« KAAT×PARCOプロデュース「オーランドー」神奈川芸術劇場ホール(若干ネタばれあり) | トップページ | 竹中香子の講演会記録 »

2017年10月 9日 (月)

小林賢太郎が紹介する「観劇のコツ」

小林賢太郎がサイトに載せているのだけど、観劇初心者向けに必要な内容が網羅されていた。こういうのを適切にまとめられるのはすごいことで、本家のサイトを見てもらえばよいのだけど、あまりにも適切なので失礼ながらコピペ掲載。小劇場の事前事後アナウンスに活用しては如何。

小林賢太郎の活動の中心は「劇場」です。
劇場には行ったことがない、という方もいらっしゃるでしょうが、
大丈夫、こわいところではありません。
チケットを買って、劇場の椅子に座れば、あとは楽しむだけ。
ここでは、より楽しく快適にご覧頂くための、
「観劇のコツ」をご紹介します。

〈上演前〉

・開演の30分前から、客席に座ることができます。
 席が分からない場合は、お気軽に近くのスタッフに聞いてください。

・上演直前になると、お手洗いが混みあう場合がございます。
 早めのご利用をおすすめします。

・客席内での飲食は禁止です。

・客席内での撮影は禁止です。
 本番中はもちろん、開演前、終演後もだめです。

・出演者への手紙、プレゼントなどがある方は、
 受付でスタッフにお預けください。
 スタッフが、責任を持って本人に届けます。
(ステージ上の出演者に直接手渡すことはおやめください。)

・そして!
 必ずやっておかなければならないのが、
 携帯電話の電源を切ることです。
 マナーモードではなく、電源を切るようにしてください。
 静かなシーンで「んー、んー、んー」という振動音は
 かなり響きます。念には念を入れてご確認ください。
 時計のアラームなど、音が出るものはすべて切ってください。

〈上演中〉

・ほかのお客様の迷惑とならないよう、
 飲食、おしゃべり、声援はおやめください。

・撮影、録音、筆記などによる記録行為は禁止です。
(発見次第スタッフが対処いたしますので、上演を中断する場合もございます)

・携帯電話の電源をお切りください。
 これは着信音を出さないように、光らせないように、
 という理由だけではありません。
 時間やメールのチェックなどで携帯電話をひらくと、
 どんなにこっそりやったつもりでも、
 まわりの人々を一気に現実世界に引き戻す強烈な電波を発してしまいます。
 上演中は、くれぐれも電源オフ!でお願いいたします。

・トイレにいきたくなったら、できるだけ静かに席を離れましょう。
 戻るときに心配であれば、スタッフに声をかけてください。

・劇場は、座る場所によって寒かったり暑かったりすることがあります。
 温度調節のできる上着などがあると便利です。

・気分が悪くなったり、何か困ったことが起きた場合は、
 遠慮なくスタッフにご相談ください。

〈終演後〉

・公演のグッズや関連商品の販売コーナーは、終演後もご利用頂けます。

・お時間がございましたら、アンケートにご協力ください。
 出演者はもちろん、スタッフ一同、皆様からのメッセージを楽しみにしています。
 筆記具がない場合は、スタッフに声をおかけください。

舞台は "ナマモノ" です。
出演者のがんばりはもちろんですが、
客席のみなさまのご協力があって、ひとつの舞台ができあがります。
一期一会のライブ空間、存分にお楽しみください!

そういえば小林賢太郎の本の紹介をわすれていた。主に芝居の制作と製作について、経験と知見が言語化されていてよい本なのだけど、どこかに隠れて見つからないのでまた後日。

|

« KAAT×PARCOプロデュース「オーランドー」神奈川芸術劇場ホール(若干ネタばれあり) | トップページ | 竹中香子の講演会記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KAAT×PARCOプロデュース「オーランドー」神奈川芸術劇場ホール(若干ネタばれあり) | トップページ | 竹中香子の講演会記録 »