« こまつ座「父と暮せば」俳優座劇場(若干ネタばれあり) | トップページ | 芸術は労力よりも結果がすべてである »

2018年6月13日 (水)

広田淳一の「全員で動く」資料

紹介されていたので見つけました。書いた本人Dropboxで公開中です。いまだにアマヤドリは観たことがないのですけど、これだけ読むとやっぱり演出家はいろいろなことを考えてしかも言語化、体系化することに長けているのだなと思いました。「前掲の資料はどうぞご自由にご利用ください。複製・印刷などしてもらっても構いません。あ、でも、この資料で勝手に商売しちゃダメヨ! ということで。」だそうです。

以下はスライドのタイトルを引用してみました。資料はもっと丁寧に書いてあって面白いのでぜひ実物をご一読を。

概要 俳優たちが影響を与え合いながら動く
基本の3動作 歩く/止まる/走る
流行を作る1 コンタクト 音を出す
流行を作る2 順番 役割 割る トーク
流行を作る3 アクション
「面」を作る
「面」から「点」へ
「面」を曲げる
「集」と「散」
「列」
「離れたまま同期する」
増減
意味/物語の発生と切断
テーマ/プラットフォーム
応用編 他のゲームとの組合せ
道具を使った「全員で動く」
「全員で動く」への心がけ
ゲームの上級者

|

« こまつ座「父と暮せば」俳優座劇場(若干ネタばれあり) | トップページ | 芸術は労力よりも結果がすべてである »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こまつ座「父と暮せば」俳優座劇場(若干ネタばれあり) | トップページ | 芸術は労力よりも結果がすべてである »