2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 降板と代役2題 | トップページ | 神奈川芸術劇場プロデュース「ゴドーを待ちながら(昭和・平成ver.)」神奈川芸術劇場大スタジオ »

2019年6月24日 (月)

FUKAIPRODUCE羽衣「ピロートーキングブルース」下北沢本多劇場

<2019年6月22日(土)夜>

ファミレスの店長は人妻と不倫し、その夫は毎回同じ風俗嬢を指名して入れあげ、その風俗嬢は街でナンパされたひもじい若者を自宅に囲う。この人物たちを中心に、中心でない人物も交えて進む、セックスと愛に関する話。

タイトルに「ブルース」と付くだけあって、そこはかとない哀しさの割合が大きい話。粗筋に書いた話と絡まない話も多く、長編1本というよりオムニバスのほうが実態に近い。単発でネタに走る場面が力不足で、それでいて本筋の微妙な話は笑い飛ばすための勢いがなくて笑っていいのか迷う場面も多数。ミュージカルなら場面や筋の紹介だったり、あとは登場人物や芝居が盛上がる場面で歌うけど、こちらは突然元気一杯長々と歌ったりする「妙ージカル」で、歌いだすタイミングがいまいちつかめない。ミュージカル「仕立て」なら先日ラッパ屋でよく出来た芝居を観たばかりなので、そちらに軍配が上がる。役者は頑張っていたので今作は脚本演出の不発という感想。

当日パンフは役者を紹介したいという主宰からの愛溢れるコメントが載っていたけど、紹介したいなら主宰との縁よりもエピソードよりもなによりも、まず役名と役者名とのマッピングを載せるべきではないかと思うが如何。初見のメンバーだらけで、今回どの役が誰だか、主宰とその相手役以外は誰が誰だかわからず。役名でネタばれして困る芝居でもなし、困るなら代表的な役名だけ載せればいい事。有料パンフを売りたくて当日パンフを配らないのはよくあるけど、当日パンフを配って役者名は載せて役名を教えないのは不親切。制作で誰か事前チェックできなかったのか。

« 降板と代役2題 | トップページ | 神奈川芸術劇場プロデュース「ゴドーを待ちながら(昭和・平成ver.)」神奈川芸術劇場大スタジオ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 降板と代役2題 | トップページ | 神奈川芸術劇場プロデュース「ゴドーを待ちながら(昭和・平成ver.)」神奈川芸術劇場大スタジオ »