2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« Bunkamura/こまつ座企画製作「ひょっこりひょうたん島」Bunkamuraシアターコクーン | トップページ | 2015年下半期決算 »

2015年12月31日 (木)

2016年1月2月のメモ

11月12月がお腹いっぱいだったので本数が少なくて見落としがあるんじゃないかと疑われる。

・パルコ企画制作「志の輔らくご in PARCO 2016」2016/01/05 - 02/02@PARCO劇場:1日1公演になって昼公演の数も減って、ますます激戦が予想される

・Bunkamura主催/企画製作「元禄港歌」2016/01/07 - 01/31@Bunkamuraシアターコクーン:豪華キャスティングとは別に、そろそろ蜷川幸雄を熱心に観た方がいい気がしてきたので

・新国立劇場演劇研修所「噛みついた娘」2016/01/08 - 01/13@新国立劇場小劇場:三好十郎脚本の中でも軽い方らしい

・田上パル「合唱曲第58番」2016/01/17 - 01/27@こまばアゴラ劇場:タイトルと案内文に魅かれてピックアップ

・二兎社「書く女」2016/01/21 - 2016/01/31@世田谷パブリックシアター:主演は寺島しのぶから黒木華に交代、初演で観たときには長くて地味な芝居だった覚えがあるけどピックアップ

・ONEOR8「そして母はキレイになった」2016/01/27 - 2016/01/31@シアタートラム:再演モノ拾いでピックアップ

・ハイバイ「夫婦」2016/01/24 - 02/04@シアターイースト:新作家族ネタの第3弾は父親の死に絡んで

・マキーフン「胎内」2016/01/27 - 01/31@SPACE梟門:長塚圭史が以前やっていた三好十郎の脚本

・野田地図「逆鱗」2015/01/29 - 03/13@東京芸術劇場プレイハウス:新作でまだ内容が伝わっていなくて、そういう場合は空振の可能性が高いけど、2か月公演なら観ておきたい

・世田谷パブリックシアター企画制作「同じ夢」2016/02/05 - 2016/02/21@シアタートラム:ちょっと外してきそうな予感のする赤堀雅秋と実力派のキャスティングとの綱引き

・公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団主催・企画・制作「蜷の綿」蜷川幸雄演出版 2016/02/09 - 02/28@彩の国さいたま芸術劇場インサイドシアター、藤田貴大演出版 2016/02/11 - 02/25@彩の国さいたま芸術劇場小ホール:これは両方観たいけど観られるか 蜷川幸雄の体調不良につき両方延期、代替公演は以下

・さいたまネクスト・シアター×さいたまゴールド・シアター「リチャード二世」2016/02/18 - 02/28@彩の国さいたま芸術劇場インサイドシアター、マームとジプシー「『夜、さよなら』『夜が明けないまま、朝』『Kと真夜中のほとりで』」2016/02/18 - 02/28@彩の国さいたま芸術劇場小ホール:代替公演は去年上演して今年4月に海外公演予定のリチャード二世と、過去作品を3作再構成したマームとジプシーとで

・劇団民藝「光の国から僕らのために」2016/02/10 - 02/21@紀伊國屋サザンシアター:畑澤聖悟脚本で、ウルトラマン立役者の金城哲夫を描いて、ピグモンも出るらしいのでピックアップ

他に小林賢太郎の「うるう」都内公演が2016/02/17 - 02/29@下北沢本多劇場で。

当日券派なのだけど、観られる時間が減ってきたところに、観たい公演が人気で観損ねることがあって、チケット予約派に転向しようか検討中。そうすると前売券発売期間に備えて目配りの必要な期間が延びるので面倒なのがまた、ためらわれる。

<2016年1月20日(水)追記>

文字化けを修正、一部初日順に並んでいなかったものを修正。1本追加。

<2016年1月23日(土)追記>

蜷川幸雄の体調不良による公演中止と代替公演の情報を反映

« Bunkamura/こまつ座企画製作「ひょっこりひょうたん島」Bunkamuraシアターコクーン | トップページ | 2015年下半期決算 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Bunkamura/こまつ座企画製作「ひょっこりひょうたん島」Bunkamuraシアターコクーン | トップページ | 2015年下半期決算 »