2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2011年下半期決算 | トップページ | PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO 2012」PARCO劇場 »

2012年1月 5日 (木)

座・高円寺の劇場創造アカデミー

年末の芝居でもらったチラシを整理していたら座・高円寺の劇場創造アカデミーというのを見つけた。演技コースのほかに、舞台演出コースと劇場環境コースもあるところが自分には新鮮な2年制。講師陣も一部新国立劇場とかぶっているけどかなり豪華。大学や全国の公立劇場とも連携しているとのこと。ちょうど今月の15日に募集説明会を行なうらしい。試験を大阪でも実施するのは遠方の人にはよい対応(それでも遠方の人はいるけど)。

次の募集が4期生(であっているかな)なころに気がつく自分の反応も遅いけど、新国立劇場の演劇研修所と比べると、演技コースよりは舞台演出コースや劇場環境コースのほうに力をいれている印象を受ける。住分けるのと、競争するのと、どっちがいいんだろう。他にもさいたま芸術劇場だとゴールドシアター/ネクストシアターもあるし、世田谷パブリックシアターは頻繁に制作者や技術スタッフのセミナーも実施しているみたいだし。いつからこんなに流行りだしたんだろう。公立劇場は人材育成も使命だと目覚めたのか。たとえそれが真似でもいいので(単なる真似でここまでできるとは思っていない、ものの例えです)、このいろいろな環境から、誰が見ても大成功という例がひとつ(ひとり)でも出てくると弾みがついていいけど、どうだろう。あと5年先か。

話は変わって、こういう「日本の芝居勉強環境」「劇場の若手劇団育成」みたいな話は、変遷の真っ只中では忘れられがちだけど、後で面白い話になると思うので、誰か今からまとめてもらえると後でいろいろ役に立っていいと思う。

« 2011年下半期決算 | トップページ | PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO 2012」PARCO劇場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年下半期決算 | トップページ | PARCO PRESENTS「志の輔らくご in PARCO 2012」PARCO劇場 »