。同財団理事で劇作家の永井愛氏は、遠山敦子理事長に辞任届を送付したことを明らかにした。
 同財団は昨年6月、鵜山仁芸術監督の後任に宮田慶子氏を選んだが、選考過程に疑問があるとして演劇関係者有志がこれまで2度声明を出して説明を求めてきた。理事の辞任は、演劇評論家の小田島雄志氏に次いで2人目。 

いつのまにか2人辞めていた。で、辞めたほうよりも興味があるのが、声明を出した側。

井上ひさしは来年に「夢の裂け目」「夢の泪」「夢の痂」の3部作を新国立劇場で上演する予定になっています。去年から井上ひさしが「楯突いてきた」のは冒頭で引用した以前のエントリーに記録していた通りですけど、それでも上演するのは、もっと以前に予定が決まっていて今更変更できないのか、なんかこれで手打ちをみたいな感じだったのが目論見が外れたのか、どっちなんでしょう。深読みしすぎですかね。

で、声明を出したほうも、劇作家協会から声明文がたどれない。検索で見つけましたけど、ホームページからたどれない、って時点でやる気が疑われます。声明の内容も抽象的な内容にとどまっていて、何を要求しているのかがさっぱりわからない。お前ら本当にそれでも作家か。

ま、何が問題点なのかを明らかにしてくれるのであれば、揉めるのは結構なことです。

そんでもって、2009-2010シーズンは、大作揃いのようだけど、2008-2009シーズンのようなそそられる小劇場作品が見当たらないし、そもそもほとんど上演作品が決まっていないので劇場が空きっぱなしなのは平気なんでしょうか。そそられたくせに全部見逃した私が言っても説得力はありませんけど。

オリンピックの選考会みたいにはっきりと、何日で何人以上、いくら以上の売上をだせないと芸術監督はクビ、とか事前にはっきり決めるならそれもそれであり。だけどこの不景気とはいえ、「夏の夜の夢」の千秋楽ですら空席を作った営業部隊では、芸術監督だけに責任を求めるのは酷だと思う。

以上、つらつらと思ったところを。

« どうでもいいはなし | トップページ | 日本一ダンディなおっさん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« どうでもいいはなし | トップページ | 日本一ダンディなおっさん »