2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 緊急口コミプッシュ:燐光群「あい子の東京日記 / 生きのこった森の石松」ザ・スズナリ | トップページ | KUNIO「水の駅」森下スタジオ »

2019年3月26日 (火)

神奈川芸術劇場の芸術監督後任は長塚圭史に

ついこの間、全力の2019年度のラインナップを発表した神奈川芸術劇場ですが、早々に後任芸術監督の発表もされました。ステージナタリーより。

 

長塚は4月1日から2年間にわたり芸術参与を務めると共に、次期芸術監督予定者となる。14年から劇場のアーティスティック・スーパーバイザーを務め、16年に芸術監督となった白井は、「スーパーバイザーになったときは劇場のことが何もわからず、芸術監督として方向性を打ち出すまでに2年かかった。21年度以降は新しい監督に立ってもらいたいと思いましたが、準備に2年かかった経験があったので、長塚さんに19年度から参与をお願いした」と長塚の就任経緯を語った。

 

事前に参与に就任して準備するのは新国立劇場の小川絵梨子と同じスタイルですね。なお新国立劇場は一期が4年の任期ですが、

 

白井は「2021年には僕は63歳で、もし2期目を務めたら68歳。そんなおっちゃんがやってどうすんねん!と思う」

 

とあるので、任期は一期が5年のようです。

 

ところで芸術監督(候補)の人材は貴重です。表向きの仕事は劇場の方針を打出してラインナップを決めることですが、それ以外にというかそのために、演出家として面白い舞台が創れる能力を持つこと、ラインナップに沿った招聘を実現できる業界コネクション、集客力、そして自分の方針を周囲に納得させる政治力が求められます。それらがうまくいかず、鵜山仁が新国立劇場の芸術監督を一期追放の憂き目にあった例もあります。長塚圭史についてはコクーン歌舞伎の演出助手を務めていたので串田和美が(まつもと芸術劇場やシアターコクーンの)芸術監督後任に目をつけているのかなと思っていたのですが、白井晃にさらわれました。

 

後任探しにはその劇場で上演してもらうのが一番で、その目で眺めると新国立劇場は今期どころか宮田慶子時代から次の次を狙って種をまいているように見えます。新劇系が多いですが、それは芸術監督の系譜を考えたらしょうがない。小川絵梨子がいきなり見つかって引受けてもらえたのは豪腕と幸運のなせるわざで、二期8年は固い。神奈川芸術劇場も長塚圭史がチョンボをやらなければ二期10年はいくでしょう。東京芸術劇場の野田秀樹は実績十分の絶好調で終身芸術監督の見込み。さいたま芸術劇場の蜷川幸雄の後任は劇場と縁の深いホリプロつながりということもあったかどうか、吉田鋼太郎に決まって間がありません

 

他に首都圏の国公立劇場で芸術監督を置く劇場としては、世田谷パブリックシアターと座・高円寺の2つがあります。ただ野村萬斎はまだ50代、狂言分野の家元一族後継者、オリンピックの総合演出までやる知名度を考えると、終身とは言わないまでもまだまだ続きそう。となると、初代世田谷パブリックシアター芸術監督にして今の座・高円寺の芸術監督の佐藤信が、高齢もあって今後どうなるか注目です。ここは劇場創造アカデミーというコースもあるので、就任者によっては化ける可能性がある。いや佐藤信には長生きして活躍してほしいのですが、一方で他の芸術監督劇場と比べて、なかなかカラーが打出せないように客の目からは見えるので。

 

昔はKERAがどこかの芸術監督の後任に就任するのではないかと思っていましたけど、今の活躍と年齢を考えると今さらに思えます。誰か候補を挙げろと言われたら、新劇系統なら新国立劇場で演出したことのあるあの人やあの人、他なら青年団出身者の岸田國士戯曲賞受賞者のあの人やあの人やあの人を挙げます。

 

なんで私はこんなに芸術監督ウォッチしているんでしょうね。別に人事が三度の飯より好きということはないのですが。ただ、芸術監督の手腕如何で面白そうな芝居が増えるという事実を目の当たりにしているので、一観客としても気になる内容なのは事実です。

« 緊急口コミプッシュ:燐光群「あい子の東京日記 / 生きのこった森の石松」ザ・スズナリ | トップページ | KUNIO「水の駅」森下スタジオ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急口コミプッシュ:燐光群「あい子の東京日記 / 生きのこった森の石松」ザ・スズナリ | トップページ | KUNIO「水の駅」森下スタジオ »