2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年9月27日 (日)

カタルシツ「語る室」東京芸術劇場シアターイースト(若干ネタバレあり)

<2015年9月26日(土)昼>

ある山間の町。幼稚園の送迎中の運転手と園児1人が、山道にバスだけ残して消える事件が起きる。初動の警官は残されたカバンから消えた園児が甥であることに気が付くも、現場にいた不審な若者に逃げられ、人海戦術による探索も空しく2人の行方は不明のまま。5年後、事件を調べるためにやってきた霊媒師の車が盗まれて、その警官の勤める交番に届出に来たところから話は始まる。

5年間、ここに至るまでの経緯を描いた芝居はとても良いところに着地していたのだけど、全体に衝突よりもすれ違いを優先した仕上がりはちょっと食い足りない。最初は中嶋朋子が抜けきっていないように見えたのだけど、よく考えたら周りが追付いていなかったのかも。

甥の行方をつかむ手掛かりになるかもしれない容疑者を逃した警官はもっと悔やんでほしいし、父の手掛かりを探す兄妹にはもっと驚いてほしい。盗まれた車の行方は展開上重要になるけど、ちょっとその盗まれた理由は強引に過ぎるし、いろいろ時間軸が合わないような。2人が行方不明になった理由が大胆なだけに、その他の部分で強引な要素は脚本で取除いてほしかった。そのせいか、舞台となる町の規模とか時間帯がいまいち想像がつかなかった。見えても掴んではいけないという霊媒師の台詞が大本で、それをひっくり返してここまで話を創ったのだと推測するけど、そもそもチラシに書かれていた内容とは違う部分があったので、脚本を書き直して時間が足りなかったか。

あと、イキウメでなくカタルシツでやるから「地下室の手記」とか橋爪功の「犯罪」とか、あのくらい客席向けの台詞で埋めることを想像していたけど、思ったよりも普通の演劇の範囲に収まっていた。語りを担当している役者は会話台詞には参加せずに語るくらいゴリゴリに語ってもよかったのに。

文句ばっかり書いているけどある種の希望を感じさせる良い芝居です。なのに何で自分はこんなに面倒な客なんだろう。

2015年9月23日 (水)

KERA・MAP「グッド・バイ」世田谷パブリックシアター

<2015年9月22日(火)夜>

終戦から間もない東京。妻子を疎開させたまま、雑誌の編集長をつとめる傍ら、闇商売で大儲けして大勢の女性と愛人関係を持つ男。妻子を東京に呼び戻す前に関係を切ろうと、闇商売で知合った女性に妻のふりをさせ、一緒に愛人たちを訪問することで諦めてもらおうとするが・・・。

KERAの、軽いやり取りや間で笑いを取る脚本と、女優を生き生きとさせる演出手腕とが重なって、3時間超の長丁場なのに笑いまた笑い。見どころが多すぎる。太宰治は全然詳しくないし未完の原作も読んだことはないけど、たぶん原作よりこの芝居の方が面白い。

女優陣はそろって花も実もある演技だったので絞れない、観た人が気に入った人を挙げてほしい。もてる割に情けない主人公を演じた仲村トオルもよかったけど、いつになく山崎一が前に出てきて目を引いた。あと細かいことだけど、音源なのか機器なのか、音響がきれいだった。

気の滅入る話題の多い昨今、こういうコメディーを観るのは気晴らしにいい。チケット代は高いけど、こういう豪華な顔ぶれを実現するためにはしかたないので、たまには張りこむのも如何。スケジュールが合わない場合は10月に横浜公演もあり。

2015年9月16日 (水)

いまどき古典的な宣伝コメントを書かれても

前のエントリーにも書いたけど、もうすぐ上演する芝居で、それは再演なので以前私も観たことがあるのだけど、そちらのエントリーに上演予告のコメントをもらっていた。で、

制作者が実名で氏素性を明かして書いていたので怪しい内容ではないのですけど、こんな零細ブログで も宣伝だけのコメントはもらっても嬉しくありません。なのでコメント削除と合せて、今後の宣伝コメントをやめてもらう意図を込めて、本当は上記のメモに載 せる予定の芝居だったけど削除しました。

