« 演出家と演技指導 | トップページ | 赤坂BLITZのライブ音源即売サービス »

2012年5月29日 (火)

線引きについて

何か盛上がっています、と書いたら被害者には失礼ですね。発端はおそらくこのTweet

【バナナ学園に関して②】メール『舞台上にいきなりあげられて、知らない男に胸をわしづかみにされて、下半身すり付けられてガンガンされて、それを他のお 客様に見せつけて笑われてパフォーマンスにされたことは本当に辛かったです。相手も段ボール被ってて誰かわからないし、土下座してもらいたい』

他の人の感想を読んでもあまりそういうことは書いていなかったので、どこまで本当かと思ったら、劇場が劇団と協議して謝罪の方向だということで、大筋は事実のようです。

演出家が公開で女優の胸を揉んだのは最近見たけど、ああいうのは見ているほうが反応に困る。その場にいる全員が「えー」って大声で突っ込んだから収まったのであって。

悪乗りして楽しむの観る側を楽しませるのとは違うということで、芸で観客を満足させる自信があるなら、線はきっちり引いたほうがいいです。

|

« 演出家と演技指導 | トップページ | 赤坂BLITZのライブ音源即売サービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 演出家と演技指導 | トップページ | 赤坂BLITZのライブ音源即売サービス »