« ホリプロ企画制作「ムサシ」Bunkamuraシアターコクーン | トップページ | 2018年3月4月のメモ »

2018年2月25日 (日)

カオルノグチ現代演技「演劇部のキャリー」OFF・OFFシアター

<2018年2月24日(土)夜>

部員が次々と退部して、本来ならすでに引退しているはずの3年生男子が1人と、後輩の女子1人の2人しか部員がいない高校演劇部。毎年の演劇大会を控えるが、2人で上演できる面白い演目が決まらない。いっそやりたいものをやる、という方針で映画の「キャリー」を元に上演することを決める。2人で盛上がって本気で県大会を目指す機運は高まるも、脚本が書けない、音響と照明は助っ人を頼めても部員がいないから美術までは手が回らない、偵察に行ったライバル校は面白い。大会が迫るなか連日の猛稽古。果たして結果は如何に。

狭い劇場で着替え以外ほぼ出ずっぱりの2人芝居。今時こんなテンションの高い芝居を上演しているのかという、いい年して学ランとセーラー服を着た役者が演じる青春部活物語。観ていて相当楽しんだ。これを見つけて観に行った自分のフットワークの軽さをほめたい。

入江雅人の既存脚本らしいけど、あえてベタとは言わない、ツボを押さえてテンポの良い展開と数限りないボケとツッコミ。いわゆるいい話だけど間違いなく勢いを要求される脚本。後輩女子の野口かおるが開演前からサービス満点のテンションで、それを全部拾っていく先輩男子のオクイシュージという役割。これがどちらもはまり役だった。今までほとんど出演作を観ていなかったけど、野口かおるってこんな爆発力のある役者だったか、去年の「絢爛とか爛漫とか」を観ておけばよかったと悔やまれる事態。そしてオクイシュージが真摯というか、脚本に尽くす演技でそれを支えていた。勢いはあっても勢いに頼らない演技力は確かなものだし、劇中劇もきっちり仕上げていたし、ちゃんと学ランとセーラー服が成立していたし、顔芸も面白かった。しいて言えば野口かおるの超音波のような声がたまに耳に痛いけど、高校生役ならあのくらいでないとなとも思う。

ちまちました芝居や小難しい芝居はいらん、何よりもまずエンターテイメントとして楽しめないと駄目だろ、という人にはぜひお勧めしたい今回の芝居。ただし当日券だと桟敷席になるのでその点は注意。最前列で迫力満点だけど、この劇場では最前列のありがたみは薄いし腰がきつい。事前調査では100分だったけどざっと110分だった。かといってあれでペースが遅いとも感じなかったので、前座芝居で時間を使いすぎたか。

カオルノグチ現代演技はこれが最初らしいので、ぜひ今後も続けてほしい。

<2018年3月1日(木)追記>

千秋楽も観たので感想をアップロード。

|

« ホリプロ企画制作「ムサシ」Bunkamuraシアターコクーン | トップページ | 2018年3月4月のメモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホリプロ企画制作「ムサシ」Bunkamuraシアターコクーン | トップページ | 2018年3月4月のメモ »