« 2018年9月10月のメモ | トップページ | 野田地図「贋作 桜の森の満開の下」@東京芸術劇場プレイハウス »

2018年8月29日 (水)

公演中止と公演延期と公演強行の記録

降ればどしゃ降りというか、同じような時期に3つも揃うのも珍しい。あまり野次馬する元気がないので記録メインで。

まずは公演中止の話。the pillow talkという早稲田出身の旗揚げ3年目という絵に描いたような小劇場劇団。公式サイトは実にあっさりしたもので、

9月に予定しておりました、こまばアゴラ劇場での上演を中止する運びとなりましたことをご報告申し上げます。
楽しみにしてくださった皆様、大変申し訳ございません。

さっぱり事情がわからないのは劇場サイトも同様だけど、ちょっとだけ想像力を刺激する。

9月上旬に公演を予定していたthe pillow talkの『我が闘争。気軽に、(仮)』の上演中止が決まりました。

上演を楽しみにしてくださっていた皆様、特に支援会員の皆様には、たいへん申し訳なく、劇場の芸術総監督としてお詫び申し上げます。

こまばアゴラ劇場としては、最後まで公演を実現すべく支援をして参りましたが、諸事情により中止のやむなきに至ったとのことです。本公演は、劇場の主催公演ではありませんので、これ以上の関与は難しいと考え、その判断を受け入れることにいたしました。

劇場は支援したけど劇団は中止と判断したと。一般的には資金繰り、人間関係、怪我や病気による続行不能、作品の魅力不足からくるごたごた、あたりが思いつくけどどうなんだろう。あとは災害の多い夏だったから、主要関係者がそちらの復旧にかかりきりになった、なんてこともあるかもしれない。

次は青年団から独立しつつ、まだ演出部に所属する田川啓介の水素74%。これは公式サイトで台本遅れと明言している。

2018年8月9日~13日に下北沢駅前劇場で予定しておりました水素74%「ロマン」につきまして、東京公演の上演中止を決定いたしました。
台本完成の遅れに伴い、稽古時間が十分に取れず、皆様にお見せすることが難しいと判断したためです。
このような事態を引き起こしてしまい誠に申し訳ありません。 俳優、スタッフ、その他関係者の落ち度はなにもありません。全て主宰・田川啓介の責任でございます。 改めて出演者及び関係者の皆様にお詫び申し上げます。

平田オリザからも平手打ちが飛んで裏付けは取れています。

また、青年団演出部の田川啓介が主宰する水素74%が、駅前劇場で予定していた公演を中止しました。こちらも独立した団体ですが、田川はこれまでも執筆が遅く、再三にわたって注意をしてきたにもかかわらず、上演を遂行できなかったことは同じ劇団員として情けない思いです。
(中略)
なお、田川と協議し、今回の混乱の責任をとって、以下のような措置を行うことになりました。

・田川啓介ならびに水素74%は、当面活動を停止し謹慎する。
・田川啓介は9月の上演終了時点で青年団を退団する。

明快。ところでこの芝居は東京の後に三重公演も予定されていて、そちらには間に合って、一部キャストの交代はあったけど上演された。そこに先ほどの公演中止が重なる。再び平田オリザ。

 また、すでにこまばアゴラ劇場のHPでは公表しておりますが、アゴラ劇場のラインナップに入っていたthe pillow talkの『我が闘争。気軽に、(仮)』の上演中止も決定しました。HPにも書きましたが、プログラム選定に責任を負う芸術総監督として、支援会員の皆様をはじめ多くの方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 さて、上記、二つの上演中止の案件を受け関係者と協議を行い、水素74%が本来、駅前劇場で行う予定だった新作『ロマン』を9月上旬にこまばアゴラ劇場で上演することとなりました。
 一つの劇場をキャンセルし、その一ヶ月後に近隣の劇場で上演を行うのは非常識な行為ですが、駅前劇場様からもご理解をいただき公演を実施する運びとなりました。
(中略)
異例の措置かとは思いますが、俳優たちにとっても、やはり公演はやれるならやるに越したことはなく、どうか関係各位にはご理解をいただければと存じます。

そもそもこんなにタイミングよく公演中止が発生することもないのであまり聞かない措置ですが、融通の利くご近所の民間劇場主同士、話をつけたんでしょう。平田オリザがどんな風に駅前劇場にご理解をいただいたのかに興味はありますが、それは表に出てくる話ではない。公演を延期して上演できた話。

個人的には、劇団☆新感線が「髑髏城の七人」を初演したときの話、ぎりぎりすぎてラスト場面の稽古を何もできないで初日を開いたら、ラストになって「おい、どうすんだよ」と訊かれた古田新太が「いいから後ろを向け」とみんな後ろを向いてラストに収めた話を思い出す。まるで間に合わない場合に適当なところで切りをよくしてとりあえずアウトプットを出す、というのは社会人のスキルとしてぜひ身に付けたい。

最後は公演強行した(劇)ヤリナゲという6年目の劇団。こちらも脚本演出家が原因だけど理由は病気で、そこを資料で構成して作ったとのこと。これは公式サイトにも劇場サイトにもほぼ同じ内容が連名で載っている。ちなみに公式サイトは8月19日の日付。

このたび、越寛生は病気のため、演出を担うことができなくなりました。
そのため、本作品は、構成・演出:(劇)ヤリナゲとして上演を致します。

なお、今回の越の不在による構成・演出の変更を受けまして、相談のうえ、國吉咲貴さん、三澤さきさんは出演を辞退されることになりました。
本公演は國吉さん、三澤さんの代役は立てずに13人で上演致します。
今回の國吉さん、三澤さんの決断は、作品へ向き合う誠実な姿勢であり、お二人に非のある行動ではありません。

越寛生演出による『みのほど』を心待ちにしてくださった皆様、また國吉さん・三澤さんの出演を楽しみにしてくださった皆様には深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ありません。

今回の、演出の変更、および國吉咲貴さん、三澤さきさんのご出演取り止めに関しまして、本日より、すべてのご購入者様、予約者様におきまして、お預かりしているメールやお電話に、ご連絡を差し上げます。払い戻しや、ご予約の取り消しに関しましてのご相談は、その際にお伝えいただけましたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

(劇)ヤリナゲ
公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団

劇場サイトだともう少しだけ詳しいのと、最後の部分が少し変わっている。

<お客様へ>

(劇)ヤリナゲ『みのほど』は昨日、8月24日(金)に幕を開けました。
8月18日(土)の発表のとおり、越寛生さんは病気で演出を担うことができなくなったため、本作品は、構成・演出:(劇)ヤリナゲとして上演をしております。今回の『みのほど』は、越さんの執筆時の構想、集めた資料、また過去の越さんの短編作品を中心に、構成し創作した作品です。

なお、上記のような構成に変更されたことと、越さんの不在により、相談のうえ、國吉咲貴さん、三澤さきさんは出演を辞退されることになりました。本公演は國吉さん、三澤さんの代役は立てずに13人で上演しております。
今回の國吉咲貴さん、三澤さきさんの決断は、作品や創作へ向き合う誠実な姿勢であり、お二人に非のある行動ではありません。

越寛生演出による新作本公演『みのほど』を心待ちにしてくださった皆様、また國吉さん・三澤さんの出演を楽しみにしてくださった皆様には深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ありません。

公演は9/2(日)まで続きます。出演者・スタッフ一同、誠心誠意最後まで創作を続けてまいります。
より多くのお客様に現在の(劇)ヤリナゲの作品をご覧いただけますと幸いです。ぜひ劇場に足をお運びくださいませ。

2018年8月25日
公益財団法人三鷹市スポーツと文化財団
(劇)ヤリナゲ

連名の順番も違っているので、少しでも多くの客に来てもらえるようにと劇場側が工夫した跡が見て取れる。初日は8月24日なので、どうにかこうにか開演に漕ぎつけたから、じゃあ次は宣伝、と劇場側が積極的に協力してくれている模様。そもそもがMITAKA Next Selectionの1本だから、劇場の関係者が推薦して、声をかけて、上演してもらう運びになっているはず。それが体調不良で中止になったら推薦した側の立場もなくなるという事情もある。だとしても劇場側の協力体制は見逃せない。こまばアゴラ劇場が支援しても公演中止に至ったという話があるのでなおさら。

世間で有名な話だと井上ひさしが台本が間に合わずに初日遅れどころか公演中止にしたことがあって、後で「公演に間に合わせるためにつまらない芝居を書くとお客さんが離れていってしまうので、台本が駄目なら公演中止のほうがいい」なんてどこかに書いていたけど、あれは井上ひさしの実力と実績と台本が遅いことがネタになるほど知られていたという背景があってこそのギャンブルで、普通は公演中止のほうが信頼は落ちる。だから今回、過去の公演の再演でもなく、いっそ有名で著作権フリーな古典で「ロミオとジュリエット」とかやるでもなく、新作の体裁を整えてきたのは見上げた根性。

でも、初日が8月24日で、病気ダウン発表が8月19日で、別の演出家を立てた台本上演でなく構成創作したということは、それよりだいぶ前の段階から病気が長引いて台本はあがってこない稽古もできない状態が続いていたのではないかと想像する。台本が遅れても本人がいればエチュードその他でネタを作ることもできただろうし。であればもう少し早い時点で代案を用意しておくことはできなかったものか。芝居の台本を1本書くのに3日ということもないだろうから、今後は初日3週間前くらいで対策に動けるように劇団の制作体制を整えておくのがよいのではないか。

仕事にトラブルはつきものなので、期せずしてトラブルに巻込まれた関係者各位は、ある人は一段成長したり、あるひとは日ごろ見せない思わぬ腕をふるって見直されたり、きっといいことがあるはず。とか自分で観る予定のなかった芝居ならいくらでも優しく野次馬でいられる。自分がチケットを買っていて中止とか言われたら「うおおおおおおーいっ」って叫ぶ。

ここまでですでにお腹いっぱいなので、平田オリザのブログには無隣館三期生が家宅侵入の疑いで逮捕されたなんて話まで載っているけど、そこまでは追いません。

|

« 2018年9月10月のメモ | トップページ | 野田地図「贋作 桜の森の満開の下」@東京芸術劇場プレイハウス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2018年9月10月のメモ | トップページ | 野田地図「贋作 桜の森の満開の下」@東京芸術劇場プレイハウス »