2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月22日 (日)

劇場、音楽堂等に関する基礎データ

以前コメント欄でやり取りしていた国の助成の話ですが、続きが出て紹介されていました

ここに、助成の話よりある意味もっと重要な基礎データがPDFで載っています。観客としてでも関係者としてでもいいので、自分が思いつく一番成功している(好きな、よく行く)劇場と、一番失敗している(嫌いな、二度と行かない)劇場を想像しながら読むと、いろんな情報が読取れていいと思います。

で、読みたいけど、風邪なのでパス。後で読む。

2012年1月18日 (水)

つまらないものをつまらないと書くのはむずかしい

たまたま読んだら、海外まで観にでかけたり批評を投稿したり英語を勉強したり、趣味を突詰めるとここまでやってしまうという見本のようなエントリーを見つけた。大阪に出かけるなんて遠征のうちにも入らない。

優れた批評を書けるようになるための前提条件としてひとつ掴んだと思っているのが、「自分はこの劇について何を論じたいのか」というスタンスを明確にする こと。それは、舞台を鑑賞しながら心に残った「引っかかり」を大事にして、それについてひたすら考え抜いてみることが元になるのでしょう。「引っかかり」 にひとつでも多く出会うためには、対象の舞台に様々な角度から関わる知識を持っていることが重要。その劇の戯曲の上演史、演出家・制作カンパニーの姿勢、 また現代演劇界の動向、それから文学・歴史・あとおそらく哲学の一般教養、更には現代の社会一般について知見を備えていることも、プロの演劇批評家にとっ ては必須なのでしょう。

全文はリンク先を読んでもらうとして、この引用文を読んだ人が、どこに興味を持ったか、あるいは持たなかったかを一度考えてからこの先を読んでほしい。

以下自分の場合。

自分はプロの批評家になるつもりも素養もないけど、これまで感想をブログを書いてきた経験から、引っかかりを大事にするという点にはとても共感を覚える。つまり前半部分にとても興味を持った。順番は違うけど似ている。

文句なしに面白かった芝居と、弁解の余地がないくらいつまらない芝居の場合はいいけれど、問題はひとつの芝居の中でいろいろな要素が玉石混合な場合。そしてそういう芝居はとても多い。

感想を生のまま持つのは、他の人はいざ知らず自分にはとても難しくて、芝居中に何か大きいインパクトがあると、それに引張られてしまう。特に、まあまあ無難な芝居の中にものすごい面白い要素が混じった場合、ついうっかり「面白い」と書いて、後で失敗したと反省することがたまにある。どのエントリーがとは言わないけど。

それを何度も繰返して覚えたのが、とにかく観終わった直後の第一印象に従うということ。見所がたくさんあったのに不満だったり、粗がたくさん目立ってもどこか揺さぶられたり、そういう第一印象を「引っかかり」として覚えておいて、帰りの道すがら、それはどうしてだったのかを考えて突止める。これは本当に最近覚えたことで、ターニングポイントは3ヶ月前の「イロアセル」の感想エントリー。エントリーの順序は前後するけど、その前にスタニスラフスキーの本を読んだ影響でそういう「引っかかり」を分析する「取っかかり」が見つけられていたのでそういう感想が書けた。

この2本のエントリーを書いてから、スタッフワークに言及することにあまりこだわらなくなった。学生時代にスタッフをやった経験からよくも悪くも気になることが多かったけど、人によって「あのパートがよかった、と言われた時点で目立ちすぎて失敗」と考える人もいるみたいだし、引っかかる箇所を突詰める過程で結果としてそれなりに触れることもあることがわかったので無理に気にすることはやめた。そうしたら、役者とスタッフの境目が消えて、全体的な感想に近づいて、「何が論じたいのか」に集中できることが増えた。そうやって書いたものが、後で読みかえして自分で面白いエントリーになったことを去年の年末に体験したのは、大げさにいうと人生のターニングポイントで、ああ感想ってこうやって言語化するものか、と実感できた。

そういう実感の後で考えると、その芝居がなぜ面白いか、またはつまらないかを書くのは、楽しいというのともまた少し違うけど、進んで書きたいと思える。そういう気持ちがあればこそブログをやっているわけだし。むしろその芝居がよかったか、つまらなかったか、そこで自分の第一印象を裏切らないように書くこと、特に、全体的によくできているように見えて不満を覚えた芝居を「つまらない」と判断して書くところが自分には一番難しい。他はさておき、芝居の感想については第一印象を裏切らないという経験をもっと積んで、自分の第一印象を信用できるようになりたいと思う。

ここまで書いてこのブログを検索したら、「つまらない」っていう単語を思ったよりもたくさん使っていました。今後は「つまらない」という単語を使わないでつまらなさが伝わるように工夫します。

ただし、第一印象の引っかかりを覚えたり突詰めたりすることと、それをよい文章に書くこととはまた別で、文章技術は技術としてもっと磨かないといけない。雑でもいいからわすれないうちに、感想はできるだけその日に書くようにしているので、時間が限られているなら長文になるほど雑になるのは当然のこと。でも、思いついたことをそのまま書いても、もう少し読みやすい文章になってもいいと思う。

それでこっち方面も勉強しないと駄目か、とか考えて、そうやってみんな勉強していくんでしょうね。引用元の管理人とは違って、自分の場合は趣味を趣味として維持したほうが自分のためになるという直感があるから、勉強の方向もまた違うだろうけど。

