« 世田谷パブリックシアター企画製作「奇ッ怪」シアタートラム | トップページ | 芝居のチケットが売残るのはいいことだ »

2009年7月22日 (水)

新国立劇場が呪われている

演劇部門の芸術監督でごたごたが続いている最中に、オペラ部門の芸術監督が。新国立劇場より。

新国立劇場オペラ芸術監督・同オペラ研修所所長、東京コンサーツ所属指揮者 若杉 弘(わかすぎひろし)儀、かねてより病気療養中のところ、平成21年7 月21日午後6時15分、都内の病院にて、多臓器不全により永眠いたしました(享年74歳)。ここに謹んでお知らせいたします。

オペラバレエ部門の牧阿佐美氏は大丈夫か。今のうちにお祓いでもしてもらったほうがいいんじゃないのか。

ついでに、検索していたらこんなリリースを見つけました。演劇部門は干されているようです。

<2009年8月10日>

牧阿佐美氏の所属をオペラ部門からバレエ部門に訂正。

|

« 世田谷パブリックシアター企画製作「奇ッ怪」シアタートラム | トップページ | 芝居のチケットが売残るのはいいことだ »

コメント

牧阿佐美はバレエ部門ですよ。

投稿: Y子 | 2009年8月 8日 (土) 14時34分

>Y子さん
反応が遅れましたが、ご指摘ありがとうございます。訂正しました。

投稿: 六角形 | 2009年8月10日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷パブリックシアター企画製作「奇ッ怪」シアタートラム | トップページ | 芝居のチケットが売残るのはいいことだ »