2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ゆうめいが理由も伝えず公演を中止する | トップページ | 新国立劇場の演劇芸術監督は小川絵梨子続投決定 »

2020年3月12日 (木)

別役実が死亡

ついこの前、関連エントリーを書いたばかりだったのに。ステージナタリーより。

劇作家の別役実が3月3日0:12に肺炎のため死去した。享年82。

別役実は1937年旧・満州(現・中国東北部)生まれ。フランツ・カフカやサミュエル・ベケットらから影響を受け、鈴木忠志らと早稲田小劇場を創設。日本における不条理演劇を確立した。「マッチ売りの少女」と「赤い鳥の居る風景」で第13回岸田國士戯曲賞、「街と飛行船」「不思議の国のアリス」で第5回紀伊國屋演劇賞個人賞、「そよそよ族の叛乱」で第22回芸術選奨新人賞、戯曲集「諸国を遍歴する二人の騎士の物語」で第39回読売文学賞を獲得したほか、第38回芸術選奨文部大臣賞、第11回鶴屋南北戯曲賞、第79回朝日賞など受賞歴多数。2018年10月に名取事務所が上演した「ああ、それなのに、それなのに」が最後の演劇作品となった。

なお葬儀は近親者のみで執り行われ、後日しのぶ会が実施される予定だ。

結局生前には1本も観られなかった。ただ上演が終わったら消えてなくなる芝居の中で、脚本は後まで残る数少ないパートなので、そのうち機会があったら観たいとは思います。

合掌。

« ゆうめいが理由も伝えず公演を中止する | トップページ | 新国立劇場の演劇芸術監督は小川絵梨子続投決定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆうめいが理由も伝えず公演を中止する | トップページ | 新国立劇場の演劇芸術監督は小川絵梨子続投決定 »