そのついでに何か英語を勉強したくなるような趣味を持ちたい。毎年イギリスに芝居見物に行く、とか勝手に目標を立てればいいのかな。

2012年1月14日 (土)

2011年の東京小劇場スケジュールがすごい

#10の観劇インプレッションで公開されています。「東京とその周辺で上演された、一般当日券が5000円以下の演劇公演」が2738件だそうです。こういうデータがまとめられているのはとても貴重。

欲を言えばチケット価格も残してあるとものすごい助かったけど、これだけのデータをまとめてくれた人にそこまで要求するのは強欲。5000円超の公演は上演している劇場が限られるし公演期間も長いものが多いだろうから、記録の残っている劇場なら自力で掘れるはず。あとで改めて読む。感謝。

2012年1月11日 (水)

Broadway Weekなんていう半額キャンペーンがあるらしい

ネタ元はこちら。英語のタイトルを見ただけで演目がわかるような公演がずらりと半額らしい。すごい。

やっぱりこういうの、すごい狭い範囲に一定数以上の劇場が固まっているからできるんだよな。

2012年1月 9日 (月)

引続き「東京原子核クラブ」の日程が半端すぎる

きたきた。なのに相変わらず東京公演の上演期間が短すぎる。けど今回は見逃したくない「東京原子核クラブ」が2012/06/27 - 07/01で俳優座劇場で上演予定。他、演鑑での他地域上演あり。

野田秀樹の「The Bee」がワールドツアーをできるならこれもできると思うんだけどな。ちまちまやらないで3ヶ月公演とかやればいいのに。

ちなみにこれは脚本というか戯曲本を買って読んだけど、いくつかマキノノゾミの注釈があったにも関わらず、この一見平易な脚本からあの舞台が立上がるプロセスがさっぱり理解できない。技術ってやつなんでしょうね。

PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO 2012」PARCO劇場

<2012年1月8日(日)昼>

35年間無遅刻の教師が人生で初めて授業に遅刻した理由とは「タイムトラブル」。雛人形作りを見学したいとフランス大使の妻と娘が突然田舎町にやってくる「メルシーひな祭り」。兄弟子に連れられて初めて行った吉原で出くわした花魁道中、太夫に一目ぼれした職人の恋煩い「紺屋高尾」。

年の初めらしい華やかな演目がそろって、出来もよし、文句なく屈託なく楽しめる3本。PARCOでやるときは演目が当日決まる場合と同じ場合とがあるのかな。今年は映像や舞台装置から、たぶん同じ演目で通すと思われる。

去年がひどかったから意識して明るい話を用意したらしい。4月ごろから糸井重里や矢野顕子と組んでいろいろやるらしい。こういうときに、体ひとつ楽器ひとつの芸を身につけた人たちの強さを感じる。

で、話は文句なく楽しんだのだけど、3本目の紺屋高尾、この話を「ないないありえない」とか否定せず、出来に文句なく楽しんだ自分の心が気になった。いい話だと純粋に感動したのか、よくできた作り話と割切って楽しんだのか、これこそニホンジンの考えるニホンの至高の恋愛という感性を味わって満足したのか。あれですよ、歌舞伎のイチョウは春でも黄色くないとイチョウじゃないと感じる日本人の、理想の型に近いことを尊ぶ感性。どういう楽しみ方をしたのか自分でもわからない。3つとも混じっていたんだと思う。

落語を聴いてこう考えるのが幸せなのかどうなのか。もっと素直に余韻を楽しめばいいのにと自分でも思う。でもこれからの世の中は、こういう考え方を訓練しておかないと困るだろうから素直に余韻を楽しむのはあきらめる。

2012年1月 5日 (木)

座・高円寺の劇場創造アカデミー

年末の芝居でもらったチラシを整理していたら座・高円寺の劇場創造アカデミーというのを見つけた。演技コースのほかに、舞台演出コースと劇場環境コースもあるところが自分には新鮮な2年制。講師陣も一部新国立劇場とかぶっているけどかなり豪華。大学や全国の公立劇場とも連携しているとのこと。ちょうど今月の15日に募集説明会を行なうらしい。試験を大阪でも実施するのは遠方の人にはよい対応(それでも遠方の人はいるけど)。

次の募集が4期生(であっているかな)なころに気がつく自分の反応も遅いけど、新国立劇場の演劇研修所と比べると、演技コースよりは舞台演出コースや劇場環境コースのほうに力をいれている印象を受ける。住分けるのと、競争するのと、どっちがいいんだろう。他にもさいたま芸術劇場だとゴールドシアター/ネクストシアターもあるし、世田谷パブリックシアターは頻繁に制作者や技術スタッフのセミナーも実施しているみたいだし。いつからこんなに流行りだしたんだろう。公立劇場は人材育成も使命だと目覚めたのか。たとえそれが真似でもいいので(単なる真似でここまでできるとは思っていない、ものの例えです)、このいろいろな環境から、誰が見ても大成功という例がひとつ(ひとり)でも出てくると弾みがついていいけど、どうだろう。あと5年先か。

話は変わって、こういう「日本の芝居勉強環境」「劇場の若手劇団育成」みたいな話は、変遷の真っ只中では忘れられがちだけど、後で面白い話になると思うので、誰か今からまとめてもらえると後でいろいろ役に立っていいと思う。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »