2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月25日 (月)

やっと決算を締められた

2009年分の決算をようやくまとめられた。この手のものはタイミングを逃すと難しい。

書いていて、なんとなく今年の芝居の選択基準が見えてきたので、それに従って観る芝居を選ぶつもり。

阿佐ヶ谷スパイダース「アンチクロックワイズ・ワンダーランド(プレビュー公演)」下北沢本多劇場(ネタばれありあり)

<2010年1月24日(日)昼>

作家の男。それまでの路線を変えて、観念的な話に挑戦して2冊目の本が出版されたばかり。だけど書評は酷評ばかりで、読者評でもけなされている。そこで編集者と自棄酒を飲みに行ったところから始まる、現実と観念とが入混じった世界。

留学帰国後第一作ということで注目の高いときに観念路線を投げてくる確信犯。プレビューということもあるけど、ここの場面は面白くて興味深いけど、全体的になんかちぐはぐ感は否めず。本番でどのくらい変わるのかは不明。以下ネタばれ混じりで。


冒頭の話で勘のいい人はわかると思うけど、今回も「失われた時間を求めて」と同様、長塚圭史の葛藤を舞台化した観念路線。そのときにやりつくしたと思ったらまだ葛藤していたのかとびっくり。冒頭の酷評の部分で「観念路線で2作目だが上手くいっていなくて手垢にまみれて云々、元の刺激路線を求む云々」とこの芝居の感想を予告するような構成を取入れてすでにアンチクロックワイズ。イギリスは皮肉と議論の国だっけ、と思ったり思わなかったり。

登場人物は、制作仲間(欲しくもない応援をして作家をがっかりさせる)、作品ファン(刺激路線を強要する、作品の内容より作家の心情に興味を持つ、観念路線を受入れる)、過去の作品の登場人物(「失われた時間を求めて」の登場人物、飛びだして作家にサジェスチョンする)の大きくわけて3種類。

刺激路線を強要するファンは殺したと思いきやしぶとく生残ったのでもっとひどい目にあわせようとしたり、作家に興味をもつファンは消してしまったりして、観念路線を受入れたファンには過去作品の登場人物を救済させる。最後は制作仲間の元に帰る。

まあこんな感じ。観念路線はどちらかというと好きな路線なんですけど、それでもそれなりの物語と人物描写を求めたい性質の私には、今回の芝居には両方とも足りない。ワークショップで作ったせいかどうか、キャラクターに統一感の取れていない登場人物がいたり、場面ごとの雰囲気に統一感が欠けたり、プレビュー公演だとしても仕上がりはイマイチでした。あと、猫とか公園とか、「失われた時間を求めて」を観ているかどうかで理解度に差が出てくるのはいただけない。シリーズ物だとしても単品での仕上がりは担保してほしいので、その点は平田オリザを見習ってほしいです。

あとは提出を忘れたアンケートへの回答を。
・印象に残ったシーン:作家が、ファンの女の家で話す序盤の場面。
・登場人物の印象:そのファンの女を演じた小島聖は、キャラクターが生きていてよかった。馬渕英俚可は、あの役を演じるには今回の役者では一番適任だったとはいえ、結果としてもったいない役になってしまった。
・スタッフワークの印象:モノトーンの舞台に色をつけない照明は渋くて好き。だけどその分は衣装で色の変化を付けてほしかった。小島聖以外は地味な色ばっかりで、意図があるとしても暗すぎる。
・上演時間と休憩時間:観念路線に休憩時間は禁物。2時間に収めて休憩なしにしてほしい。
・客席内の温度:当日券エリアで観たけど、寒いです。眠気覚まし狙いなら勘弁してください。
・料金:こんなもんかと思う。どちらかというと劇場の選定に異議あり。ベニサン・ピットがなくなった今、こういうのはスズナリか、世田谷パブリックシアター/シアタートラムのほうがいいでしょう。本多劇場はエンターテイメント劇場です。
・困ったこと:当日券は椅子が痛い。クッション追加希望。
・色にたとえると:どんよりした灰色。
・感想:さっき書いたとおり、観念路線は好きなほうだけど、刺激路線を求めている客は寝るんですよ。前回も今回も隣の客が寝ていました。そうすると観ていてがっかりするので、この路線を区別するようなユニット名(?)を付けて、間違えた客が混じらないようにしてもらいたいです。「阿佐ヶ谷スパイダース 表現かんねん」みたいな。営業上は嬉しくないかもしれませんけど、これから観念路線を定期的に上演するのであれば、ぜひ検討してください。

