2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« ナイロン100℃「世田谷カフカ」下北沢本多劇場 | トップページ | 日程が不規則すぎる「ガス人間第1号」 »

2009年10月 4日 (日)

北村明子「だから演劇は面白い!」を読んだ

以前読んだ「僕と演劇と遊眠社」の続きってことは全くないんですけど、北村明子の「だから演劇は面白い!」を読みました。

前者と違って、こちらはもっと制作に近い話。実作業というより、制作の心構え集みたいなもんでしょうか。名刺入れを置いていかせるなんて序の口です。
私はすべてにおいて飽きっぽく、決まり事は退屈で仕方ないと感じる人間です。子どものころに習った日本舞踊もバレエもピアノもすぐにやめてしまいました。結婚も「ダメ」と思った瞬間にやめて、恋愛もどんなに好きでも飽きてしまったら終わり。役者をやめたのも"(出演依頼を)待つ"役者の宿命そのものに飽きたのだと思います。
話の展開上しょうがないですが、高萩宏氏の本で省略されていた部分、遊眠社の制作を担当するようになったのは前任者(高萩氏の本から読取ると、高萩氏の後任者)が途中で投げ出してしまったから、ということも書いてありますし、野田地図の初回公演(キル)で主演女優を交代してもらった話も載っています。こんないさぎよい人にはかないません。このくらいでないと務まらないのでしょう。

そんな北村氏にして圧倒的な成功体験と言わしめたのが「人形の家」だそうで、それに立会えた私は幸運でした。

« ナイロン100℃「世田谷カフカ」下北沢本多劇場 | トップページ | 日程が不規則すぎる「ガス人間第1号」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナイロン100℃「世田谷カフカ」下北沢本多劇場 | トップページ | 日程が不規則すぎる「ガス人間第1号」 »