« 世田谷パブリックシアター企画制作「子午線の祀り」世田谷パブリックシアター | トップページ | 岸田森さま話 »

2017年7月 7日 (金)

舞台から転落して中嶋しゅうがまさかの死亡

まさかの初日事故。舞台は危ないものではあるけどどんな場面だったんだろう。ちょっとこれだけだと状況がわからないけどスポニチアネックスより。

 6日に東京芸術劇場シアターウエストで上演されていた女優・寺島しのぶ(44)主演の舞台「アザー・デザート・シティーズ」の第1幕上演中に、俳優・中嶋しゅうさん(69)が舞台上から転落、救急搬送され、病院で死亡が確認された。

 この日の公演は中止となった。主催する株式会社梅田芸術劇場が発表した。劇場側はこの日午後10時の時点で、中嶋さんのけがの状況について「詳細が分かり次第、再度、皆様にご連絡申し上げます」とし、「明日以降の公演続行に関しましても、改めてご連絡させて頂きます」とコメントしていた。

 中嶋さんは「劇団NLT」出身のベテラン俳優。妻は女優の鷲尾真知子(68)。

最後に観たのは「ヘンリー四世」だったか。この後「ヘンリー五世」も予定されていたのに。

ありがたいコメントの記録へのリンクを載せておきます。合掌。

<2017年7月7日(金)追記>

もう少し詳しい様子がサンスポに載っていた。

 女優、鷲尾真知子(68)の夫で俳優、中嶋しゅうさんが6日、東京・西池袋の東京芸術劇場シアターウエストで開幕した舞台「アザー・デザート・シティーズ」(26日まで)に出演中、客席に転落し、搬送された都内の病院で亡くなった。69歳だった。警視庁によると、頭を強く打っており、午後10時に死亡が確認された。

 同舞台は女優、寺島しのぶ(44)主演で、中嶋さんは寺島の父役で出演。主催者などによると、この日午後8時10分ごろ、中嶋さんは舞台に地べた座りの状態から立ち上がった際にバランスを崩し、約75センチ下の客席に転落。寺島は役名で呼びかけたが反応がなく、手をクロスさせてスタッフに応援を要請した。

 その後、駆けつけたスタッフや現場にいた医師が心臓マッサージなどの救命措置を施し、都内の病院に緊急搬送。公演はその場で中止になった。7日~9日の公演も中止。その後については後日発表するという。

最初は舞台の奥か袖に段差があったと想像していたけど、正面に落ちたとは思わなかった。落ちた場所は袖のスタッフからは見えなくて、正面からも客席最前列に隠れて後方からはわかりづらいところ。その場で止めた寺島しのぶの勇気(これは勇気と呼ぶべき)、があって、現場にたまたま医師がいて救命措置を施されて、それでも駄目だったのだから落ちた時点で頭を打ってもう駄目だったんだろう。遊眠社全盛時代にはしごから落ちて五体満足で復帰した野田秀樹(ちょうど今はこの上演劇場の芸術監督)のほうが運がよかっただけなんだ。改めて合掌。

<2017年7月7日(金)再追記>

死因は別だったようで、順番としては病気を発症したから舞台下に落ちたとのこと。スポーツ報知より。

 6日に東京・豊島区の東京芸術劇場シアターウエストで初日を迎えた舞台「アザー・デザート・シティーズ」出演中に舞台から転落し、救急搬送先の病院で死亡が確認された俳優の中嶋しゅうさん(享年69)の死因が、急性大動脈解離だったことが7日、わかった。所属事務所が発表した。

 <HPに掲載された文は以下の通り>

「中嶋しゅうを応援して下さった皆様へ」

 既に報道等でご承知の事と存じますが、7月6日に初日を迎えました「アザー・デザート・シティーズ」の上演中、弊社所属俳優、中嶋しゅうが、舞台下に転落した原因につきまして、検視の結果「急性大動脈解離」を発症していたことがわかりました。

 昨日の舞台初日に足をお運び下さり観劇いただいていたお客様、また観劇を心待ちにして下さっていたお客様、共に舞台上で共演させて頂いたキャストの方々、そしてスタッフの方々に於かれましては、多大なご心配、ご心労、ご迷惑をおかけしてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。このような結果になってしまい、まだ気持ちの整理がつかずにおりますが、今後のことにつきましては、また改めてご報告させて頂きます。

ちなみにこの再追記時点では、公演は7/11までは中止払戻し決定、7/12以降の公演は7/10正午発表とのこと。ショー マスト ゴー オンの世界とはいえ大変だ。神様に愛される代打は見つかるだろうか。

<2017年7月10日(月)追記>

代役は斎藤歩に決定。7/12までの公演を中止して払戻し、7/13から再開。前売チケットは7/11から販売再開。梅田芸術劇場公式サイトより。

 『アザー・デザート・シティーズ』につきましては、東京芸術劇場シアターウエストでの公演初日である7月6日(木)に、出演者の中嶋しゅうさんが亡くなられたことを受けて、当該公演初日から7月11日(火)までの公演の中止をすでに発表しておりますが、故・中嶋さんのライマン役として斎藤歩(さいとうあゆむ)さんにご出演頂き、7月13日(木)より上演することとなりました。

 急逝された中嶋さんの生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表しますとともに、キャスト・スタッフ一同は今後の公演に向けて尽力して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 なお、中止を発表しております公演に加え、7月12日(水)の公演につきましても中止とさせて頂くこととなりましたので、併せてお知らせ致します。公演を楽しみにお待ちいただいておりましたお客様には、大変なご迷惑をおかけすることになり、深くお詫び申し上げます。

中止となった公演のチケットの払い戻しにつきましては、下記のとおり対応させていただきます。
大変お手数をおかけいたしますこと、重ねてお詫び申し上げます。

 また、7月13日(木)以降の東京公演の座席券につきましては、7月11日(火)午前10時より販売を再開させていただきます。(大阪公演は販売中)

(後略)

さて公演が成功するか。

|

« 世田谷パブリックシアター企画制作「子午線の祀り」世田谷パブリックシアター | トップページ | 岸田森さま話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷パブリックシアター企画制作「子午線の祀り」世田谷パブリックシアター | トップページ | 岸田森さま話 »