« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月30日 (金)

2016年下半期決算

恒例の年末決算です。

(1)Bunkamura企画製作「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」@Bunkamuraシアターコクーン

(2)On7「ま○この話~あるいはヴァギナ・モノローグス~」@神奈川芸術劇場大スタジオ

(3)パルコ企画製作「母と惑星について、および自転する女たちの記録」@PARCO劇場

(4)パルコ企画製作「ラヴ・レターズ」@PARCO劇場

(5)葛河思潮社「浮標」神奈川芸術劇場大スタジオ

(6)世田谷パブリックシアター/エッチビイ企画制作「遠野物語」世田谷パブリックシアター

(7)劇団チョコレートケーキ「治天ノ君」シアタートラム

(8)新国立劇場演劇研修所「ロミオとジュリエット」新国立劇場小劇場

(9)KERA・MAP「キネマと恋人」シアタートラム

(10)(11)新国立劇場主催「ヘンリー四世(第一部、第二部)」新国立劇場中劇場

(12)シス・カンパニー企画製作「エノケソ一代記」世田谷パブリックシアター

以上12本(ヘンリー四世は別々でカウント)、隠し観劇はなし、チケットはすべて公式ルートで購入した結果

  • チケット総額は77040円
  • 1本当たりの単価は6420円

となりました。上半期の11本とあわせると

  • チケット総額は150040円
  • 1本あたりの単価は6523円

です。小劇場から始めてプロデュース公演になった人たちに偏ったラインアップなのは、新規開拓する余裕がなかったからです。そしてプロデュース公演は高い。けど他の予定を優先した時期もあれば都合で観られない時期もある。ならば空いた時間を金で叩くしかないと割切って、上半期よりさらに単価が上がるのはしょうがないと諦めました。意地になって芝居見物を続けているような面もあってこれだけ観ましたが、普通の人はこうなったら芝居の優先順位を下げてそのまま遠ざかっていくんだろうと実感しています。

そして偏ったラインナップの中でも上半期に比べると仕上りにばらつきが多く、こちらの体調不良もあいまって、後半失速気味でした。素直に満足した芝居Aと、不満はあっても最終的には満足した芝居Bと、面白かったけどどこか不満の残る芝居Cの3パターンあって、芝居Bと芝居Cが多かった。数少ない芝居Aは(2)(5)(6)、次点で(4)(10)(11)です。何度も上演された脚本の芝居が多いです。1本だけ選ぶなら(5)。(7)(9)の評判がいいのですけど、自分には芝居Cでした。こんなに自分の感想と世間の評判とがずれるとは思いませんでした。別にずれてもいいのですが、(7)はともかく(9)はこちらの体調以上の理由が突き止められないのが情けないです。

でも通年で一番は上半期の野田地図の「逆鱗」です。あの、雑魚が一番具体的に詳しくてトップは目標も具体的情報も持っていなくて、その情報格差を認められないばかりにトップが適当な判断を出して、その矛盾が下にくる話は今も普通に見かける光景で、私がいろいろ疑問に思っている内容のひとつ。日本社会のよくないところのひとつをあれだけ上手に描いたのは素晴らしい。

下半期のニュースはPARCO劇場が立替のため閉館したこと。思い返せば(3)はやっぱりPARCO PART1-3とセゾンまたは堤清二を模した芝居ですよね。あと、さいたま芸術劇場の蜷川幸雄の後任は予想を外して吉田鋼太郎に決まりましたが、後を追うように平幹二郎がなくなったこと。ある時代で育った世代が確実に亡くなっています。それに出演者インフルエンザによる公演期間中短期上演中止。(9)は当初観に行こうとした日がそれに当たって急遽予定変更しましたが、別のスケジュールにしわ寄せが来ました。他に神奈川芸術劇場の「ルーツ」も、ここなら観られたという日が上演中止に当たって、結局見送りになりました。両方とも公立劇場プロデュースだからできたのかもしれませんが、興行収入直撃を覚悟して上演中止にした制作側の判断は正しいので支持します。が、やはり役者は体が資本なので、公演期間中の体調はぜひとも万全に整えてほしいです。体力が落ちている私にとっては勝手なお願いになりますけど。

