2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 別役実が死亡 | トップページ | 新型コロナウィルスを受けた小劇場の対応の様子続編 »

2020年3月12日 (木)

新国立劇場の演劇芸術監督は小川絵梨子続投決定

4年間延長です。公式ニュース「会長再任および2022/2023シーズンからの芸術監督の選任について」より。

3月12日に開催しました公益財団法人新国立劇場運営財団理事会において、中西宏明会長の再任が決議され、2022/2023シーズンからのオペラ芸術監督として大野和士氏、演劇芸術監督として小川絵梨子氏の再任がそれぞれ決定しました。
(中略)
演劇芸術監督            小川 絵梨子 (おがわ えりこ)

現 任 期:平成30(2018)年9月1日~令和4(2022)年8月31日(4年間)
再任任期:令和4(2022)年9月1日~令和8(2026)年8月31日(4年間)

実力者をこのタイミングで手放す意味はまったくないので、妥当すぎてコメントはありません。3期12年でもいいと思います。観客からは以上です。

ではつまらないので余談。現在の新型コロナウィルス騒動で、小川絵梨子はラッキーポジションを取れています。

・2月21日から2月26日までだった演劇研修所の修了公演千秋楽翌日から主催公演中止(2月27日の全館メンテナンスを挟んで、オペラ研修所は2月28日から3月1日、バレエ研修所は3月7日から3月8日で、それぞれ予定されていたのが中止)(厳密には演劇研修所所長は宮田慶子ですが、演劇部門ということで)
・その後しばらく、新国立劇場で演劇公演がない(直近が3月14日から3月29日の「脳内ポイズンベリー」で3月19日まで中止決定しているけど貸館公演)
・3月12日に芸術監督再任

本人は外部公演の演出で、インプレッション/テレビ朝日製作「ART」が3月20日から3月22日までさいたま芸術劇場大ホール、その後3月25日から4月6日まで大阪サンケイホールブリーゼ、4月9日から4月26日まで世田谷パブリックシアター、が控えている。ここでもし見込みが立って埼玉公演から予定通り上演できたら、公演中止の嵐を無傷で乗りきれることになる。主催者なら演出家の幸運に賭けてほしい。波に乗っているときは乗りに行くべき。「taken at the flood, leads on to fortune」ですね。

賭けてほしいとか無責任なことを言っている私自身は公演控えめ派ですけど、なんかこういうのはですね、止めたら止めたで結果オーライになる気がしています。この後どうなるかわかりませんけど、どうなったとしても、いい方向に転ぶのではないかと予想します。

たまの明るいニュースなので浮かれ気味です。

<2019年3月17日(火)追記>

3月17日付で「理事長及び芸術監督から皆様へのメッセージ」が掲載されましたが、演劇部門も一部影響を受けていたようです。小川絵梨子のメッセージのみ以下に載せます。

この度の新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る政府からの要請を受け、新国立劇場演劇部門では、ポーランド国立劇場との共催公演『海からの手紙』の中止、こつこつプロジェクト・サードステージの発表試演会の縮小を行いました。それぞれを楽しみにして下さった方々には残念な結果となってしまい、誠に申し訳ございませんでした。

また、それぞれの企画に関わってくださっていたすべてのスタッフ・キャストの皆さまには、お詫びすると共に今回のご理解とご協力に改めて感謝申し上げます。

新国立劇場演劇は、現在、フル・オーディション企画第二弾「反応工程」の初日に向けて準備を進めております。もちろん、最終的には、日々の状況や政府からの要請を鑑みてにはなりますが、現時点では予定通りの4月9日の初日を目指し稽古をしております。

コロナウイルスの影響により、日本中、世界中の方々が健康面、精神面、経済面などで非常に苦しい思いをされており、未知のウイルスを相手に明確な対策が見えないことも日々の不安を煽りますが、この事態が少しでも快方と改善に向かい、大切な日常生活が戻ってくることを祈っております。

また舞台に関わる一個人としての思いですが、新国立劇場のみならず、日本中、世界中のあらゆる舞台公演もまた日常を取り戻し、観客の皆様に安心して舞台を楽しんで頂ける日が1日でも早く戻ってくるよう願っております。

新国立劇場 演劇芸術監督
小川絵梨子

「海からの手紙」は日本・ポーランド国交樹立100周年記念公演として、2月29日にリハーサルルームAで3公演上演予定だったようです。見落としていました。

« 別役実が死亡 | トップページ | 新型コロナウィルスを受けた小劇場の対応の様子続編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 別役実が死亡 | トップページ | 新型コロナウィルスを受けた小劇場の対応の様子続編 »