2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« ハイバイ「おとこたち」東京芸術劇場シアターイースト | トップページ | 追悼蜷川幸雄 »

2016年5月 1日 (日)

2016年5月6月のメモ

数は少なくてもぜひ観ておきたい芝居が満載の2か月。

・うさぎストライプ「わかば」2016/05/01-05/09@アトリエ春風舎:コピーのわりに不安を誘うような雰囲気に惹かれてピックアップ
・イキウメ「太陽」2016/05/06-05/29@シアタートラム:蜷川演出に映画化に小説に、ときて本家の上演
・Bunkamura主催/キューブ企画製作「8月の家族たち」2016/05/07-05/29@Bunkamuraシアターコクーン:KERAのコクーン芝居は舞台で受賞して映画化もされた翻訳もの
・ティーファクトリー主催「愛情の内乱」2016/05/12-05/25@吉祥寺シアター:白石加代子主演に惹かれて
・DULL-COLORED POP「演劇」「DULL-COLORED POP名作短編集」2016/05/12-05/29@王子小劇場:活動休止公演は新作と短編2本の両公演で
・劇団俳優座「反応工程」2016/05/13-05/22@紀伊國屋ホール:宮本研脚本の珍しそうな芝居
・パルコ企画製作「ボクの穴、彼の穴。」2016/05/21-05/28@PARCO劇場:元は松尾スズキが翻訳した絵本と聞くと怪しいタイトルに見えるけど戦場の塹壕の話を2人芝居で
・赤坂ACTシアタープロデュース「志の輔らくご」2016/05/26-05/29@赤坂ACTシアター:前半に大忠臣蔵、後半に中村仲蔵という忠臣蔵尽くし
・オフィスコットーネプロデュース「埒もなく汚れなく」2016/06/01-06/12@シアター711:瀬戸山美咲の新作は早くして亡くなった関西演劇界の脚本家・大竹野正典の話
・文学座「何かいけないことをしましたでしょうか?と、いう私たちのハナシ。」2016/06/03-06/12@紀伊國屋サザンシアター:女ばかりの芝居を鵜山仁演出で
・シス・カンパニー企画制作「コペンハーゲン」2016/06/04-07/03@シアタートラム :超硬派の翻訳もの3人芝居に超豪華なキャスティングを迎えて小川絵梨子演出で200人規模の小劇場で上演とか今ではシスカンパニー以外にはできない企画
・松竹/Bunkamura主催製作「四谷怪談」2016/06/06-06/29@Bunkamuraシアターコクーン:今まで見逃していた四谷怪談がコクーン歌舞伎なら観ておきたい
・新国立劇場主催「あわれ彼女は娼婦」2016/06/08-06/26@新国立劇場中劇場:これも名前だけ知っていて観られていない芝居が栗山民也演出なら観ておきたいけど、貸切含めて日程が微妙なので注意
・劇団東京乾電池「ただの自転車屋」2016/06/22-06/29@下北沢本多劇場:柄本明を含めて創立メンバーの出演
・Ex Machina製作「887」2016/06/23-06/26@東京芸術劇場プレイハウス:出演もロベール・ルパージュの一人芝居と聞くとぜひ観たい
・青年団「ニッポン・サポート・センター」2016/06/23-07/11@吉祥寺シアター:平田オリザの新作

どうやってスケジュールをやりくりするのか考え物。

« ハイバイ「おとこたち」東京芸術劇場シアターイースト | トップページ | 追悼蜷川幸雄 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイバイ「おとこたち」東京芸術劇場シアターイースト | トップページ | 追悼蜷川幸雄 »