2010年1月24日 (日)

青年団「カガクするココロ」「北限の猿」こまばアゴラ劇場

<2010年1月23日(土)昼/夜>

とある東京の大学の、生物の進化を研究するためのプロジェクトの研究室。そこに出入りする様々な学科出身の助手や学生が織成すある日の午後の一幕「カガクするココロ」。同じ研究室の10年後、研究は進化して猿を人為的に進化させる試みになっている。以前から残ってプロジェクトに関わっているものもあれば、新しい学生もいて、そんな研究室の午後の一幕「北限の猿」。

これに「バルカン動物園」を加えて平田オリザの科学三部作となるそうですが、今回は2本。時間の都合で同じ日に観ましたけど、いやー面白い。特に前者は、今まで観たどの平田オリザ芝居よりも、人間を生き生きと描いているように思える。

「カガクするココロ」は、惚れた腫れたの真っ只中にいる学生たちが、生物の進化という研究テーマに無自覚に関わったりなんかするあたりの匙加減が絶妙。特に、研究室の男性と付合っている女性が、その妹の友だちに生物への関心を熱心に語るサビの場面のシチュエーションと展開はたまりません。その点「北限の猿」は、10年たって進んだ研究と、10年たっても変わらない研究室のいろいろに、猿と人間の対比を絡めて描いて、もう少しクール。

登場人物は、名前が一部共通している割に、2作間のキャラクターのつながりはあったりなかったりして、しかもキャスティングが違う、それでいて同じ役者が似たような立場の役をやっていたりして、ちょっと2作続けて観たら混乱しました。そういうハンディを差引いても、私は「カガクするココロ」のほうが好みでした。次の日に予定していた芝居が観られなかったら、これだけでももう1回観ようと考えたくらいで、特に兵頭公美演じる山岡さん(前述の、研究室の男性と付合っている女性)は、観ていてうっかり惚れそうになった。危ない危ない。

 

これだけの芝居を上演して、まったく役者に困らない青年団の層の厚さと、平田オリザの演出の力量、再演に足る脚本の蓄積には、ほとほと感服します。もうすぐ終わるし、どうせお客さんは大勢来るでしょうから、口コミプッシュは止めておきますけど、「カガクするココロ」は口コミプッシュしたくなる仕上がりでした。上演時間は1時間半(客入れからならプラス20分)でも、感覚としては2時間以上に感じる。それくらい他の芝居と比べて情報が多い、よくできた脚本です。

2010年1月15日 (金)

無敗神話観察記録

去年「不景気が劇場にやってきた」というエントリーを書きましたが、その中で

とりあえず注目は、無敗神話を誇る北村明子氏の無敗伝説が続くかどうかですね。今やっている「バンデラスと憂鬱な珈琲」は前売券完売だそうですけど、次回の「えれがんす」がどうなるか。

と書きました。そうしたらe+の得チケで「えれがんす」が出ていました。

割引いて売ったからといって赤字とは限りませんが、今のところは土日でも全ステージ絶賛発売中のようで、割引より売れ残りのほうが痛いのではないかと推測します。

物販も含めて収支が1円でも黒字になれば無敗神話は続くわけですけど、なかなか気になるところです。

2010年1月14日 (木)

また平田オリザ

1ページに3つ以上の発見がつまっている。Wonderlandによる平田オリザのロングインタビュー

2010年1月11日 (月)

2010年1月、2月、3月の公演メモ

首都圏公演のみ。初日順に。小規模芝居の情報が足りないので後で追加の可能性あり。

 

・PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO」PARCO劇場(2010/1/5-1/31):もう観たのですけど一応便宜上。面白かったです。
・シベリア少女鉄道「キミ☆コレ」タイニイアリス(2010/1/6-1/17):観たかったけど気づくのが遅かったので見逃す可能性大。
・冨士山アネット「EKKKYO-!」東京芸術劇場小ホール1(2010/1/14-1/17):注目劇団のショートパフォーマンス群。だけど期間が短い。
・阿佐ヶ谷スパイダース「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」下北沢本多劇場(2010/1/21-2/14、プレビュー期間1/21-1/24):帰国後第一作は、実力十分の常連を中心になかなか贅沢な布陣で。観るのは確定だけど、頼むから外さないでほしい。
・TBS/キョードー東京企画制作「TALK LIKE SINGING」赤坂ACTシアター(2010/1/23-3/7):三谷幸喜による香取慎吾主演のミュージカル。NY先行の凱旋公演。
・モダンスイーマーズ「凡骨タウン」東京芸術劇場小ホール1(2010/2/5-2/21):未見の蓬莱竜太の劇団公演。役者も揃っているみたい。
・パルコ企画制作「なにわバタフライ N.V.」シアタートラム(2010/2/7-2/28):三谷幸喜による戸田恵子のひとり芝居の再演だかNew Versionだか。前回はそれなりに面白いけど消化不良だったような記憶なのでリベンジなのかもしれないけど、これ演出は間に合うのか。
・AGAPE store「残念なお知らせ」スペース・ゼロ(2010/2/12-2/21):AGAPE storeの最終公演。役者は外れなしなんだけどG2演出といまいち相性が悪いので様子見。
・テレビ朝日主催「ジョン・ガブリエルと呼ばれた男」世田谷パブリックシアター(2010/2/13-2/21):イプセンの脚本を、一度は観ておきたいベテラン役者ばかりの4人を揃えて、栗山民也演出で。
・チェルフィッチュ「わたしたちは無傷な別人であるのか?」STスポット/横浜美術館(2010/2/14-2/16、3/1-3/10):新作を横浜の2ヶ所で。
・こまつ座「シャンハイムーン」紀伊国屋サザンシアター(2010/2/22-3/7):井上ひさしによる魯迅の物語。
・Bunkamura主催企画製作「上海バンスキング」Bunkamuraシアターコクーン(2010/2/23-3/14):自由劇場のメンバーが集まって看板作品を16年ぶりに。
・自転車キンクリートSTORE「富士見町アパートメント」座・高円寺1(2010/2/27-3/14):同じ舞台による別々の脚本家の4本の話を1ステージ2本ずつ。出演者だけで見ればAプログラムが気になる。
・東京芸術劇場主催「農業少女」東京芸術劇場小ホール1(2010/3/1-3/31):野田秀樹の脚本を、初演に出演していた松尾スズキの演出で。役者も怪しげな雰囲気を持つ人をそろえて。
・伊藤四朗・三宅裕司コントライブ「いい加減にしてみました3」下北沢本多劇場(2010/3/5-3/22):ゲストに沢口靖子というのが気になるコント。
・新国立劇場主催「象」新国立劇場小劇場(2010/3/5-3/30):別役実の脚本に稲垣吾郎や奥菜恵らを迎えて。主催が明記されていないのは事業仕分の影響かもしれませんけど、とりあえず新国立劇場主催で。
・世田谷パブリックシアター企画制作「マクベス」世田谷パブリックシアター(2010/3/6-3/20):芸術監督の野村萬斎や秋山菜津子を含む5人で演じるマクベス。
・時間堂「月並みなはなし」座・高円寺2(2010/3/11-3/14):一度観ておきたい時間堂だけど、期間が短い。
・財団法人埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ制作「ヘンリー六世」彩の国さいたま芸術劇場大ホール(2010/3/11-4/3):こちらは三部作を6時間に詰めての通し上演。演出はもちろん蜷川幸雄。
・劇団☆新感線「薔薇とサムライ」赤坂ACTシアター(2010/3/18-4/18):30周年企画は五右衛門シリーズの第2弾。ヒロインは天海祐希。
・パラドックス定数「ブロウクン・コンソート」SPACE EDGE(2010/3/19-3/22):格好いい男芝居のパラドックス定数による新作。
・ペンギンプルペイルパイルズ「謝罪の罪(仮)」ザ・スズナリ(2010/3/19-4/4):こちらは10周年芝居を、ゲストなしで。いまだホームページに情報なし。

 

2月が集中しすぎでかなわない。三谷幸喜を切るかどうかが最初の試練。

PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO」PARCO劇場

<2010年1月10日(日)昼>

村おこしで箱モノを作ろうとしていたら予算が「身代わりポン太」。今夜中に仕上げないといけない仕事の最中に送られてきた間違いファックスが騒動に「踊るファックス二〇一〇」。血筋のない家柄から名代に引立てられるも、同業者の妬みから損な役を割当てられた歌舞伎役者が一世一代の大勝負に「中村仲蔵」。

今年は観られた志の輔らくご。前半は笑いの多い創作噺2本で(たぶん「身代わりポン太」が新作)、後半は締める。満足。

中村仲蔵は以前も聴いたけど、前回よりも解説を多くして、緊張感が強まらなさすぎるようにしている。筋は知っているので、途中からもう涙目。照明の吊り具合から察するに、中村仲蔵は固定演目。