キーワードは体力です。2017年は体を鍛えて体力を取戻さないといけない。2016年から4-5年は、後で振返れば教科書に載るくらい時代が動いた年になります。そこを過ごすためにはまず体力。体力がないと芝居も観られない。芝居を楽しめないレベルではなく、そもそも劇場まで行けません。実際に体力切れで見送った芝居が何本かありました。体力が落ちると心も弱って、心が弱ると新しいものへの興味がなくなるどころか拒否反応が出たり、より弱いものへのはけ口を探すようになってしまいます。そこは自分で注意を払わないといけません。そうやって鍛えた体力で観た芝居から、どこまで多様性についての興味と寛容の心を養えるか。今の私に多少なりとも寛容の心があるとすれば、その一部には長年観てきた芝居から受けた影響が間違いなくあります。そんな説教臭い心構えで観たって芝居はつまらないので実際にはただ観に行くだけですが、それを途切れさせるのはもったいない。

そして芝居には、時代に負けない強さ厚さを備えることを期待します。事実は小説より奇なりを地で行くような時代に、繊細すぎる芝居やその場のノリでふざけるような芝居は、観なければよかった気分になります。別に繊細さやノリが悪いのではなくて、それがどれだけのいろいろな蓄積に裏打ちされているか、です。劇団全盛期だと劇団内の活動が一種それを裏打ちしたのでしょうし、蜷川幸雄くらい頻繁に仕事をしていれば少なくともスタックワークに隙はなかったでしょうけど、プロデュース公演ではどうしても脚本、演出、役者という基本構成要素に、その中でも直接客席と接する役者個人個人に求められる比重が高くなります。最近のテレビドラマは視聴率が悪い場合はすべてが出演者の責任にされるので主役を演じる役者のプレッシャーがきついという話をどこかで読みました。裏打ちを作るのに一番必要な「時間」が絶対的に足りない世界では、残念ながらそういう構造になってしまいます。舞台の場合、劇団が最適解なのかどうかは意見が分かれますが、何らかの工夫で乗りきってほしいです。

話がいろいろ飛びましたが今回はこのくらいで。気になる芝居を観るには30本でも足りないのはここ数年の経験で確定になりました。去年の見込み通り、今年は観劇頻度も更新頻度も低調になってしまい、来年もこの傾向は続く予想です。それでも毎年2桁本数は芝居を観続けるつもりなので、引続き細く長くのお付合いをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2017年1月2月のメモ

小劇場出身者は客が付くからニッパチに回しておけ、みたいな意図を感じるラインナップ。

・青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場企画制作「高校演劇サミット2016」2017/01/07-01/09@こまばアゴラ劇場:一度観たら面白かったのでピックアップ、甲府南はその時も出ていた

・地人会新社「豚小屋」2017/01/07-01/15@新国立劇場小劇場:栗山民也演出の2人芝居

・俳優座「病は気から」2017/01/11-01/22@俳優座劇場:モリエールの古典だけど昔テアトルエコーで観て面白かったのでピックアップ

・パルコプロデュース「キャバレー」2017/01/11-01/22@EXシアター六本木、2017/01/26-01/29@神奈川芸術劇場ホール:青山劇場版は絶賛したけど今回は主役の長澤まさみが心配材料

・木ノ下歌舞伎「隅田川・娘道成寺」2017/01/13-01/22@こまばアゴラ劇場:踊りもの2つ

・野田地図「足跡姫」2017/01/18-03/12@東京芸術劇場プレイハウス:勘三郎へのオマージュだそうです

・おふぃす3○○「鯨よ!私の手に乗れ」2017/01/18-02/05@シアタートラム:くせもの揃いのキャスティング

・二兎社「ザ・空気」2017/01/20-02/12@東京芸術劇場シアターイースト:タイトルだけで言いたいことが伝わるのだけどひとつの名詞にここまで感情が付いてしまうのか

