« 小田尚稔の演劇「凡人の言い訳」新宿眼科画廊スペースO(若干ネタばれあり) | トップページ | 1000人規模の入場列管理実務 »

2018年4月24日 (火)

青年団のチラシ配りがマニアすぎる

この前観た小田尚稔の演劇「凡人の言い訳」ですが、会場も狭ければ客席数も少ない、それでいて満員でもない。控えめに言っても今のところは人気も知名度もない無名劇団のひとつです。その前2回の折込チラシもごく少ない数でした。

が、この前はどういうわけか青年団関係の折込チラシが配られていました。青年団リンクを含めて常に複数の芝居を上演していますので、独自のチラシ束を作って配っているのはいつものことですが、あんな無名な芝居まで折込に来るとは思いませんでした。

そもそも青年団自身がどちらかといえばマニア向けな劇団であり、無名劇団を観に行く観客は身内でなければマニアしかいないので、チラシ効率がいいのかもしれません。それにしても劇場ではなく会場を利用した公演だったのに、そんな公演まで目配りするのもすごいことです。いったいどういう基準でチラシ束を配る先を決めているのか、青年団の担当者に教えてほしいです。

|

« 小田尚稔の演劇「凡人の言い訳」新宿眼科画廊スペースO(若干ネタばれあり) | トップページ | 1000人規模の入場列管理実務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小田尚稔の演劇「凡人の言い訳」新宿眼科画廊スペースO(若干ネタばれあり) | トップページ | 1000人規模の入場列管理実務 »