2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 芸術に絶対的な価値を認めすぎて一般人の気持ちから遠ざかってしまった芸術関係者という仮説 | トップページ | 立て続けに亡くなるベテラン役者2名 »

2020年4月28日 (火)

芝居上演の対策が全部だめになるかもしれない新型コロナウィルスの新たにわかった特徴

なにしろ新型というくらいでよくわかっていないので、情報が日々更新されていて、信頼できそうな医療関係者の情報源を見つけるのも一苦労なのが、一般人の現状です。その中でも感染症専門医の忽那賢志はまず誰が見ても大丈夫そうです。その先生が書いている最新の記事で、新型コロナウィルスは発症前から人に感染することが説明されています。

これまで濃厚接触者の対象が「発症日以降」だったのが「発症2日前」に変更になっています。

ある人が新型コロナウイルス感染症と診断された場合に「その人が発症した日からさかのぼって2日前までに、目安として1m以内にマスクなしで15分以上会話をするなどの接触をした人」が濃厚接触者と定義されます。

これはつまり、新型コロナは発症する前から人に感染させうることを意味します。
(中略)
例えばインフルエンザは、発症直前からウイルスを排出しており感染性があることが知られていますが、感染性のピークは発症から1日後になるため「serial interval>潜伏期」となります。

SARS(重症急性呼吸器症候群)は発症時点では感染性は弱く、発症から10日後頃が感染性のピークになります。
ですので「serial interval>>潜伏期」となります。
これらの感染症では、発症している人に対して感染防止策を行えば良いので対策がシンプルでした。

しかし、このように新型コロナウイルス感染症では、発症前に感染性のピークがあるため「serial interval<潜伏期」となるというデータが集積してきました。
(中略)
というわけで、これまでの感染症の常識からは考えにくいことですが、新型コロナは発症前から感染性があるようです。
(中略)
これまでは主にインフルエンザのような発症後に感染性のピークがある感染症を対象にしていたため「症状のある人」にマスク着用を推奨していたのが、新型コロナのように発症前に感染のピークがあり、無症状者からも感染しうる感染症を想定すれば「全員マスク推奨」というのは妥当かもしれません。

ただし、理論的には正しいように思われる推奨ですが、これにより本当に新型コロナウイルスの伝播が防げるのかは現時点では不明です。

ここで「(マスク着用の効果は)現時点では不明です」と書いて安請合いしないのが信頼できる専門家のひとつの目安です。でもその前の「発症前から人に感染する」が肝心です。

これまで見てきた上演側の対策は、観客には発熱チェックしてマスク着用と手指消毒依頼、上演側では劇場の換気と消毒、応対するロビースタッフは観客との接触機会低減、観客同士の密集を避けるために入退場規制や当日券中止の工夫、が4本柱です。私がわかっている範囲で、民間劇場で一番厳しい対応を取っていた(取る準備をしていた)のはシス・カンパニーの対応、小劇場が公立劇場の協力を得た場合だと玉田企画+東京芸術劇場の対応になります。

が、もし「発症前から人に感染する」、しかも「発症前に感染のピーク」ならば、発症前の人が観客でもスタッフでも、何より役者に混ざっていたらどうにもなりません。マスクの有無や種類でどのくらい感染危険度が変わるのでしょうか。あるいは発症前の人が観客にいて笑ったらどうなるのでしょうか。感染した人を見分ける術はないので、上演側が取れる対策がなくなります。

ここまで芝居がクラスターとなって感染が広まったという話は幸いにして聞きません。ただ感染者数を見ると(東洋経済のグラフはこちら)、3月に入って海外から帰ってきた人たちが感染していて3月の3連休で広まった模様なので、実は芝居の公演中止がぎりぎり間に合った可能性もあります。つまり上演側がいろいろ対策した結果大丈夫だったのではなく、感染した人たちがまだ観に来ていなかったし、感染した人たちが観るようなジャンルの芝居が先行して上演中止されたため、感染の機会が減った。

他人を犠牲にするつもりはなくて、純粋に想像の話ですが、もしウーマンリブがあのまま上演されていたらどうなったかは、1か月の上演中に宮藤官九郎の体調が持ったかどうかは別ですが、興味があります。東京は4月2日から1か月、まあまあ天井が高くて換気能力は不明な下北沢本多劇場で400人弱、内容はウーマンリブなので笑い多め、観客層は広く全員マスク着用、そして出演側に感染者がいて全員マイクなしの生声。芝居での感染度を調べるのにこれほど適当な例はありませんでした。

先ほど調べたら5月6月の芝居は結構中止が多いですが、5月下旬からの上演予定を維持している劇団がいくつかありました。個人的には現状の情報で判断する限りでは、5月どころか6月も状況は変わりません。仮に緊急事態宣言が5月6日で解除されたとしても、芝居や音楽などのライブは自粛要請が続くと予想します。

« 芸術に絶対的な価値を認めすぎて一般人の気持ちから遠ざかってしまった芸術関係者という仮説 | トップページ | 立て続けに亡くなるベテラン役者2名 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸術に絶対的な価値を認めすぎて一般人の気持ちから遠ざかってしまった芸術関係者という仮説 | トップページ | 立て続けに亡くなるベテラン役者2名 »