・アマヤドリ「銀髪」2017/01/26-01/31@下北沢本多劇場:あらすじが面白そうなのでピックアップ

・庭劇団ペニノ「ダークマスター」2017/02/01-02/12@こまばアゴラ劇場:こちらはあらすじだけで怪しい雰囲気が漂う

・TRASHMASTERS「たわけ者の血潮」2017/02/02-02/12@座・高円寺1:一度観たいけどまだ観られない

・Bunkamura/キューブ企画製作「陥没」2017/02/04-02/26@Bunkamuraシアターコクーン:東京オリンピック前を描くKERAの昭和三部作完結編、なのかな

・新国立劇場演劇研修所「MOTHER」2017/02/10-02/15@新国立劇場小劇場:マキノノゾミ脚本の宮田慶子演出って最近あまりない

・世田谷パブリックシアター企画制作「お勢登場」2017/02/10-02/26@シアタートラム :江戸川乱歩の短編を倉持裕がまとめる

・カタルシツ演芸会「生きてる時間」2017/02/15-02/18@あうるすぽっと:落語とのコラボレーションらしいけどちょっと公演期間が短い

・M&Oplays製作「皆、シンデレラがやりたい」2017/02/16-02/26@下北沢本多劇場:根本宗子でこのタイトルはすでに嫌な女の話を予感させる

・ロシア国立サンクトペテルブルグ マールイ・ドラマ劇場「たくらみと恋」2017/02/18-02/19@世田谷パブリックシアター:現代ドイツ版「ロミオとジュリエット」とか煽られて興味が湧いたのでピックアップ

5本観られたら上等、あとは時間と体力と運次第。最近は昼上演に偏っているので、この日の夜に上演していたら観られたのにっていうのが結構ある。

| | コメント (0)

シス・カンパニー企画製作「エノケソ一代記」世田谷パブリックシアター

<2016年12月23日(昼)>

喜劇役者榎本健一ことエノケン、にあこがれてエノケ「ソ」として一座で巡業生活を送る男。座員は妻、相手役兼スタッフ一切の男、脚本家兼マネージャ一切の男、の4人だけ。興行元の誤解や妥協に付けこんでの巡業なのでトラブルも多いがあの手この手で乗りきっていく。しかし本物のエノケンに問題が起きたら偽者はどうするべきか・・・。

どんなものだろうと観に行って、普通に観ればよくできているけど不満の残る出来。期待していたハードルはもっと高い。

満足したのはなんといっても吉田羊。脚本に魂を吹きこんで確実に芝居を一段上に上げていた。笑いをきっちりとって、偽者の夫を支える妻役の座中の立場もきっちり見せて、その分ラストで涙を誘う。カーテンコールの拍手の半分は吉田羊向け。脚本もおいしかったかもしれなけど、それ以上に仕上げていた。浅野和之と春海四方もいい感じ。浅野和之は「まともなヤツと付きあうのはもう飽きた」って台詞(聞きようによっては肝の台詞)で一部の客が吹いたのにつられて、一瞬詰まっていた。名手浅野和之の珍しいとちり。

あと、今回は3階サイドの席で観たのだけど、舞台がセンターに固めてあって、見切れが全然なかった(上手の端だと2場の黒板だけ見えなかったかも)。結構広い劇場なので目一杯使いたくなるところ、コンパクトに抑えてしかも小さく感じさせないのは親切かつ見事。

不満は3つあって、ひとつは猿之助。1月に観たのと同じ役者とは思えないオーラのなさで、脚本に書かれていることは全部やるけど書かれていないことは一切やらない、みたいな演技だった。偽者のオーラのなさまで演じたのかもしれないけど、それはそれとして、観客を揺さぶってほしい。あれじゃエンノスケじゃなくてエンノケソ。劇中でも芝居でも吉田羊に頼りっぱなしなのはどうなんだ。

あと脚本。よくできていたけど、巡業プラスアルファの5場を、ナレーションで繋ぐのは物足りない。場面が変わったときにそれがどういう場面かをいかに上手に伝えるかは脚本の技術であり、その情報を受取りながら芝居にのめりこんでいくのは観客の醍醐味だけど、そこはぜんぶ飛ばされていた。大河ドラマのナレーションが評判になっていたのに味を占めたのか。1時間50分という近年稀に見る短時間に収まったのはありがたいけど、あと15分延ばしてもいいからナレーションなしで挑んでほしい。

