« TBS・サンライズプロモーション東京主催・制作「志の輔らくご in ACT」赤坂ACTシアター | トップページ | 10月に観たい芝居が見つからない »

2010年9月26日 (日)

青年団「砂と兵隊」こまばアゴラ劇場

<2010年9月25日(土)夜>

どこかの砂漠。行軍する軍隊の小隊、軍人の夫に会いに来た妻、新婚旅行中の夫婦、失踪した母を捜す家族。いろいろと場違いな彼ら彼女らの邂逅って言っていいのか悪いのかよくわからない出会いと会話。

自分が平田オリザを実際に観る前に抱いていたイメージはこんなだったよなーというくらいど真ん中で教科書に載せたくなるような不条理劇。ここんところの物語路線とはまったく違います。

砂を一面に敷詰めた舞台で、お前その格好で砂漠は死ぬだろという登場人物がそれぞれ真剣な、そして場違いな会話をする。それぞれの会話や個々の登場人物の造詣は惹かれるところ多数で、特にひらたよーこ演じる兵隊の歌から、後で出てくる福士史麻に絡まれて別れるまでの場面のやり取りには結構好きだったんですけど、結局のところ不条理劇なので消化不良。不条理劇は苦手なもので。でもフランス人ってこういうの好きそうですよね、と勝手な先入観で思います。

砂の舞台だから気を使って、飴とマスクをもらえる心配りはうれしいところ。ただ、質の高さは保証できても、芝居素人には勧められるものではない。そんな臭いをかぎつけたかどうか、客席も空きが目立った。で、自分で素人には勧められないって書いておいてなんだけど、東京の観客だったらこの芝居も満員にしてみろって学生時代に頭でっかちに芝居を考えていた自分は思う。

|

« TBS・サンライズプロモーション東京主催・制作「志の輔らくご in ACT」赤坂ACTシアター | トップページ | 10月に観たい芝居が見つからない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TBS・サンライズプロモーション東京主催・制作「志の輔らくご in ACT」赤坂ACTシアター | トップページ | 10月に観たい芝居が見つからない »