« C.I.C.T./ブッフ・デュ・ノール劇場製作総指揮「魔笛」彩の国さいたま芸術劇場大ホール(ネタばれしてもいいよね) | トップページ | ヨーロッパ芸術の不景気な話 »

2012年3月29日 (木)

ヴォネガットの創作講座初級篇

こんなんみつけましたので引用しておきます。ヴォネガットってそういえば読んだことない。

《創作講座初級篇》
1.赤の他人に時間を使わせた上で、その時間は無駄でなかったと思わせること。
2.男女いずれの読者も応援できるキャラクターを、少なくとも一人は登場させること。
3.例えコップ一杯の水でもいいから、どのキャラクターにも何かを欲しがらせること。
4.どのセンテンスにも二つの役目のどちらかをさせること…登場人物を説明するか、アクションを前に進めるか。
5.なるべく結末近くから話を始めること。
6.サディストになること。どれほど自作の主人公が善良な人物であっても、その身の上に恐ろしい出来事を降り掛からせる――自分が何からできているかを読者に悟らせる為に。
7.ただ一人の読者を喜ばせるように書くこと。つまり、窓を開け放って世界を愛したりすれば、あなたの物語は肺炎に罹ってしまう。
8. なるべく早く、なるべく多くの情報を読者に与えること。サスペンスなぞくそくらえ。何が起きているか、なぜ、どこで起きているかについて、読者が完全に理 解を持つ必要がある。たとえゴキブリに最後の何ページかをかじられてしまっても、自分でその物語を締めくくれるように。

昔、ジェームズ三木が、テレビドラマは観ている人を逃がさないように最初から展開を早くする、舞台は遅れてくるお客様のために少しずつ展開する、って書いていたけど、定番の技術はあるんだろうな。

初めに伝えたいことありき、とは思うけど、伝えたいことがあることと、伝えたいことを上手に伝える技術とはまた別なので、技術をもっているにこしたことはない(別の考え方もあるけど、それはまた改めて)。観るほうとして技術を把握していたほうが幸せかどうかはわからない。似たような芝居を観て毎回驚けるならそれはそれで幸せかも。でも自分は知っておきたいほうの人。

脚本の書き方の本は、本屋ではたくさん見かけるけど、まだ読んでいない。あ、平田オリザの「演劇入門」は読んだ。どちらかというと映画の脚本の書き方のほうが本の数としては多い気がする。個別の技術から構成まで、何かお勧めの本があったら教えてほしい。

|

« C.I.C.T./ブッフ・デュ・ノール劇場製作総指揮「魔笛」彩の国さいたま芸術劇場大ホール(ネタばれしてもいいよね) | トップページ | ヨーロッパ芸術の不景気な話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« C.I.C.T./ブッフ・デュ・ノール劇場製作総指揮「魔笛」彩の国さいたま芸術劇場大ホール(ネタばれしてもいいよね) | トップページ | ヨーロッパ芸術の不景気な話 »