で、不満の最後が役者三谷幸喜。一般に観ればあれだけできれば上手だけど、残念ながら三谷幸喜芝居のレベルに達していなかった。チョイ役とか、インフルエンザの役者の代役とかだったらご愛嬌だけど、3場の相手役としてフル出演していたのはいただけない。このチケット代の芝居には見合わないし、あれでOKでは猿之助の演技に駄目だしできない。今後は出演するにしても控え目にしてほしい。

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

新国立劇場主催「ヘンリー四世(第一部、第二部)」新国立劇場中劇場

<2016年12月15日(木)昼・夜>

先王を廃して王位についたヘンリー四世。その際に協力しあった領主一族とも晩年には揉めて、その領主一族から謀反を企てられる。王はごろつきと付きあって放蕩している長男も呼び戻して戦い、勝利し、やがてその長男がヘンリー五世を継ぐまでの物語。

あまり評判が上がって来ないので心配しつつ、「ヘンリー六世」を観たからにはこれも観たいので通しで観劇。結果、かなりよかった。シェークスピア芝居を抑えておきたい人にはぜひお勧めしたい。

最初は長男がヘッドホンして衣装がスカジャンだったり、音楽がクイーンだったりして、うわーこれどうしようと思ったのだけど、観ているうちに違和感もなくなったし、他はごく王道のスタッフワークと演出だった。そうすると、王位を巡る両一族の対立がきれいにわかって、入り込めた。それでもややこしいのだけど、ロビーに人物関係を描いたパネルが展示されていたのが理解に一役買っていたので、始まる前に、せめて休憩時間にでもいいから眺めておくべき。

そのややこしい話を違和感なく観られたのは役者の実力の賜物。シェイクスピアは日本になじみのない舞台に昔ながらのくどい台詞がつきものでハードルが高いのだけど、あの台詞を特にひっかかることなく聞けるのは幸せな座組だと最近気がついた。

その中でも特筆モノなのがごろつきのフォールスタッフを演じた佐藤B作。強盗を働き、酒におぼれて女と金にだらしなく、ケチで見栄っ張りで、強きにへつらい弱きを挫き、うるさい声で呼吸をするように嘘をつくのだけど、必至さと愛嬌とで何とか日々を過ごしていく憎めない奴。こう言っては失礼だけど、役者佐藤B作に対してもっている、うるさそうな人とかケチそうな人とかうっとおしそうな人とか、そういう偏見全部を引受けてなおかつ憎めない役に仕上がっていた。間違いなくはまり役で、60歳を大幅に超えてこんな役に出会えるなんて幸運な人だし、それを観られた自分も幸運だった。キャスティングした人の慧眼に敬意を表する。

実は人物関係のパネルを読んでも半分くらい配役が理解できなかったのだけど、他の人もまあ実力十分だった。他に一人だけ、那須佐代子を挙げておく。第一部はほとんど出番がなかったけど、でも酒場の場面で出てきて一言二言話しただけで目が向いた。その分第二部でははっちゃけた役を披露していた。

他にスタッフワーク2つ。ひとつは舞台美術で、奥に傾斜がついた殺風景な床に木組みで3階立ての仕切り。途中で小道具の当たった垂木が1本飛ぶ始末で、よほど金がないのかとおもっていた。けど終盤、ヘンリー四世が病に伏してヘンリー五世と話す、街頭のようなオレンジの照明が当たる場面。立派なように見えても王政なんてぼろぼろの体制で、何かあったら簡単に崩れるものだって印象が強く伝わった。もうひとつはロビーに貼ってあった現在までのイギリスの王朝の系図。シェイクスピアの題材になった王に色がついて、ヘンリー四世で王朝が変わって、その後ヘンリー六世やリチャード三世につながるイメージがよく伝わって、理解の助けになった。1枚でとても勉強になるので、この系図が載っていたらパンフレットを買おうと思ったのだけど、見本を読んでも載っていないんだこれが。次にシェイクスピアの王朝ものをやるときにはぜひ載せてほしい。

