« さいたまゴールドシアター「ルート99」彩の国さいたま芸術劇場小ホール | トップページ | ストラスバーグ「メソード演技」とアドラー「魂の演技レッスン22」とマイズナー「サンフォード・マイズナー・オン・テクニック」を読んだ »

2011年12月23日 (金)

インド狂言

面白いものを見つけたので紹介。

 16世紀初め、ヴィジャヤナガル王朝のシュリークリシュナデヴァ・ラヤ王に仕えていたテナーリ・ラマンは、頓知話の主人公として有名である。彼の話のひとつを狂言にしてみた。古いことばだと思われるかもしれないが、これこそ同時代の日本語で、同時代の喜劇である。

これ、この前観た「柑子」の狂言のもう一ひねり版みたいなもの。海外の小話はネタの宝庫だけど、インドはまだ手付かずの話が多そうだから、野村萬斎におかれましてはインド狂言15分×10本でつくるインドシリーズとか企画してもらえるとよろしいのではないかと。

|

« さいたまゴールドシアター「ルート99」彩の国さいたま芸術劇場小ホール | トップページ | ストラスバーグ「メソード演技」とアドラー「魂の演技レッスン22」とマイズナー「サンフォード・マイズナー・オン・テクニック」を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さいたまゴールドシアター「ルート99」彩の国さいたま芸術劇場小ホール | トップページ | ストラスバーグ「メソード演技」とアドラー「魂の演技レッスン22」とマイズナー「サンフォード・マイズナー・オン・テクニック」を読んだ »