その枕で、ライバルは同業者ではなくて飽き、飽きが一番の大敵という話があって、最近の自分に心当たりがあって思いっきりうなずく。そういう状態で中村仲蔵を聴くと、精進しないといけないよなと思う。それを志の輔も意識しての演目、かどうかはわからないけど。今の自分には、よくできて文句なしに面白い前半の2本よりも、この枕のほうが堪えた。

<2010年1月15日(金)追記>
そういえば2本目の枕に覚えがあって思い出せなかったんですけど、思い出しました。「毎月新聞」に載っていた話でした(おじゃんにできない)。このときの企画会議に出席していたならともかく、アレンジされた内容から推察するとそういうことでもなさそうです。創作噺を2本も聴かせてもらってなんですが、枕はもっとべたなギャグか、オリジナルか、どちらかでやってもらいたいもんです。

2010年1月 8日 (金)

芸術が巡り巡って人生を豊かにするかもしれないという話

以前、事業仕分けの話でずいぶん揉めていました。そのときに書いた自分のメモは、自分で今読んでもわかりづらいです。

それはさておき、芝居の効果はなんだ、芸術の何がいいんだ、という話をひと言であらわすのは難しい。それをひと言ではないけど、上手に言い表している文章があったのでご紹介。「就職には役に立たない講義」を「人生の役に立たない芸術」と置換えて読むと、いいことがあるかもしれません。

でもこれを読んだ後に、野田秀樹はやっぱり言語化が上手だよなとも思う。

2010年1月 7日 (木)

Bunkamura主催「東京月光魔曲」Bunkamuraシアターコクーン

<2010年1月4日(月)昼>

大震災の被害から復興し、稼ぐもの、上京するもの、たくましく生きるものたちが集まって繁栄をしている昭和4年の東京を舞台に、父を早くに亡くした姉弟と、その周辺で発生する連続殺人。愛と過去の因果が絡んだ事件に、行きがかりで取組むことになった私立探偵と友人の小説家。

年末に見損ねて新年早々挑戦。シリアスと色気と笑いが程よくミックスされてバランスのよい1本。新年よりは年末に観ておきたかった内容だけど、さすがによくできている。内容だけなら、よくできすぎ、上手すぎて、観ていて安心してしまうのが不満というくらい(何だそれ)。姉弟ものとしては、カメレオンズ・リップを彷彿とさせる。シアターコクーンはKERAには姉弟路線をやらせたいのかな。

それはさておき、長い。とにかく長い。たぶん三部作予定という理由だと思うけど、これ1本だけならディテール勝負のKERAでもいらないだろうという人物も登場させての3時間半に、姉弟にまつわる話、殺人事件、上京した兄弟、復興成金など、てんこ盛り。回転舞台を3つに割って、さらに舞台前面も活用して、それだけやっても舞台転換が追いつかず暗転が存在するというのは、ある意味限界への挑戦を目撃しているわけであって、ここまで来るといっそすがすがしい。

それでもやっぱり、このキャストをKERAが演出するという時点で素晴らしい。最近演出家に恵まれている松雪泰子の色っぽさと、前に2回ほど舞台で観たときとがらっと印象が変わったユースケ・サンタマリアの2人は、このメンバーのなかでもとても魅力的です。着物姿で登場する役者は、男も女も3割増で観ていて美しいです(松雪泰子の髪がシャンプーの広告のようにまったく乱れないのは素晴らしいセット技術ですね)。やや下手よりの席だったので、背後の満月があまり見えなかったのが残念なくらい。

最後まで話は何転もするので、観るなら3時間半きっちり確保して、二部三部も全制覇する覚悟を決めて、行きましょう。

2009年下半期決算

遅くなりましたが、2009年下半期決算です。
(1)世田谷パブリックシアター企画製作「奇ッ怪」シアタートラム
(2)演劇集団キャラメルボックス「さよならノーチラス号」紀伊国屋サザンシアター
(3)大人計画「サッちゃんの明日」シアタートラム
(4)ハイバイ「」東京芸術劇場小ホール1
(5)ナイロン100℃「世田谷カフカ」下北沢本多劇場
(6)(7)(8)新国立劇場主催「ヘンリー六世(第一部、第二部、第三部)」新国立劇場中劇場
(9)パルコ企画製作「海をゆく者(プレビュー公演)」PARCO劇場
(10)パラドックス定数「東京裁判」pit/北 区域
(11)(12)バンコク・シアター・ネットワーク「赤鬼」東京芸術劇場小ホール2、「農業少女」東京芸術劇場小ホール1
(13)TBS/エピキュラス主催「夜会 本家・今晩家」赤坂ACTシアター
(14)グリング「jam」東京芸術劇場小ホール1
(15)庭劇団ペニノ「太陽と下着の見える町」にしすがも創造舎
(16)松竹制作「十二月大歌舞伎 夜の部」歌舞伎座