正直言うと、王位を巡る争いとごろつきたちの場面とのバランスがよいは第一部に比べて、第二部は出世したフォールスタッフが目立ちすぎてバランスが悪い。たぶんシェークスピアは第一部だけのつもりで書いたら、芝居もいいしフォールスタッフもいいしで思わぬ人気が出て、フォールスタッフが多めに出るように第二部を書いたんじゃないだろうか。でもそういうことまで考えさせるほど、脚本をよく反映した仕上がりだった。「ヘンリー六世」の他に「リア王」や「十二夜」も観ているけど、鵜山仁のシェイクスピアはよい。

で、これだけ満足した芝居なのだけど、座席がすかすか。2階はよく見なかったけど、7割切っていたんじゃないのか。平日なのを差引いてもひどい。開演が12時と17時半だったのは、通しで観た自分にはありがたかった。けど、休憩込みで第一部が3時間、第二部が3時間20分なら、勤め人も少しは取り込む狙いでせめて13時18時にしたほうがよかったのではないか。公演日程を見ると今後の参考のためか、平日は試行錯誤の跡がうかがわれる。ただこれを書いている今日と明日が18時半でそれぞれ第一部と第二部、チケットはまだ余裕なので当日券でも問題なし、なんなら千秋楽もまだチケット買えるので、とりあえず第一部だけでも如何。

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

劇団要るのか要らんのか

新国立劇場の取材レポートで面白いことが書かれていた。この取材に取材対象者のツイートをつけ加えたところがしのぶ氏のさすがのセンス。以下は谷賢一のツイート。

劇団ならまた別なんだよね。運命共同体だから周囲も必死で手を差し伸べる。しかしプロデュース制が主流の今、俳優は自力で向上・孤軍奮闘せねばならぬし、養成所の彼らもこの先は自力で役をもぎとっていくしかない。周囲を蹴落としてでも勝つしかない。そういう時代になっちまった。

それが本当にいいことなのか? と言うと、わからないんだ。プロデュース制というやり方は競争原理という観点からは合理的かもしれないが、冷たい。それだけで人は育たない。しかしそういう冷たい競争に俳優は晒されているということは厳然たる事実だ。

この話はもう少し演繹すると、日本社会に蔓延る自己責任論・新自由主義的発想に対する反論に繋がっていく。競争は必要かもしれないが、それだけで全て解決はできない。すぐ結果を出せと言い過ぎると人材はむしろ枯渇する。

この点は海外の事情と比較するとよくわかって、"Do not give other actors notes"って言われるそうな。

give notesは日本でいう ダメ出しのことで、「他の役者にダメを出してはいけない」、あるいは 「役者同士でダメ出ししてはいけない」って感じだろうか。 Keoはあくまで「このクラスでは」と限定していたけれど、 このルールはクラスだけでなく実際の芝居の稽古や撮影の現場でも常識っぽい。

ニュアンスがちょっと微妙なんだけれども、役者同士でアイディアを出し合って、 何か作っていって演出に見せる、というのは全く問題がない。 ダメなのは「こうした方が良いよ」みたいに価値判断を入れたり、 「こうしてくれると自分がやりやすいんだけど」と注文をつけること。
(中略)
日本での現場の慣習がどうなのかについては十分な知識を持たないんだけれど、 いつも一緒にやっている劇団だとか、あるいはかつての映画制作会社のように 気心のしれた監督と主要役者のチームであれば、判断基準がある程度統一されているため、 こういうことにあまりシビアでないかもしれないな、という気はする。 というのも、今、『役者は一日にしてならず』という ベテラン役者さん達のインタビュー集を読んでて、 そこにしばしば現場で役者同士稽古をつける、みたいな話が出てくるので。 その前に『Actors at Work』という、 こちらはハリウッドやブロードウェイで活躍する役者さん達のインタビュー集を読んだのだけど、 現場で他の役者から教わった、という話は無かったように思う。

