« おくやみ申し上げます | トップページ | シス・カンパニー企画製作「死の舞踏」Bunkamuraシアターコクーン »

2017年3月31日 (金)

PARCO Production「不信」東京芸術劇場シアターイースト

<2017年3月18日(土)夜>

引越してきた夫婦。中庭をはさんで向かいの家にも夫婦が住んでいる。挨拶に行ったところきつい臭いに閉口して、付合いはほどほどにしておこうと気をつける。そのうち、隣町のスーパーで買物中の妻が、向かいの家の妻の万引きを目撃する。夫に訴えても人違いではないかと言うのだが・・・。

上手な4人によるサスペンス。誰が誰に不信を抱いているのかを変えながら最後の落としどころに持っていく展開。複数の不信の話を並行で仕込むあたりは「刑事フォイル」を彷彿とさせる。古畑任三郎の脚本家の面目躍如。なのだけど、個人的には釈然としない。

展開はよくできた脚本なのだけど、いろいろ移っていく場面で、4人のうちの誰かか、夫婦か、4人全員を外から観ているのか、どの視点から描いたのかがよくわからずに没入しづらかった。偉そうに言うと観客の視点が誘導できずにぶれていたのだと思うけど、何が原因でそうなったかはわからない。

情報量のバランスも問題。人物の背景に関する情報が大幅に制限されている上に、大切な情報が後半に突然ストレートに出てきたりするので、観ながら登場人物に想像を働かせるのが難しく、観ていて唐突感がある。

役者だと向かいの家の妻を演じた戸田恵子、見るからに不審な演技で始まって、後半は落着き気味の演技になるけど、この違和感が最後までとれなかった。推測では、観客側の邪推を誘発させようと三谷幸喜が演出したのだと思うけど、そうだとしたらもったいないの一言。あんなに上手な役者なのだから、普通を装ったほうがよほど怪しくなったのに。

あのラストを生かすためにはどうすればよかったのか、考えたのだけどわからなくてこんな文章になった。

|

« おくやみ申し上げます | トップページ | シス・カンパニー企画製作「死の舞踏」Bunkamuraシアターコクーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おくやみ申し上げます | トップページ | シス・カンパニー企画製作「死の舞踏」Bunkamuraシアターコクーン »