« 音楽を芝居に置換えるといろいろ思うところがある山下達郎のインタビュー | トップページ | 再録:チケット代から予想する舞台の出来について »

2011年8月29日 (月)

不作気味の2011年9月の公演のメモ

下調べしていたら、なんかそそられない。

・一度くらい代表作として観ておきたい新感線の「髑髏城の七人」が青山劇場で2011/9/5-10/10

・暗い話に気分が耐えられそうなら検討したいポツドールの「おしまいのとき」がスズナリで2011/9/8-9/25

・一度くらい観ておきたいヨーロッパ企画の「ロベルトの操縦」が本多劇場で2011/9/8-9/18

・すでにチケットが売切れて当日券も不明な「志の輔らくご」がこれも本多劇場で2011/9/19-9/21

井上ひさしは食傷気味だからスキップしたら、これだけか。新感線だけでいいかも。余力があれば中村吉右衛門でも観てみようかな。

|

« 音楽を芝居に置換えるといろいろ思うところがある山下達郎のインタビュー | トップページ | 再録:チケット代から予想する舞台の出来について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 音楽を芝居に置換えるといろいろ思うところがある山下達郎のインタビュー | トップページ | 再録:チケット代から予想する舞台の出来について »