自分が芝居を観始めたころはまだ劇団花盛りな時期で、今活躍している人たちのキャリアを調べるとどこかの劇団出身であることが多い。今年の大河ドラマなんて脚本家からして東京サンシャインボーイズですよ。

別に芸能界に限らず自分のことを考えても、右も左もわからない新人として会社に入ってから今に至るまで過ごせたのは会社という組織抜きではありえない。いきなりフリーで活躍とか無理。1年目から活躍するできる新人もいれば、10年経ってみたら必要不可欠なキーマンに化けたり、そうかと思えば腐って埋もれていく人もたまにいるので、本当、人材育成ってのはわけがわからない。ただ、やらかしても致命傷にならない環境、分からないときに聞いたり議論できたりする環境で何度か機会が与えられることは非常にありがたいものだとは思えるようになった。

もうひとつ、どこで読んだか忘れてしまったのだけど、「今の英語圏は母集団が大きくて代わりがいくらでもいるのでアメリカなんかではすぐにお払い箱にできるのであって、日本で同じルールで運用したら駄目になる」って意見。それにも一理あると思う。結局どのルールも一長一短あって、どの長を採ってどの短を我慢するかは自分たちで決めないといけない。

で、劇団という組織は、中の人間には弊害もあるけど、それ以上に利点もあるんじゃないかって気がしてきました。そもそも大多数の劇団が野良劇団なのですけど、それでも。

最後に笑った一言。もうちょっと多くてもいいと思う。

 宮田:上村さんや私は劇団育ちだから「まずはセリフ一言からだよ!」という思いもあります(笑)。

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

KERA・MAP「キネマと恋人」シアタートラム

<2016年12月1日(木)夜>

昭和初期。勤め先の工場が倒産して失業し酒とギャンブルと浮気におぼれて暴力を振るう夫を持つ女は勤め先に内職を掛け持ちして家計を支える。そんな女の唯一の趣味は映画鑑賞。東京から遠く離れた離島の町に1件しかない映画館では東京から6ヶ月遅れの映画が上映されるが、それも毎日観に来る。ある日、上演中の時代劇を観ていると、映像の中から登場人物に話しかけられる。やがて映像から飛び出してきて映画館が混乱すると、その隙に登場人物は女を連れて脱走する。折りしも、その時代劇の続編を撮影するために、役者陣がその島にロケに来ている。

元ネタは「カイロと紫のバラ」という映画だと公言しているけど、未見のためどこまで元ネタに近いかは不明。観終わってみれば、映画の登場人物に主人公の女に妹の話も絡めて、実によく出来たプロットの王道な展開。舞台内映画の映像やプロジェクションマッピングを贅沢に使う割にはアナログな手段も駆使して、それ自体も含めて笑いにするような仕上げ。

周辺の話も存分にネタを仕込んであり、それなりに楽しんだのに、どこか釈然としない。昔の喜劇の知識がないのでそこのネタが分からなかったからなのか、あんな扱いをされておとなしくしている女に緒川たまきが見えなかったからなのか、映像の登場人物が主人公にほれる理由が不明だからなのか、そこに説得力を持たせられなかった妻夫木聡が悪いのか、映像のテンポと舞台演出のテンポが合っていなかったのか、たまたまテンポがずれた回を観てしまったのか、いろいろ可能性を考えるけど、どれも可能性として間違っている気がする。

観ていて、これと間逆のラストを期待していた自分に気がついたので、たぶん自分が疲れていたのが一番の原因だと思う。主人公の幸福感は伝わってきたけど、それを自分の元気に転化しきれなかった。うーん。

それ以外だと、インフルエンザで中止の回があったのも困ったけど、19時開始で3時間20分だとちょっと交通事情も厳しくて。蜷川幸雄がBunkamuraの駐車場が閉まるより長く上演する公演が昔あったけど、それは考えてほしい。KERA芝居で上演時間が長いのは覚悟の上だけど、終了時間まで真似ないでほしい。14時19時を13時18時半の繰上開始にできなかったものか。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »