2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 縦の通路 | トップページ | ネビュラの制作者インタビュー »

2013年10月 6日 (日)

ニューヨークシティーオペラが破産

記事を見かけたので探したけど、これが日本語だと一番わかりやすいのかな。CNNより。

発表によると、破綻回避のための700万ドルに加えて、今後の公演を続けるためには2013年末までに1300万ドル(約12億8000万円)を調達する必要があったという。

700万ドルのうちの100万ドルは、資金調達サイトを通じて一般から集めたい意向だった。しかし募集期間が終了した1日の時点で調達できたのは、約2000人から寄せられた30万ドルあまりにとどまった。これとは別に、150万ドルを調達していた。

オペラに親しんでもらうために25ドルのチケットも用意してがんばっていたらしいですが、その分だけ寄付金が必要だったようです。今シーズンの4本のうち、現在上演中のもので終わり、残り(本家サイトによれば3本)は中止するとのことです。

他に英語の記事でCBSを見つけました。

City Opera's endowment has shrunk from $48 million in 2008 to $5.07 million at the end of June 2012, according to tax records, its staff has been pared to 25 and its inventory of sets and costumes has been sold.

endowmentは寄付の訳であっているかな。2008年に4800万ドルあったのが2012年の6月(たぶん2011-2012シーズン終了後の意味)には507万ドルまで縮小、セットや衣装を売って、職員を25人にまで減らしていたそうです。CNNの記事だと、経費削減のためにそれまでの本拠地で建替えになったリンカーンセンター(2008-2009年に建替)を2011年に離れることにしたと書かれていますが、CBSの記事ではこれでシーズンスケジュールが滅茶苦茶になったこと、また有名どころのレパートリーを減らしてしまったことから、予想通りの金銭難に陥ったというコメントを載せています。

ただ、Chapter 11なので、上手くいけばあっさり復活の可能性があるはず。このまま解散になるかはわからないので、続報を待て、というところでしょうか。英語と現地事情に詳しい人がいたら補足をお願いします。

とにかく、世界どこでもオペラは金がかかるんだぞ、上演するだけでも大変なんだぞ、ということはひしひしと伝わりました。なんだかんだいって劇場立替て杮落としの3ヶ月で60億円を売上げてしまう歌舞伎ってすごいのだと改めて見直しました。ま、ブロードウェイ全体になると話は変わるのですが。

« 縦の通路 | トップページ | ネビュラの制作者インタビュー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 縦の通路 | トップページ | ネビュラの制作者インタビュー »