と書いたのだけど、今度は別の人なのかどうか、名前のない少し違う宣伝コメントとリンクがついていた。たぶん検索して該当の記事にたどり着いているのでいちいち他の記事まで読んでいない。これが続くと消すの面倒だから該当の記事はしばらく非公開にしてみた。

でも、いまどき簡単な挨拶とリンクだけをコメント欄にばら撒いて、それで宣伝というのはちょっと効率が悪いというか、それとも機械的に書いているからむしろ効率的なのか。受取った側からしたらそんなもんいらねーよ、となるだろうに。ちなみにこのブログはコメントは承認がないと表示されない設定にしているので宣伝になりません。

全然芝居が観に行けていない中で選ばないといけないところだけど、この芝居は止めます。面白い芝居だったけどもったいない。

2015年9月14日 (月)

2015年9月10月のメモ

すでに半月過ぎて終わっている芝居もありますけど、何かの参考になると思うので構わず載せておきます。

 

・こまつ座「國語元年」2015/09/01-09/23@紀伊国屋サザンシアター:一応ピックアップ
・範宙遊泳「幼女Xの人生で一番楽しい数時間」2015/09/02-0-9/07@こまばアゴラ劇場:チラシとタイトルでピックアップ、10月に名古屋あり
・梅田芸術劇場企画制作主催「夜への長い旅路」2015/09/07-09/23@シアタートラム:キャスティングだけでピックアップ
・ホリプロ主催「NINAGAWAマクベス」2015/09/07-10/03@Bunkamuraシアターコクーン:一度観ておきたいけどなあ
・On7「その頬、熱線に焼かれ」2015/09/10-09/20@こまばアゴラ劇場:最近評判だけどまだ観ていない劇団チョコレートケーキの作演コンビが女優だけのユニットに参加
・演劇系大学共同制作「カノン」2015/09/11-09/15@東京芸術劇場シアターイースト:前回が面白かったのでピックアップするけど、野田秀樹なら他にもあるだろという微妙な眼の付け所
・TRASHMASTERS「そぞろの民」2015/09/11-09/27@駅前劇場:これも硬派な作風と最近評判が上がって一度観たい劇団
・KERA・MAP「グッドバイ」2015/09/12-09/27@世田谷パブリックシアター、2015/10/17-10/18@神奈川芸術劇場ホール:太宰治は苦手だけどKERAとこのキャストなら受入れられるようになっていると期待
・ホリプロ企画制作「海辺のカフカ」2015/09/17-10/04@彩の国さいたま芸術劇場大ホール:最近ようやく村上春樹アレルギーが減ってきたけどどんなもんだか
・カタルシツ「語る室」2015/09/19-10/04@東京芸術劇場シアターイースト:イキウメ別プロジェクトの今回は劇団員に加えて中嶋朋子をゲストに
・木ノ下歌舞伎「心中天の網島」2015/09/23-10/07@こまばアゴラ劇場:最近活動が活発な割りにまだ観に行けない木ノ下歌舞伎
・赤坂ACTシアタープロデュース「志の輔らくご」2015/09/26-09/29@赤坂ACTシアター:演目は「大忠臣蔵」と「中村仲蔵」の2本立てとのこと
・こまつ座「十一ぴきのネコ」2015/10/01-10/17@紀伊国屋サザンシアター:長塚圭史の二度目の挑戦、だったか
・こまつ座「マンザナ、わが町」2015/10/03-10/25@紀伊国屋ホール:同時に上演するこちらは鵜山仁演出
・PARCO&CUBE Present「ダブリンの鐘つきカビ人間」2015/10/03-10/25@PARCO劇場:観たことあるし名作だけどこのキャストでG2がどこまで持っていけるか
・俳優座劇場プロデュース「月の獣」2015/10/04-10/13:栗山民也を演出に迎えていかにも重たそうな芝居、最初の2日はハーフチケット
・サンプル「離陸」2015/10/08-10/18@早稲田どらま館:脚本演出家も含めて3人だけの芝居
・世田谷パブリックシアター企画制作「針とアヘン」2015/10/09-10/12@世田谷パブリックシアター:ロベール・ルパージュの作演出だけど出演は別の役者2人
・企画製作Bunkamura「大逆走」2015/10/09-10/25@Bunkamuraシアターコクーン:キャストの割りにいまひとつ中身が想像つかない赤堀雅秋の新作
・てがみ座「地を渡る舟」2015/10/23-11/01@東京芸術劇場シアターイースト:長田育恵の名前を一躍知らしめた脚本が早くも再演で今回は観たい
・大人計画ウーマンリブ「七年ぶりの恋人」2015/10/29-11/29@下北沢本多劇場:劇団員ばかりですね
・FUKAIPRODUCE羽衣「橙色の中古車」2015/10/30-11/01@こまばアゴラ劇場:これも観たい劇団のひとつだけど今回は2日間だけの一人芝居

