« 兵頭裕己「演じられた近代」を読んだ | トップページ | キューブプレゼンツ「有毒少年」CBGKシブゲキ!! »

2011年11月16日 (水)

降板するとかしないとか

日韓交流プロジェクトで、柿喰う客が韓国の役者を迎えての芝居を予定していたところ、開幕前日に2名降板したそうな。柿喰う客のサイトと、こまばアゴラ劇場。だけど記録を残すためにこちらを引用しておく。

劇作家・演出家の中屋敷法仁氏率いる劇団「柿喰う客」(本拠地:東京)は11日、翌日開幕(プレビュー公演)となる公演「日韓交流プロジェクト2011『検察官』」に出演予定だったコロ氏と右手愛美氏(いずれも劇団員)の降板を急遽発表した。

降板の理由について劇団公式サイトには、「劇団内の事情により、俳優の意見を尊重した結果、コロ、右手愛美は『検察官』を降板いたします」と記されているものの、詳細は不明。

もともと観にいくつもりがあったわけでなし、別に喧嘩して衝突して不参加とか小劇場だと珍しくないと思うし、役者ならそのくらい思い切りがいいほうが大成するくらいの割引をして「へー」ってなもんで。いや詳細は知りませんよ。

ただ、この公演に「助成:芸術文化振興基金」って付いているんですけど、助成のページを調べても見つからない。見落としているかな。

もし助成金を入れた交流プロジェクトならせめて「体調不良により」って書いてほしい。「意見を尊重して」って、降板理由が、説明できない理由だったり、載せたら芝居が興ざめな理由だったりしても、それはしょうがない。そこまで求めないけど、せめて体裁は整えてほしい。助成金を政府出資金に戻せとは言いませんから。「交流しようとしたけど成功失敗以前に交流できませんでした、それがわかったのが成果でした」って、個人にとっては成果でも企画としては企画倒れでしょう。まあ残りのメンバーで公演が続行できれば成功といえなくもないけど。失敗なら失敗で、失敗の理由を公開して共有して次に生かせないものか。

助成は、成功失敗いい悪いよりなにより、何をもって成功失敗企画逸脱かを判定する基準がない(あるいは公開されていない)のが嫌だ。あと思いついたんですけど、助成時に契約義務ってないんでしょうか。体調は尊重しても意見は尊重しません、って書いた契約書を交わしましょう。

|

« 兵頭裕己「演じられた近代」を読んだ | トップページ | キューブプレゼンツ「有毒少年」CBGKシブゲキ!! »

コメント

>匿名さん

コメントありがとうございます。ただ、真偽のほどをこちらで確認する術がないので、いただいたコメントは非公開とさせていただきます。ご了承ください。

投稿: 六角形(管理人) | 2013年1月22日 (火) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵頭裕己「演じられた近代」を読んだ | トップページ | キューブプレゼンツ「有毒少年」CBGKシブゲキ!! »