2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 割引と演出はできるだけ大胆に | トップページ | 再録:蜷川幸雄の電車男 »

2009年7月13日 (月)

上川隆也がキャラメルボックスを退団

シアターリーグが書くとおり、まだ辞めていなかったんだという印象のほうが強いです。

で、ついでにキャラメルボックスのサイトをのぞいてみたら、今は年間パスなんて売っているんですね。ビジネス魂あふれるプロデューサーらしいです。

で、来年の冬公演が、辞めた上川隆也と近江谷太朗をゲストに迎えて「サンタクロースが歌ってくれた」です。これが確か、テレビだけど、最初に観たキャラメルボックスだったはず。ビデオを持っていたんだけど、処分してしまった。たまには観に行くか。って1年以上先だけど。

で、公演情報をつらつらと観ていたら、「さよならノーチラス号」の上演情報を見つけました。実物のキャラメルボックスを観たのは確かこれが最初。芝居見物の初期のころすぎて、もはや粗筋も思い出せない。サンシャイン劇場じゃなくて紀伊国屋サザンシアターってところがミソ。どうも初の再演みたい。観に行ってみようかな。

キャラメルボックスを卒業した私ですが、1本だけ浅くて深い(なんだそりゃ)思い出のある芝居として「僕のポケットは星でいっぱい」があります。これも内容はほとんど覚えていないのですが、1箇所だけ、とても心に響いた内容があって、それを思い出してしまった。

一応情報を追加しておきました

« 割引と演出はできるだけ大胆に | トップページ | 再録:蜷川幸雄の電車男 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 割引と演出はできるだけ大胆に | トップページ | 再録:蜷川幸雄の電車男 »