« ブス会「女の罪」リトルモア地下 | トップページ | パルコ企画製作「ハーパー・リーガン」PARCO劇場 »

2010年8月24日 (火)

創作とスケールと時代と

まったくなんの脈絡もなしに思ったけど、最近の小劇場の若い劇団でスケールの大きい芝居ってあるのかな。まだ観ていないけどままごとくらいかな。惑星ピスタチオみたいなデタラメなんだけど器はでかい、というのは流行らないのか。漫画やアニメではそれなりに大作感のあるものは見かけるけど。

やっぱり苦しい時代の反映なんだろうか。そういうときにこそ、と思っても、舞台と客席の間にあるのが芝居だから、客席がつらいときは舞台もそれに合わせないと、それこそ単なるままごとに見えてしまうんだろうな。

|

« ブス会「女の罪」リトルモア地下 | トップページ | パルコ企画製作「ハーパー・リーガン」PARCO劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブス会「女の罪」リトルモア地下 | トップページ | パルコ企画製作「ハーパー・リーガン」PARCO劇場 »