2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 新型コロナウィルス騒動について野田秀樹の意見書と専門家会議の提言と医者が説明する封じ込め可否の状況 | トップページ | 新型コロナウィルスに関する自分の意見のまとめ »

2020年3月 5日 (木)

新型コロナウィルスで上演側の対策の話メモ

上演側のいろいろな対策について、とりあえず記録のために3つメモしておきます。

鵺的は事前対策の話もありましたが、当日券についてです。3月4日か3月5日か、どちらか付で「【重要】『バロック』当日券の販売につきまして」を公開しています。

『バロック』当日券の販売につきまして、新型コロナウイルス感染症への対策として、お客様に不要の外出を避けていただくため、販売は電話予約のみとさせていただきます。劇場受付での販売はいっさいおこないませんので、どうかご注意ください。

受け付け対象日程は、以下の回のみです。若干枚数の販売となります。

3月9日(月)14:30の回
3月11日(水)14:30の回(追加公演)
3月14日(土)18:30の回
3月15日(日)13:30の回

いずれも当日11:30より、劇場電話番号にて受け付けいたします。
※14日(土)は、18:30の回のみ対象です。夜の公演ですが、当日券電話受付開始時間は11:30とさせていただきます。

ザ・スズナリ 03-3469-0511

その他の日程につきましては当日券の販売はございません。

またこの対応により、お客様からご予約のお電話をいただく手間をおかけすることを考慮し、当日料金5000円を前売料金と同額の4800円に変更させていただきます。

以上、ご理解、ご協力のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

つぎはこまばアゴラ劇場で3月4日から3月16日まで上演中のゆうめい。上演に先立っての発表です。「『ゆうめいの座標軸』 こまばアゴラ劇場公演について」。前回の公演も台風にあたって一部休演を余儀なくされた劇団です。

(2020年2月28日20時 発表)

こまばアゴラ劇場にて3月4日(水)からの上演を予定しております、
ゆうめいの座標軸『俺』『弟兄』『あか』公演について、お知らせです。

今回の新型コロナウイルス感染症について、情報が錯綜し、日々状況が変化する中で、不安になられている方も多くいらっしゃるかと思います。
ゆうめいでは、現在、こまばアゴラ劇場の以下の発表に準じながら、上演を実施する方向で準備を進めております。

こまばアゴラ劇場公演について(2020.02.20)
http://www.komaba-agora.com/2020/02/10541

現在、座組内に体調を崩している俳優・スタッフはおりません。
日々、新型コロナウイルスの情報を収集し、劇場と劇団、双方で衛生管理を徹底するなど、可能な限りお客様が安心してご観劇いただける体制を整えます。

もし、既にご予約済みの方でキャンセル・予約変更を希望される場合には、 XX@XX までご連絡ください。

お金をとる以上、舞台は興行的側面を持っており、娯楽業として分類されます。
あくまで娯楽業ですので、お客様がご自身でゆうめいを観に行くかの判断をしていただきたく思っております。

○ゆうめいの作品はリモートワークができない

様々な企業や団体がリモートワークを決断しております。

ゆうめいもアプリによるグループ通話、リアルタイムでの動画共有などで稽古を行えないか検討しましたが、舞台の大きさを想定して作品を作っていかなければならないこと、人が同じ空間を共有し、演じたり観たり、参加するという舞台の性質上、リモートワークは行えないという判断をいたしました。

予め、ご了承ください。

○稽古場内の衛生管理を徹底します

ゆうめいは稽古場で人と人が顔を突き合わせて創作を行っています。
新型コロナウイルスは飛沫感染・接触感染のみとされております。
現在、体調を崩している俳優・スタッフはおりませんが、仮に感染者がいた場合、濃密な時間を過ごす稽古場はその温床になりかねません。
稽古場に最初に入る人間を決め、ドアノブや手すり、電気などのスイッチ、舞台美術、小道具などをアルコール消毒いたします。
稽古場に入る可能性のある方には、適切なマニュアルを読んでもらい、正しい手洗い・うがい・アルコール消毒を徹底いたします。
以上のことを行い、上演中に目の前にいる俳優への信頼に繋がればと思います。

○体調不良を訴えやすい環境づくり

発熱・咳・全身痛が出た場合は制作に申し出てもらいます。
どのような場合も、情報を収集しながら適切なタイミングで医療機関に相談し判断を仰ぎます。
また諸症状が出た場合、伝えやすい環境づくりを行いたいと思います。

