« 週末の芝居を断念 | トップページ | 梅本真理恵をご存知ですか »

2011年5月20日 (金)

買ったチケットを観に行かないのは観客の責任

上演の継続判断をするのは上演側の責任。買ったチケットの回が上演されているのに観に行かない(行けない)のは観客の責任。数回のステージ中止で経営危機が疑われる団体の次回公演の振替なんて子供銀行券と同じ。プリペイドチケットやシーズンチケットを発行して買ってもらえるだけの実績と体力は必要。ステージでなく、公演自体が3本くらい中止になっても大丈夫な蓄えを持ちつつ、公演中止に備えた興行保険に入っておくことが理想。

だからロングランで普段から稼いでおけ、と思うんだけど、やらないよねみんな。毎月新作を1週間公演を12本ならやる(やれる)団体は多いと思うんだけど、評判の再演を1ヶ月、2ヶ月、ツアーも含めて3ヶ月、って企画しないのかな。貧乏で、バイトや仕事の掛持ちをしているのはわかるけど、プロを目指すのであればそういう体制を目指してほしい。

ってことをもう少し丁寧に書きたかったけど、体調が悪いので書きなぐりで。これを読んだ感想。

|

« 週末の芝居を断念 | トップページ | 梅本真理恵をご存知ですか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末の芝居を断念 | トップページ | 梅本真理恵をご存知ですか »