2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 製作環境と保険の話 | トップページ | M&Oplaysプロデュース「家庭内失踪」下北沢本多劇場 »

2016年3月12日 (土)

2016年3月4月のメモ

4月に心くすぐる企画が多いですけど、5月6月がまた多い。時間が足りない。

 

・てがみ座「対岸の永遠」2016/03/04-03/30@シアター風姿花伝:気になる脚本家の微妙そうな内容のロングラン
・劇団☆新感線「乱鶯」2016/03/05-04/01@新橋演舞場:今回は倉持裕を脚本に迎えての演舞場
・新国立劇場主催「焼肉ドラゴン」2016/03/07-03/27@新国立劇場小劇場:3部作連続上演の1本目で、この機会に観ておきたい
・梅田芸術劇場企画制作「ETERNAL CHIKAMATSU」2016/03/10-03/27@Bunkamuraシアターコクーン:脚本と演出と出演者と近松の組合せが想像できない話題作
・M&Oplaysプロデュース「家庭内失踪」2016/03/11-03/23@下北沢本多劇場:すでに観たけど岩松了らしさ全開
・パルコ企画製作「ショーガール」2016/03/13-03/22@PARCO劇場:三谷幸喜の二人芝居で観たいのだけど
・イデビアン・クルー「ハウリング」2016/03/18-03/20@世田谷パブリックシアター:今回は無理だしダンスは苦手だけど一度は井出茂太の舞台を観たいというメモも兼ねてピックアップ
・名取事務所製作「記念碑」2016/03/23-03/27@「劇」小劇場:ちょっと気になるメンバーの二人芝居
・ミクニヤナイハラプロジェクト「東京ノート」2016/03/24-03/28@吉祥寺シアター:東京ノートはよい芝居だけど、微妙に時世が近くなっている
・ホリプロ企画製作「イニシュマン島のビリー」2016/03/25-04/10@世田谷パブリックシアター:マーティン・マクドナーの芝居は観て鬱々とした気分になるものが多いのでスケジュールと体調次第で
・劇団東演「兄弟」2016/03/30-04/03@あうるすぽっと:これは小説が面白いという話を聞いたことがあるのでピックアップ
・PARCO PRODUCTION「猟銃」2016/04/02-04/24@PARCO劇場:なぜか最近PARCOに気に入られている中谷美紀の一人芝居
・地人会新社「海の風景」2016/04/03-04/10@シアタートラム、2016/04/14-04/17@神奈川芸術劇場大スタジオ:串田和美が草笛光子の相手役も兼ねる四人芝居
・ハイバイ「おとこたち」2016/04/04-04/17@東京芸術劇場シアターイースト:観れば面白いに決まっているのでスケジュール次第
・劇団民藝「二人だけの芝居」2016/04/04-04/21@東京芸術劇場シアターウエスト:奈良岡朋子と岡本健一の二人芝居ということで、奈良岡朋子を一度くらい観ておきたい
・新国立劇場主催「たとえば野に咲く花のように」2016/04/06-04-24@新国立劇場小劇場:3部作連続上演の2本目でこれだけ鈴木裕美演出
・シスカンパニー企画製作「アルカディア」2016/04/06-04/30@Bunkamuraシアターコクーン:トム・ストッパードの脚本を栗山民也演出で、寺島しのぶのドタキャンから貫禄復帰の経緯に関心を持つのは悪い人
・青年団+こまばアゴラ演劇学校無隣館「カガクするココロ」「北限の猿」2016/04/07-04/24@こまばアゴラ劇場:この2本の組合せは以前に観たけど青年団未見の人ほど青年団入門編として強くお勧めしたい
・劇団昴「ヴェニスの商人」2016/04/09-04/28@Pit昴:まだ観たことがないシェイクスピア芝居が鵜山仁演出ならこの機会に観たいのだけど場所が遠い
・ニッポン放送主催「TSURUBE BANASHI 2016」2016/04/13-04/17@世田谷パブリックシアター:たまに聴けるものなら聴きたい
・FUKAI PRODUCE 羽衣「イトイーランド」2016/04/14-04/24@吉祥寺シアター:前回の一人芝居は面白かった
・劇団青年座「フォーカード」2016/04/15-04/24@紀伊国屋ホール:鈴木聡脚本に宮田慶子演出でピックアップ
・月刊「根本宗子」「忍者、女子高生(仮)」2016/04/23-05/01@ザ・スズナリ:いつの間にかスズナリまで来ている根本宗子
・ワタナベエンターテインメント+文化放送主催「たまにはふたりで/四朗チャンと万里子チャン」2016/04/27@下北沢本多劇場:1日昼夜の2公演だけ
・Wけんじ企画「ザ・レジスタンス、抵抗」2016/04/28-05/11@こまばアゴラ劇場:冗談みたいな名前の企画だけど役者は全員青年団なので結構期待している

 

 

先に1本観るくらいに遅れてしまった。全部で1時間くらいかと思っていたけど、時間を計ったらやっぱり3時間くらいかかる。一気に書く時間が取れないから調べるのとまとめるのとを分けたらまとめる時間がなかなか取れない事態に。それでまとめるのをさぼっていたらいざ観に行ける機会が来たときに観られる演目の調査に困って、調べた結果を見返すために時間が取られるという悪循環。難しい。

 

あと、少人数芝居が多いのは、予算がないから役者を絞って、その人数に見合った脚本がないから海外調達、って流れでしょうか。こんな想像ばっかりするのは嫌な観客の証拠だ。

 

<2016年3月12日(土)追記>

 

抜けていた演目を追加して、いろいろ添削。

 

 

« 製作環境と保険の話 | トップページ | M&Oplaysプロデュース「家庭内失踪」下北沢本多劇場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 製作環境と保険の話 | トップページ | M&Oplaysプロデュース「家庭内失踪」下北沢本多劇場 »