○劇場内の衛生管理を徹底します

小屋入り期間中も稽古場での衛生管理と同等のものを行うものとします。
俳優・スタッフ一同で、手洗い・うがい・アルコール消毒を徹底いたします。
お客様が触れる可能性のある客席などをアルコール消毒し、1ステージごとに前後10分の換気を行います。

○役者面会・打ち上げを中止します

対面でのやりとりとなる役者面会や打ち上げについて、今回は中止とさせていただきます。
役者面会を、舞台や小劇場の一部であると考えている方もいらっしゃると思いますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

○当日券の価格変更について

現在の状況から、事前にチケットのご予約をしていただくのが難しい側面もあるのではないかと考えております。
そこで、主催者であるこまばアゴラ劇場と協議の上、各券種のプラス500円として設定しておりました当日券の料金を、今回の公演では事前予約と同じ料金で受け付けることといたしました。
ただし、ご予約の状況により、当日券の方はご入場いただけない可能性もございます。
今公演では、開演の2時間前まで予約を受け付けておりますので、直前の場合でもご予約いただければ幸いです。

ゆうめい一同、劇場でお待ち申し上げております。

ゆうめい制作
黒澤たける

最後が吉祥寺シアターのMONO公演について。「MONO『その鉄塔に男たちはいるという+』の開催について」。

2020年3月4日

お客様各位

日頃より吉祥寺シアターを御愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2月28日(金)に、第6回武蔵野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議決定事項として発表されました、3月2日(月)~17日(火)の吉祥寺シアターの閉館措置に伴い、MONO『その鉄塔に男たちはいるという+』について、これまで劇団、劇場ならびに武蔵野市の間で、開催の可否について協議を行ってまいりました。
主催者である劇団サイド(有限会社キューカンバー)の「予定通りの開催を希望する」旨の意向も踏まえ、必要な対策を講じた上で当該公演を開催する運びとなりました。

3月4日(水)現在、
MONO『その鉄塔に男たちはいるという+』は予定通り開催をいたします。

そのうえで、体調不良のお客様、ご来場をお止めになるお客様へのキャンセル・ご返金対応を行います。ご購入のプレイガイドによって返金方法が異なります。準備が整い次第、ご案内をいたしますので、詳細は今しばらくお待ちください。

また、当該公演の開催にあたっては主催者である劇団と連携し、以下の内容の対策を行います。

・衛生環境の確保(換気・清掃・消毒など)
 *ご来場者・スタッフ用の、手指用アルコールの用意
 *場内・手すり・ドア等の消毒
 *トイレにペーパータオルの設置
 *場内・ロビーの換気(上演前後、および休憩中は扉を開けて外気を取り入れます)

・終演後の面会は中止する
・関係者に疑わしい症状が見られる場合は即時診察を行い、中止も視野に入れる
・ご来場者さまの中から発症者が出たことが発覚した場合は、公演を直ちに中止する
・劇場での滞在時間を短縮するため、受付開始・開場時刻を遅らせる
 (新たな受付開始・開場の時刻は後ほど発表いたします)

なお、当公演の上演時間は「約2時間20分(途中休憩含む)」となっております。

ただ、この度の閉館措置自体は、公演期間中も継続いたします。
公演時間にあわせて劇場のみ一時的に開館をいたします。受付開始時刻に合わせて正面玄関をオープンし、終演後速やかにクローズいたします。
何卒ご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

劇場以外の施設につきましては、カフェも含め引き続き閉館いたします。
劇場事務所も電話対応(9:00~17:00)のみとなりますのでご了承をお願いします。

今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況や、更なる行政指導によっては、予定通りの開催が難しくなる可能性もございます。その際は改めてご案内を差し上げます。

2020.3.4
武蔵野市立吉祥寺シアター(公益財団法人武蔵野文化事業団)

いろいろな考えがあらあな、とは思いますが、最後の吉祥寺シアターはいったい何を粘って判断をひっくり返したのか。当初の予定通り閉館していたら仕込みを考えると公演中止になるところ、MONOが交渉していたのは知っていましたが。個人的には閉館を決断した唯一の公立劇場だったので、そういう選択肢もありうる、という実績を見せてほしかった。

« 新型コロナウィルス騒動について野田秀樹の意見書と専門家会議の提言と医者が説明する封じ込め可否の状況 | トップページ | 新型コロナウィルスに関する自分の意見のまとめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウィルス騒動について野田秀樹の意見書と専門家会議の提言と医者が説明する封じ込め可否の状況 | トップページ | 新型コロナウィルスに関する自分の意見のまとめ »