 

上記16本(ヘンリー六世は3本でカウント)、隠し観劇はなし、チケットはすべて公式ルートで購入した結果、

 

  • チケット総額は100950円

 

  • 1本あたりの単価は6309円

 

となりました。上半期に観たのが14本15本なので、前回の年末決算では「30本を目標」と書いたとおり、きっちり30本31本になりました。その上半期を合せた計算は、

 

  • チケット総額は190700円195200円

 

  • 1本あたりの単価は6357円6297円

 

となりました。ただ、中島みゆきの夜会が底上げしており、それを除くと単価が500円以上安くなるので、ようやく単価6000円未満の目標が見えてきました。

 

下半期の特徴としては、セット企画が多かったことだと思います。ヘンリー六世もそうだし、見送りましたけど「コースト・オブ・ユートピア」三部作一挙上演がありました。歌舞伎座は昼の部が宮藤官九郎で野田秀樹と同時の小劇場出身者の起用だったし(昼の部は観られなかった)、東京芸術劇場が中心になっているによるFestival/Tokyoや芸劇eyesも、セット企画と言えます。あと、観るのは年明けの予定になりますが、青年団も「カガクするココロ」と「北限の猿」の同時上演を行なっています。そう考えると、下半期に観た芝居の半分以上がセット企画の公演になります。

 

これはつまり、よく言えば集客に力を入れるようになった兆候だと思います。もともと青年団(こまばアゴラ劇場)は劇場会員や全国の劇団紹介など企画による集客が得意でしたが、それに目を付けた関係者が、狭い演劇市場を広げようとしている試みの結果であれば、よろこばしいことです。これが継続されて「観劇経験の浅い一般人はここに参加する団体から観始めれば大丈夫」と認知されるまでになれば国内市場の開拓につながるので、ぜひ途中で投げ出さないで続けて欲しいです。個人的にはさらに進んで、インフラ整備や海外展開までつながらないかと妄想します。

 

芝居っぽい小劇場の紹介という点で、芸劇eyesには期待するところが大きいです。世田谷パブリックシアターも、芸劇eyesより手前の団体を集めた企画をやっていますし、あと、遠くていまだに行ったことがないですけど、三鷹の芸術文化センターも頑張っていますよね。機会を見つけてこの手の企画ものは整理したいです。

 

これを上演側から見ると、こういう企画に参加できない団体はダメということで、芝居の出来がよいことは前提で、いかに参加できるように目立てるかという戦略が重要になってきます。年間観劇100本越えの猛者たちの目に留まることを目指すだけでなく、応募式の企画があったら積極的に申込んでみるといいのではないでしょうか。以前だと上演すると目立つ劇場があったと思うのですが、今はよい劇場ほど貸し館をやめて上演団体を自主的に選んだり、プロデュース公演で頑張ったりしているので、劇場を使った注目を集めるのは難しいと思います。吉祥寺シアター、ザ・スズナリ、シアタートラム、赤坂RED/THEATERなどが貸し館をやっていて、なおかつ登竜門のような劇場でしょうか。だいたい200席規模ですね。若手団体がどのように劇場を選んでいるのかはわかりませんが、劇場の選択には将来がかかっており、すでにそこにセンスが現れるので、小劇場すごろくと言われようがなんと言われようが(もうすごろくは壊れましたけど)、よい劇場で上演できる機会があったら逃さないようにしましょう。

 

話は戻って、ちょっと最近は新しい劇団の発掘がおろそかになっていたのですが、その隙にいろいろ話題になった劇団が出てきたので、意識してそういう劇団を観るようにしたいと思います。で、2010年は芝居は同じく30本の観劇を目標にします。今年は音楽のライブにも初めて自分から行ってみたのですが、これもなかなか面白いもので、少しずつそちらの体験も増やしていきたい、将来は芝居と音楽で50本になれば、ととりあえずは考えています。

<2020年5月24日(日)追記>

上半期で1本漏れていたので、それを受けて本数と金額を訂正。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »