« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月22日 (水)

新国立劇場の演劇部門次期芸術監督は小川絵梨子

初代が栗山民也、2代目が鵜山仁、3代目が宮田慶子と来て次も新劇に近い演出家になるかと思っていたのだけど、一転アクターズスタジオ出身者。翻訳ものを中心に新国立劇場を含む公立劇場での演出も多かったし今も世田谷パブリックシアターで「コペンハーゲン」をやっていますけど、第一印象は抜擢人事ですね。公式より。

1978年、東京生まれ。2004年、アクターズスタジオ大学院演出部卒業。

06-07年、平成17年度文化庁新進芸術家海外派遣制度研修生(在ニューヨーク)。

主な受賞歴に2010年第3回小田島雄志・翻訳戯曲賞、12年第19回読売演劇大賞(杉村春子賞・優秀演出家賞)、13年第48回紀伊國屋演劇賞個人賞、第16回千田是也賞、14年第21回読売演劇大賞(優秀演出家賞)、15年第41回菊田一夫演劇賞などがある。

演劇部門のいろいろな劇場の芸術監督を眺めるに、求められるスキルとしては現場を納得させる演出技術と、今の時流を見極めてラインナップを決めて予算を配分して名実ともにあるキャスティングを実現する制作に近い技術と、それを偉い人たちに納得させてあわよくば追加の予算を取って周辺企画まで展開させる折衝能力の3つ、加えて客を呼ぶところまで面倒見ろよってあたりでしょうか。

歴史の転換点になるような出来事が連発して、日本だけに引きこもっているつもりでも自然と海外とつながりができてしまうから常に外も見なくてはいけないこの時代に、海外の現場を実地に知っているアドバンテージと、そこで培われた異文化相手のコミュニケーション能力とで、目的意識を正しく説明しつつ物事を引張っていくだけの馬力を、働き盛りの演出家に賭けてみた、みたいなもっともらしい推測ですけど、どうなんでしょう。

昔は芸術監督なんて肩書きを聞いたときは何やるんだと思ったけど、長く見ているとかみ合った事例にも出会えます。最近だと東京芸術劇場は野田秀樹が芸術監督になってから観たくなる演目が確実に増えました。中劇場は自分や他所で集客力のある演目が出てきて、今では貴重な200人規模のきれいな小劇場2つは上演団体の顔ぶれががらっと変わって、オペラまで翻案している。あの地味だった劇場と同じとは思えない。遊眠社コンビの面目躍如という感じです。新国立劇場は翻訳ものが多い劇場ですけど、そこがどう変わっていくのか注目です。やっぱり組織はよくも悪くもトップのカラーと器の大きさが反映されるので。

もうひとつ。芸術監督を設けている最近の公立劇場は、魅力的なラインナップで客を呼ぶことに重きを置く劇場と、キャストやスタッフの育成に重きを置く劇場とに分かれています(独断)。新国立劇場は研修所を持っているのもあって育成重視だと思っていますけど、これがどうなるかにも注目です。経験者としてはあの有益な研修資源がもう少し開放的になってほしいのですけど、さすがにそれは無理か。

準備期間の参与2年、その後4年なので、オリンピック前後ですね。海外はともかく、国内はそこが一番反動の予想される時期なので、どれだけ時代感と存在感を出せるかに期待。

追記。書いてから見つけましたけど、準備期間すら始まってもいないのにいきててよかったとかいくらなんでも大げさな。芸術監督になったか(Be)じゃなくて芸術監督としてこれから何をやるか(Do)でしょうに。お茶飲んで落着かれたし。

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

火災報知機で上演中止とか恐ろしい

劇団民藝はこの前観たばかりなので自分のときでなくてよかったと思います。スポーツ報知より

 劇場内にいた人によると、開演から約30分たった午後7時8分ごろ、炭坑労働者たちがそれぞれの絵画を見せるスライドでの場面中、けたたましいサイレンのような音が鳴り響いた。客席が騒然となる中、一時中断が告げられ、その約30分後の同7時40分ごろ、この日は公演中止にすることが劇団から発表された。

 一時、煙のようなものが発生したという情報も流れたが、その後「異常はありませんでした」と同ビル館内にアナウンスされた。現在、原因を調べているが、火災報知器の誤作動とみられる。明日以降は予定通り上演。この日の公演は振り替えて行う。

最近では公演前にこの劇場は耐震性があるから地震が来ても大丈夫、席で待って係員の誘導に従ってください、というアナウンスを流すところが多いけど、火事だと事情は変わる。紀伊國屋サザンシアターは表で観客が見える場所の階段が細くて、あとは高島屋への連絡通路だけど、火事の火元によってはそっちに逃げられるか不明。30分も待って本当に火事だったら危ないから、自分がいたら慌てて逃げてパニックを誘発していたかもしれない。非常階段とか舞台側の階段とかあると思うけど、400人近く入る劇場なので誘導の手際が求められる。

で、思い出すのが四季劇場の話。エントリーがないのでバックアップからコピペします。今年や去年の話ではなく、2004年に「スルース」を観たときの話です。今読返してもこの感想は変わりません。今回はどうだったんだろう。

もうひとつ、上演中の各扉に係員が待機しているのですが、それぞれスピーカーと懐中電灯を常備しているのは新鮮でした。上演中に非常灯を消して、何かあったら係員の誘導に従うというのはよく見かけますが、そのための備えをしているのは初めて見ました。よく考えたら、そういう装備がないと非常時には誘導も出来なくなる恐れがあります。ちょっと考えてみましたが、過去にはキャラメルボックスのシアターアプル公演で「地下で入口も狭いから非常時には舞台上手奥の搬出口も使います」と前説をしていたくらいで、実際にここまで気をつけている劇団は皆無ではないでしょうか。これこそ客商売のプロだなと感心しました。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »