2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 最近は劇場がブランド化している | トップページ | 新国立劇場主催「夢の痂」新国立劇場小劇場 »

2010年6月14日 (月)

野田秀樹の舞台は危険がいっぱい

最近芝居を観にいけていないから、こんな記事で野田地図の初日が近いことを知るわけです。産経新聞より。

 NODA・MAPによると、銀粉蝶さんは3日、稽古中に約1.2メートルの高さの舞台セットから転落し、骨折。順調に回復しているが、医師の診断で初日の出演を見送ることになった。高橋さんは20日~25日まで代役を務め、それ以降も代役が必要となる場合は大西智子さんと交互で務める。チケットの払い戻しは行わない。

野田秀樹本人がはしごから落っこちた経験の持主なんですけど、でもそのくらいの上下がないと野田芝居は成立しないんでしょうね。

その銀粉蝶ですが、ブリキの自発団の主催メンバーだったんですね。私は観たことがありませんけど、片桐はいりの出身劇団ということは知っていて、なんかいろいろつながっているんだな芸能界は、って思いました。

« 最近は劇場がブランド化している | トップページ | 新国立劇場主催「夢の痂」新国立劇場小劇場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近は劇場がブランド化している | トップページ | 新国立劇場主催「夢の痂」新国立劇場小劇場 »