« こまばアゴラ演劇学校の無隣館が第二期開校のお知らせ | トップページ | 青年団「暗愚小傳」吉祥寺シアター »

2014年10月23日 (木)

2014年11月12月のメモ

早めにメモ。年末でいつもにぎやかなところにフェスティバル/トーキョーが重なってさらににぎやかに。削っても削りきれない。

・PARCO Production「紫式部ダイアリー」2014/11/01-11/30@PARCO劇場:何かこういうタイトルに惹かれるのですが、三谷幸喜脚本演出で斉藤由貴と長澤まさみの2人芝居
・M&O playsプロデュース「水の戯れ」2014/11/01-11/16@下北沢本多劇場、11/29-11/30@神奈川芸術劇場大スタジオ:くすぐるようなキャスティングの上手な岩松了の脚本演出の再演もの
・C.I.C.T./ブッフ・デュ・ノール劇場製作「驚愕の谷」2014/11/03-11/06@東京芸術劇場プレイハウス:ピーター・ブルックの最新作
・無名塾「バリモア」2014/11/03-11/16@シアタートラム:仲代達也がジョン・バリモアを演じる2人芝居
・新国立劇場制作「ご臨終」2014/11/05-11/24@新国立劇場小劇場:江波杏子と温水洋一の2人芝居がこのタイトルという点で気になる芝居をノゾエ征爾演出で
・ミクニヤナイハラプロジェクト 「桜の園」2014/11/13-11/17@にしすがも創造舎:前半後半で屋外と屋内と両方使うらしい
・こまばアゴラ演劇学校・無隣館「3 youths on the sand」2014/11/14-11/22@アトリエ春風舎:無隣館若手自主企画の短編3本のショーケースだけど、ちょっと気になったのでピックアップ
・Théâtre des Annales「トーキョー・スラム・エンジェルス」2014/11/14-11/24@青山円形劇場:日本の芝居だとあまり見かけない近未来モノをなかなか贅沢なキャスティングで
・あうるすぽっと+毛皮族共同プロデュース「じゃじゃ馬ならし」2014/11/20-11/24@あうるすぽっと:まだ観たことがないシェイクスピアなのでこのキャスティングなら観てみたい
・松本紀保プロデュース「海と日傘」2014/11/21-11/30@シアター風姿花伝:たしか評判のよかったはずの脚本を、自分でプロデュースまでやっているとは知らなかった松本紀保の出演で
・オルテ企画/アタリ・パフォーマンス主催「吉良ですが、なにか?」2014/11/21-12/14@下北沢本多劇場:これは伊藤四朗主演に三谷幸喜が書下ろした贅沢企画
・さいたまゴールドシアター「鴉よ、おれたちは弾丸をこめる」11/23-11/26@にしすがも創造舎:以前の上演を見逃したので観ておきたい今回は前後に海外公演をはさむ勢い
・ティルト制作「春風亭昇太独演会 オレスタイル」2014/11/26-11/28@紀伊国屋サザンシアター:今度は何をやるのかな
・青森中央高校演劇部「もしイタ ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら」11/28-11/29@にしすがも創造舎:畑澤聖悟脚本演出の全国高等学校演劇大会最優秀賞受賞作が、まさかの入場料無料
・イキウメ「新しい祝日」2014/11/28-12/14@東京芸術劇場シアターイースト:劇団員メインの新作
・てがみ座「汽水域」2014/11/28-12/06@シアタートラム:脚本の評判がよいので早めに観たいてがみ座だけど、演出の扇田拓也はちらしで結構名前を見かけるので、長く続くだけの何かがあるのか気になる
・城山羊の会「トロワグロ」2014/11/29-12/09@ザ・スズナリ:気になったころに1年休みに当たっていまだに観られない
・青山円形劇場プロデュース「雨の降る日は天気が悪い夕空はれて~よくかきくうきゃく~」2014/12/01-12/14@青山円形劇場:別役実の新作をKERAが演出別役実ダウンにつき再演に変更
・シス・カンパニー企画製作「鼬」2014/12/01-12/28@世田谷パブリックシアター:長塚圭史演出に豪華キャストで望む昭和初期脚本の東北の話
・新国立劇場制作「星ノ数ホド」2014/12/03-12/21@新国立劇場小劇場:こちらの2人芝居は浦井健治と鈴木杏に小川江梨子演出で
・Bunkamura/大人計画 企画製作「キレイ」2014/12/05-12/30@Bunkamuraシアターコクーン:初演で衝撃を受けて以来、変わらずに一番好きな台詞が入っている芝居はこれです
・PARCO Presents「海をゆく者」2014/12/08-12/28@PARCO劇場:前回観たので今回はパスするけど、同じキャスティングで再演なので年末に相応しいお勧め芝居です
・ミナモザ「みえない雲」2014/12/10-12/16@シアタートラム:いつも喧嘩腰なのが気になるけどいまだに観られないミナモザがチェルノブイリが舞台のドイツ芝居を
・POTSUNEN「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」2014/12/17-12/28@下北沢本多劇場:いまだに観られない小林賢太郎のひとり芝居

その他のメモ。
・11月のこまばアゴラ劇場は削ったけどこまばアゴラ劇場っぽいラインナップで注目
・フェスティバル/トーキョーの一環で3夜連続トーク「舞台芸術のアートマネジメントを考える」2014/11/17-11/19@シアターグリーンがあるので興味がある人はチェックを

フェスティバル/トーキョーの個別演目ページは観やすくてコピペもしやすいのでありがたいです。ここにささやかな感謝を。

<2014年11月3日(月)追記>

3本追加、公演内容変更につき1本修正。

|

« こまばアゴラ演劇学校の無隣館が第二期開校のお知らせ | トップページ | 青年団「暗愚小傳」吉祥寺シアター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こまばアゴラ演劇学校の無隣館が第二期開校のお知らせ | トップページ | 青年団「暗愚小傳」吉祥寺シアター »