« 劇団東京乾電池「授業」アトリエ乾電池 | トップページ | タカハ劇団「僕らの力で世界があと何回救えたか」下北沢小劇場B1 »

2019年2月12日 (火)

新国立劇場演劇研修所「るつぼ」@新国立劇場小劇場

<2019年2月10日(日)昼>

1962年、アメリカの片田舎であるセイラム。娘や姪たちが夜の森で踊っているのを牧師が見つけたところ、娘が寝込む。姪がかつての勤め先の主人と不倫していたが振られて解雇されたのを恨んで、近所の少女たちを集めてその妻を呪い殺すための儀式を行なっていたのだが、驚いて寝込んだままの娘のことを魔女だという噂が広がる。姪はそれを隠すために、悪魔に取りつかれたと嘘の告発を行なうが、それを信じた村人たちの誤解を逆手にとって、何でもない村人たちを次々と魔女扱いで告発していく。

超重量級の脚本を、鑑賞に耐える水準を超えて脚本に対抗しうるところまで仕上げた力作。主要な役を演じた12期生も、ヘルプの修了生も、見どころ多い。

これを書いている時点であと平日2回、3時間20分だけど、A席でも3240円だし、観られるものなら観てほしい。

詳細後日。

|

« 劇団東京乾電池「授業」アトリエ乾電池 | トップページ | タカハ劇団「僕らの力で世界があと何回救えたか」下北沢小劇場B1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 劇団東京乾電池「授業」アトリエ乾電池 | トップページ | タカハ劇団「僕らの力で世界があと何回救えたか」下北沢小劇場B1 »