 

繰越芝居のメモはシス・カンパニー企画製作「RED」2015/08/21-10/04@新国立劇場小劇場、他に見逃したけどやっぱり観たかった「阿弖流為」2015/10/03-10/17@大阪松竹座で、「スカパン」2015/09/20-09/26@松本3会場日程要確認で。

 

この期間に上演する芝居で上演予告のコメントをもらっていました。制作者が実名で氏素性を明かして書いていたので怪しい内容ではないのですけど、こんな零細ブログでも宣伝だけのコメントはもらっても嬉しくありません。なのでコメント削除と合せて、今後の宣伝コメントをやめてもらう意図を込めて、本当は上記のメモに載せる予定の芝居だったけど削除しました。個人ブログとはそういう勝手なものなのでご了承ください。

 

<2015年9月23日(水)追記>

 

2本追加。

2015年9月 9日 (水)

日本の30代「ジャガーの眼2008」駅前劇場

<2015年9月5日(土)夜>

かつての事務所から独立した探偵。路地に転がした林檎の行く先を見届けてほしいと頼んだ依頼主は、自ら探偵の秘書になり探索に勤しむ。その先で見つけたのは、依頼主がかつて愛した男の眼を移植した男。

絶滅寸前のものすごく懐かしい小劇場の香りが漂う芝居。せまい駅前劇場で、力の入った美術と衣装のビジュアルを支えに、飛ぶ唾まで見えるような勢いを2時間最後まで押し通す。

言葉遊びとか登場人物とか、全体にふざけた要素は満載なのだけど、劇団の趣味か演出の方針か、真っ向勝負で役を立ち上げてくる役者のエネルギーがすごい。けど延増静美がほんの少しだけ外してくる場面が2回くらいあったのを観て、もっと遊び心を増やしてもよかったんじゃないかと思う。そうすると2時間では終わらないけど。それはそれとしてこの脚本を演出できる木野花の演出手腕はすごい。

舞台上で、メインで話している登場人物を他の役が取囲んで待機する場面が多くあったけど、男性陣は気配を殺すのに対して、女性陣は眼で演技を続けていて、女性陣のエネルギーに軍配。

何年かぶりの桟敷席で帰りから次の日まで腰が痛くなって、それだけで評価はマイナス200%。次からはぜひ全席椅子席で上演してほしい。

以下余談。エネルギーにあふれて、技術と経験が噛み合ってさらに伸びる贅沢な時期の役者がこれだけ集まっているのだけど、それがいま何で唐十郎なんだろう。小劇場らしい芝居ならそれぞれのホームで出来るだろうに。じゃあどんな芝居がいいかというとそれも思いつかない。古典は次は10年後でもいいと思うし、青年団系の芝居はそちらに任せておけばいいし、ウェルメイドのコメディも違う。新作をやる必要はないけど、せっかくこの年代の役者が揃っているなら、もう少し現代に添った芝居を選ぶか、現代との共通点のある芝居を選んでほしい。30代なんてあっという間に終わってしまうけど、この後どういう路線で行くんだろう。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »